じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界アニメ事情(主に韓国)

今回はたまたまドラゴンボールZがハリウッドで映画化されるというNEWSから、実は韓国ですでに実写化されいる情報を知り、さらに北斗の拳まで韓国では実写化されている事実にビックリ!!
しかも低~~~~~いクオリティで、笑える程のできばえ。

さらに調べてみたところ、韓国ではアニメ、マンガなどを数々海賊版で発行し、またいかにも自国の文化のようにしている実態があるという事に驚く。

さらに韓国とは別に「キャンディ・キャンディ裁判」や「フィリピン『ボルテスV』事件」などを知り、世界での日本のアニメ・マンガ事情がいろんな見方があろ事を知って驚愕||| ̄□ ̄)!

そんな事情はネットでしか手に入らないだろうなぁと思います。
基本的に私は嫌韓よりではあるので、どちらかというと否定的な意見になりますが、そこは前提にして以降お読みいただけると助かります^^;;。

そもそも、北斗の拳が実写ってどんな感じなのだろうかと思って気になって見つけたBLOGみたら・・・。
でぶっちなレイ!? 卑小なラオウ!!
あれ? 北斗新拳って建物爆破するの?( ̄∇ ̄;エッッ…

服が白いだけでシロガネーゼって解説の面白さもさることながら、ユリアがひどい・・・。ありえない人選orz。
しかも最後にケンシロウがラオウに負けてるし!!!

なかなか面白すぎて笑ってしまった^^;;。

そこから韓国のパクリ事情のHPを見つけていろいろ見たら、「鉄腕アトム」が名前忘れたけど、自国製のアニメと思わされていた人の話があって、実は日本製としって愕然とした話などを知った。
他にもたくさんありすぎてかけないくらいパクリ。

パクリならまだしも、そのまんまを別のものとしてハングルあてて自国製にしたてあげてる場合もあって・・・。

実はパクリって多少はしかたないと思うんです。
例えば日本が音楽的に黎明期だったときは洋楽のパクリ多かったし、実際に聞き比べてみると確かにパクリと思えるところがあるけど、ただ韓国のようにいつまでもパクリでいないところが日本のいいところ。
B'zなんかはパクリリスト見つけて聞き比べてなるほど~と思ったけど、パクリで実際終わらず、彼等なりの音楽まで昇華してる。
実はB'zは大好きです^^;;。

また、クレジットとってちゃんと洋楽の訳詩をあてて発表も多数してるし、もとの楽曲にリスペクトしてる。
少なくとも国をあげて自国製にはしてない。

ところが韓国は違う。国をあげてパクリ、パクリではないとし自国製だと訴えている。
ありえん文化だ・・・。
ただ、原画、アニメータが日本で減り、韓国に移りつつある現状に問題もあるらしい。

嫌韓であるため、デタラメと思われると困るのですが、「実写 北斗の拳」で検索すると結構上の方にそのHPはでてきます。
あえてリンクはらないのは、嫌韓なので、まるでたきつけるみたいに思われるのが自分的にいやなので^^;;。
興味ある人は自分で探してみて下さい。

そのHPで偶然見つけた”タイの「ボルテスV」事件”のこと。
私大好きだったんです、このアニメ。
コンバトラーVの方が日本ではメジャーで、ボルテスって意外に知られてないと知ったのはネットを始めてまもなくでした^^;;。
まず主題歌がいいんですよ!
心にぐっとくるんですよ(笑)。

タイでは初めての日本のアニメがボルテスVで大人気になった。
しかし、戦争経験者と未経験者でのとらえ方の違いや文化、政治などの面から誤解されたり、打ち切りになったり、再開したり。

改めてこんなところからも戦争というものを考えさせられました。
TVでは面白おかしいところしか流さないため、世界の中の日本アニメを紹介するのは一部だったんだと思いました。

私はマンガやアニメが知能を低くするとは思いませんが、小説を読む、専門書を読むことも必要と思っています。
これらは情報の形態が違うため、それぞれのいいところを吸収する必要があると思うのです。

ジャパニメーションという分野も築き、今後は日本の知的財産をきちっと政治で守るような事が必要かもしれません。
特に中○は要注意でしょう(笑)。

ハリウッドの「ドラゴンボールZ」の出来栄えはどうなのでしょうか?
正直疑問ですが、ちょっとだけ楽しみです。
どれくらいバカ笑いができるかですが(爆)。
スポンサーサイト


  1. 2007/09/05(水) 17:27:13|
  2. 東アジア|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<テロ特措法~なぜそんなに?~ | ホーム | 盲点だった・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。