じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

騒動でした・・・。

始まりは先々週の金曜日でした。この日は外食をするので待ち合わせをして、子供も楽しそうにしていました。
ところが、何かおかしい。食べないのもあるのですが、いつもと違うような気はしてましたが、たぶん眠いのかなと思っていました。

土曜日、朝から子供が嘔吐と下痢をしだす。
急いで小児科にいったところ”腸にウィルスが入った風邪”でしょうとの事で、どうやらノロやロタではないとの事。
土曜日は比較的元気があったのですが、日曜日は全く元気もなく寝っぱなしなうえ、何を食べても(おかゆやうどん)食べてるそばから下痢する・・・。

月曜日再度病院に行き、話を聞くととにかく水分をとの事だったが、いかんせん子供が水分をとりたがらない。
だからめったにおしっこがでないので心配になる。
その日の夜に「食事をとらない治療」というものがあり、とにかく今は水分を補給させておしっこをさせること、と、小児科の電話相談で言われました。

とにかく水分という事で、何なら飲むのかと試行錯誤した結果、「クノールのコーンスープ」なら飲むので、とにかくコーンスープを飲ませ、その合間にイオン水や麦茶を飲ませていました。
火曜日、水曜日、実質月曜日も何も食べないでいると、かなりおしっこも出るようになり、色が変わり、臭いが変わってきました。

木曜日からうどんやおかゆを食べさせ始め、量も少なめですが食べるようになりました。
金曜日は多少体力も回復したらしく、布団からでて歩いていました。
土曜日にはうんちも出て、まだやわらかいものの臭いが全然変わり、日曜日は普通のものが出るようになりました。

月曜日には多少外に出してあげて、動くようになってきました。
しかし一気に筋肉は落ち、このところ甘えもあってすぐにだっこと言うのですが^^;;。
それにしても風邪からきたといわれてますが、最初は疑っていました。
結果的に風邪だったんだとわかったのですが、こんなこともあるんですね・・・。

そして先週はかみさんと子供をかみさんの実家に連れて行き、一週間かみさんの骨休めも兼ねて行ってもらってました。
というのも私の仕事が一週間すすんでいなくて溜まっているのと、引継ぎ作業が思いのほか進んでいないため、まとめて資料を作成したかったので。
水曜から木曜にかけて徹夜で8割作成して、先ほど全部終わりました。

そんなこんなでなかなか更新できずにいました。
子供がこんな事になるとは露にも思わず、ビックリです。

ようやく子供は元気を取り戻し、じゃっかん歩くのを嫌がるようになりましたが、そこはそことしてスパルタ?(笑)で歩かせています。
といっても数歩で抱っこしますけど^^;;。

仕事もひと段落して落ち着きを取り戻し、後は順調に一月半過ごせればと思っております。
また、ブログも再開したいので、今後もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


  1. 2008/02/18(月) 13:06:33|
  2. 子育て|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<東アジア選手権に関して(男女) | ホーム | i5のjava 5722jv1 opt8が動かない>>

コメント

子供の病気は大変ですね

 幸いな事に妻の仕事が看護婦なこともあり、ちょっとした病変も先に先に手を打ってくれて、どれほど助かっているか解りません。
 直ぐに病院に運ばねばならない場合もその場で判断してくれる妻のおかげで、必要以上に慌てふためかずに済んでいます。
 長女が熱性痙攣の持ち主で最初の発作の時には動揺しましたが、もし妻が看護婦でなければ忘れられない夜になっていたことでしょう。

 小児科の電話相談、素晴らしいですね。
 もっと多くのの自治体や病院で、こんなサービスを受けられたらよいのにと思いました。
  1. 2008/02/18(月) 15:30:32 |
  2. URL |
  3. 山本大成 #E6psF8zg
  4. [ 編集]

大成さん、いいですね!

本当にこの時は医療の知識がない事を痛感した事はないですね。
ある程度大人のことならわかるんですけど、子供に関しての病気の知識は大変重要なのに、意外と取り上げてもらってないですよね?
難病や重病や、昔から言われていることなどをまとめたものがあっても、判断基準がないのでどうしていいのかオロオロでした^^;;。

奥さんが看護婦というのは本当に羨ましい限りです。
かみさんも私頼りですから、どうしようかの判断を常に迫られてしまい、結果的に電話相談が大きな判断基準になりました。

>小児科の電話相談、素晴らしいですね。
>もっと多くのの自治体や病院で、こんなサービスを受けられたらよいのにと思いました
行政ではなく、この電話相談は夜の21:00~22:00だけやってるんです<個人病院?
そこの病院は二人の小児科の先生がいて、評判もいいのでいくのですが、相談も対応がいいとはいえないまでも、かなりはっきり言ってくれるので助かりました。

ただ、行政で行うとなると天下り先や、手術に失敗した先生の溜まり場になりそうなので、病院にシステムと予算を分けてやってくれた方が確実な気がします。
それとネックが日本医師会なんでしょうね、きっと・・・。

信頼できる情報というのは結局コミュニケーションからうまれるんだと久し振りに感じた一瞬でもありました(笑)。
  1. 2008/02/19(火) 11:26:57 |
  2. URL |
  3. じゅぁき #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。