じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

集団自決が今頃!?

教科書検定問題、「政治介入」政府迷走 太田氏発言に町村氏困惑

まぁ、安倍政権のツケというか、自由に勝手気ままに発言する癖でもついたのか?<公明党(笑)。

ま、それはさておき、この集団自決に関しては以前調べたところ
集団自決に関して思うこと
でまとめた。

結果から言えば削除は妥当がだ、書き足りないと思う。
そもそも現在の書き方では、軍人が見守る中で強制的にという印象はあると思うし、当時そういった授業だったと記憶してる。ただ、古い話で記憶の自信はないけど^^;;。
でも、今の文章を見たらどう考えても軍人は死なず、民間だけが強制的に自決させられたと思ってしまう。

それを、削除後はどうなったかといえば、これまた言葉足りずのため、民間人が勝手に自決したかに捕らえかねない文章なわけだ。

こういった事実と真実がかみ合わない歴史に対して、どう向き合うのか?
また、そういった価値観を教育として必要なのか?
そこ抜きに政争の具にしてるのは許せない
のである。
基本的に民主党なんだけどね・・・。

で、公明党の発言も同様で、こういった事に政治が介入するのはよくないと思う。
国際的な試みだって失敗してるし(日韓の歴史認識委員会など)、そもそも生活がかかわる部分を正確に伝える事は不可能だ。
つまり、その時代の背景と、自決という生臭さを伝えればいいわけで、それ以上は必要を感じない。

で、だ、昨日のTVで気になったのは沖縄の高校生が
「おじいやおばあが嘘つきだとでもいうのでしょうか?」
と感情論丸出しで訴えていた点だ。

少なくとも教科書から知りえる歴史の目的は愚かな事を繰り返さないことが重要なファクターだ。
何度も同じ過ちを繰り返すのは「愚の骨頂」という言葉が示すように、非常に問題あるわけで、感情論ではない。
もう少し冷静に歴史における必要な事は何か?
高校生くらいならわかるだろうと思うが、これは私が厳しい意見だろうか?

今回の文章で元に戻すのは私はやっぱり反対である。
ただ、追加するのはいいと思う。
高校生ならば、惨劇を惨劇のまま伝えてかまわないはずだ。
中途半端な一文で議論してる意味がわからない。

今後の日本は戦争をしたくないのだろう?
戦争はなくせいと思いつつ、その理想に向かって努力する国なのだろう?
ならば、こんな事でいちいち目くじらたてる内容ではないはずだ。
誰も君のおじい・おばあが嘘つきだとは思っていない。

真実はいらない、事実さえあれば歴史の役目は十分だ。
スポンサーサイト


  1. 2007/10/03(水) 14:04:35|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<盲点の発想だった | ホーム | ACLに思うこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。