じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

言いたい事はわかりますねぇ(笑)

【コラム・断】エレベーターは誰のため?

バリアフリーも進み、確かにベビーカーを担ぐ駅も減ってきて、お父さんは大変助かっております(笑)。
意外に若い時なら気が付かない事が、身にしみてくるこの頃ですから、自分ひとりの時でも、疲れを感じるとつい乗ってしまうエレベーター。

ただ、一応まわりをみて、子供連れ・お年寄り・障害者の方がいないことを確認してという小心者ですけどね^^;;。

しかしこれを行政の責任するのにはいささか賛成できない。
そもそも、こういった躾けの部類は親の責任じゃないかな?
もっとも、最近は何でも親じゃないという”言い訳”がまかり通り、どうにもできないあきらめ感が好きなようで、行政とか国とかに責任を転嫁しやすい傾向は嫌いだ。

確かに官僚の不祥事、政治家への不信は私にもある。
そもそも障害者自立支援法案(というなの嘘法案)を反対したくらいだ。
だからといって、普通の暮らしの中でちょとした思いやりでどうにでもなる事まで転嫁する気にはなれない。

問題点を無理に大きくして、自分の責任ではないと主張する風潮はなんとかならないだろうか?

それから気になったのはPriority seatにまでケチをつける人がいることだ。
いや、正確に言えばケチではなく正論すぎるくらい正論なのだが、それには”意識改革”をする必要が前提なので、「今は絶対無理」なのであって、将来に向けた戦略のもとの目標なのだ。

どうしてシルバーシートからPriority seatになったのかといえば、いろんな意見を集約して障害者・高齢者だけでなく妊婦なども入れて欲しいという要望があったから。
そして、一度全席Priority seatしたら誰も譲らなくなり、結局作る事にしたという”悲しい現実”があったからだ。

本来、なくていいものがどうして必要とされているのかをきちんとおさえないと、それは空論と呼ぶ。
私だって内心Priority seatは失くすべきだと思う。
が、それをしたら、あまりに日本人が”思いやり”がない事が露見したのだ。
逆にルールとして狭い範囲で設定すると、不思議な事に従うのだ。
もう躾け云々より国民性と思ったほうが、現実だろう。

ちょっと脱線すると、高速の車椅子マークのところにとめられるように、健常者が平気で身障者ステッカーを購入しているという事をご存知だろうか?
取材なのでどこまで本当かわからない(やらせとはいわないが・・・)が、現実に私は高速で障害者がいない車でステッカーが張ってあり、そ知らぬ顔でとめてトイレに行っている人を数度見てる。

お前じろじろ見てるのかよ!
といわれると見てます^^;;。
だって明らかにおかしい車があったりしますから。
例えばベンツでステッカーがある場合は、疑いますね。
ただ、ベンツは車内が見えませんが、人の気配ってわかるじゃないですか?
わざと側を通っていくと大抵気配ありません。

基本スポーツカー系を障害者は好みません。
乗り降りに向いてないからです。
セブンでもステッカーはってなくて止まっていて、明らかに一人なのに平気な顔してる40代の人とかはむかつきます。

ほんの小さな思いやりかもしれませんが、何故わざわざ高速の車椅子マークがあるか。
そこを考えて欲しいし、一度関節固定プロテクターなどで経験するといいかもしれない。
個人的に松葉杖で生活した時期があるので、ほんとトイレまでの距離が長いと普通の時の何倍も苦労することを知ってます。

だから、高速ではマークのないところに当たり前ですがとめております。
でもPriority seatには座ります(笑)。
もしシートが必要な人がきたら譲るし、そのときにはわざわざ声をかけて親切の押し売りをしません。
無言で席を立って譲ります。
相手をみて、話しかけた方がよさそうな場合は「どうぞ」といいますが。

逆にお年寄りに多いのですが、あたかもPriority seatは自分の席と勘違いしたとんでも君もいました。
平気で「どけ」や「若いやろ」と言って強引な人もいます。
あたしゃ、その元気があるから譲らないって言った事あったりしますけど^^;;。

お互いに思いやりがあれば、それとなくできる事は多いはずです。
特に身体的な障害は擬似体験できる器具は作れるわけで、そういったものを授業に取り入れてみて欲しいところです。
なんせ想像力がないですから、実体験しないとわからない人増えてるようですし。

もし行政という事を考えるならば道徳の時に疑似体験したり、実際に障害をお持ちの方の話を聞くなどは非常に有効と思えますが、いかがですか?
スポンサーサイト


  1. 2008/02/28(木) 16:17:59|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<空転してる場合じゃないし。(教育や医療に関して) | ホーム | 東アジア選手権に関して(男女)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。