じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

戦争の悲惨さを伝えた後は?

【正論】鳥居民 原爆投下と終戦の3つの誤解

【メディア斬り】麻生千晶 戦争の残酷さを知らしめた象

もうすぐ終戦記念日が近いこともあったり、先日の原爆投下の日があったりと、おそらく一年のうちで一番戦争を考える時期だと思います。

そこで、こちらの記事を読んでいただきたい。
この時期の話題

こちらで書いてある内容は、私も全くの同意です。
そして、一番大事なところ
>各メディアは過去の分析も大事だが、未来を提示する記事も載せて頂きたいものだ
そう、私達は過去の行為を知る事の大切を知っているし、それを否定する気はない。
しかし、それは未来をよくするためであって、振り返るためだけではないという点を指摘してると思うので、そう言った意味で私も同意します。

象の物語、こちらも実話であり説得力があるのだろう。
原爆を落とすまでの過程もいろいろあるのだろう。
ただ、落とされた結果はどうあがいても変わらない。
どう歴史を検証しても原爆が落ちてない現実はつくれない

当たり前のようでいて、どうも最近は責任論だったり、歴史認識だったり、過去への拘り方が異常なように思える。
マスコミもそこを深く掘り下げないのは、何らかの政治的な配慮や、自局の思想に反しているのだろうか?
と、勘繰ってしまう・・・。
マスコミ不信になってしまったからかもしれないけど・・・。

さらに、本質の一つである
>原爆などという非人道的な兵器を使用したのは「アメリカ」であって、日本ではない。

これは、物事の本質であり、これを前提にしなければ論議できない。
これは価値観の問題ではない。
原爆を使った理由を正当化しようとするのはアメリカであって、「日本ではない」という事も言えるはずだ。

受け入れるかどうかは確かに価値観である。
落とされても”しょうがない”とか、アメリカの言い分を”戦争の一面として認める”といった「気持ち」は個人の価値観だろう。

ただ、最終的に核兵器を落としたアメリカ
という”事実”は変わらないはずで、そこにいたるまでの経緯はいろいろな要素が複雑にからんでいるのだろう。
だから、どの要素を支持しようと、ある意味勝手な話である。

問題はその核兵器を日本はどうやって扱うかという事になるのではないだろうか?
未来の日本を想像し、また持っていれば使いたくなるという「人の本質」を知った上で、どうするかだ。

先に言っておくが、私はkazu-haya様同様に戦争を忌み嫌う者であり、おきないに越したことはないが、現実は”違う”と思っている。
隣国の核開発が平和利用の保障はどこにもないし、兵器化すると見て対応するのが政治であり、その論議できる土台の情報を提供するのがマスコミの役割ではないだろうか?

あえて、極論的な書き方で不快になるの覚悟で書くが、
過去の悲惨さに酔いしれて、自己満足で終わってるようじゃ未来はない
と思う。
むごさや、怖さ、悲惨さ、そういった追体験できるような情報は今後も必要で、新しい世代にきちっと伝える意味は大きい。

でも、そこで立ち止まっていていいのだろうか?
過去は振り返り、今に戻ってくるだけでいいのだろうか?
本来、戦争の問題はこの時期だけが旬なわけではないはずで、これをきっかけにいつでも考える事が大事なのではないだろうか?

ふと、普段思っている事が非常に短くうまく書かれた記事に出会い、嬉しいあまり引用までしてしまいました。

もし、kazu-haya様や私の記事を読んで「考えるきっかけ」になったら幸いです。
スポンサーサイト


  1. 2007/08/13(月) 14:23:08|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<なでしこに見る黎明期の頑張り | ホーム | 安倍否定派が活発化してるね^^;;>>

コメント

トラックバックありがとうございます。

私などの文章が何かの足しになったのなら、一応文章を繰る者としては大変嬉しい事です。

我々は未来にしか進めないのですから、先の事を考えるのが当たり前です。
ですが、特に戦争に関しては過去の事象に「酔いしれる」までで完結しています。

izaのブログではkinnyさんという方が常々指摘されている「エセリベラル」といった層がありますが、この存在がやはりこれらの事象の大元なんだと思います。

戦争は悲惨な事が起きますよ→戦争反対

これら幼児的な発想からの脱却、単純理想論を述べるだけの存在の否定。
まったく出来ていないこれらが為されないと、我々の未来は暗い様な気がしてなりません。

乱文にて失礼しました。
これからもこちら、楽しみにさせて頂きます。
  1. 2007/08/14(火) 16:22:15 |
  2. URL |
  3. kazu-haya #Eh8WtS52
  4. [ 編集]

kazu-hayaさま、コッメントありがとうございます。

戦争を反対と唱えて、そんな世の中になってくれるなら、それに越した事はないです(笑)。

>指摘されている「エセリベラル」といった層
この層って意外に根がはっていてやっかいです。
私も一つ間違えばなっていたかもと思います。

>これからもこちら、楽しみにさせて頂きます。
ありがとうございます!
  1. 2007/08/14(火) 17:55:34 |
  2. URL |
  3. じゅぁき #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。