じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仲良しこよしは時代遅れ!?

安倍「不信任」過半超え 「もう奇策なし」の声

まず、私は安倍内閣をかばうつもりもないし、かといって安倍内閣を打倒しようとも思わない。
ただ、見ていて思うことはいろいろあるので、単純にこんな価値観もあるんだと思っていただければと思う。

さて、久間さんやってくれますね。
問題発言とされる報道は抜粋造語ですから、真の意図は伝えていません。
しかし、それでも言い方、特にどこに重きを置くかの喋り方がなっていない。
だからマスコミの餌食になるわけですよ。

久間さんの発言全文は

《久間氏 ソ連、中国、北朝鮮と社会主義陣営、こっちは西側陣営に与したわけだが、欧州はソ連軍のワルシャワ条約機構とNATO軍が対立していた。そのときに吉田茂首相は日本はとにかく米国と組めばいいという方針で、自由主義、市場原理主義を選択した。私は正しかったと思う。

これは話は脱線するが、日本が戦後、ドイツみたいに東西ベルリンみたいに仕切られないで済んだのは、ソ連が侵略しなかったことがある。日ソ不可侵条約(※正しくは日ソ中立条約)があるから侵攻するなんてあり得ないと考え、米国との仲介役まで頼んでいた。これはもう今にしてみれば、後になって後悔してみても遅いわけだから、その当時からソ連は参戦するという着々と準備をしていて、日本からの話を聞かせてくれという依頼に対して「適当に断っておけ」ぐらいで先延ばしをしていた。米国はソ連が参戦してほしくなかった。日本の戦争に勝つのは分かった。日本がしぶといとソ連が出てくる可能性がある。

ソ連が参戦したら、ドイツを占領してベルリンで割ったみたいになりかねないというようなことから、(米国は)日本が負けると分かっていながら敢えて原子爆弾を広島と長崎に落とした。長崎に落とすことによって、本当だったら日本もただちに降参するだろうと、そうしたらソ連の参戦を止めることが出来るというふうにやったんだが、8月9日に長崎に原子爆弾が落とされ、9日にソ連が満州国に侵略を始める。幸いに北海道は占領されずに済んだが、間違うと北海道はソ連に取られてしまう。

本当に原爆が落とされた長崎は、本当に無傷の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今、しょうがないなという風に思っているところだ。米国を恨むつもりはない。勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという、そういう思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るということも頭に入れながら考えなければいけないと思った。

いずれにしても、そういう形で自由主義陣営に吉田さんの判断でくみすることになり、日米安保条約で日米は強く、また米国が日本の防衛を日本の自衛隊と一緒に守るということを進めることで…。戦後を振り返ってみると、それが我が国にとっては良かったと思う。》

(※ 記事元「国を憂い、われとわが身を甘やかすの記」)

これを読むと、焦点は吉田茂がアメリカと組み、自由主義経済を選択した正しさとしか読み取れない。

しかし、余計な例がつく。そこがマスコミの狙い撃ちだ。
ソ連が侵攻してくる事から原爆が落とされ、終戦を迎えた。
結果論だが、それによってソ連の侵攻を食い止め、終戦し、今さら他の選択肢をあげたところで”しょうがない”。歴史は書き換えられない。
という意味を伝えたかったようだ。

全文と報道2001の弁明を聞くと、まぁ、原爆で終戦したとか、ソ連の侵攻が原爆でなくなったというのはどうやら間違いではあるのだが、それにしたってこの物言いでは確かに誤解を生む。
特にマスコミは歴史にIFを与えてもしょうがないを、原爆を落とされてもしょうがないに置き換えていっせいに報道。
もう最高の人材を得たりとばかり過熱報道まっしぐら~♪
という状態なのである。

そもそも久間さん、何故に防衛省のドンとなってまで発言をするかはわからないが、安倍さんはイラっときたようで叱責するわけだが、罷免はしないという。

柳沢さんに関しても罷免しない方向だったが、ようは仲良し組を作っているだけにすぎない。
どちらも大臣の資質を著しく逸脱してる人物である。
任命責任という重い枷をしょってる覚悟なのだろうが、それが我々国民には理解できないことである。

そもそも、安倍内閣の支持が下がっていると言われるなか、民主党の支持率も実は下がっている。
それは前に書いたから詳しくは書かないが、政治不信=安倍内閣の不支持として浮き彫りになったのだろう。
これもマスコミの数値の印象操作だ。
誰もが”政治に”嫌気を持っているのだと思う。

安倍さんは一度大臣に任命し、罷免=責任放棄という真面目な性格に加え、官僚の力を抑えるには長きに渡り大臣がいる事の大切さをしっているのだろう。

しかし、物事には限度があり、その限度を超した二人を罷免させない理由はどうかんがえても仲良しこよしとしか思えない。
信じる事は大切で、信じる力が強ければ強いほど、それは現実に具現化すると私は考えている。
安倍さんは果たして罷免しない=信じるなのだろうか?
そのわりに叱責したりして・・・。

政治に仲良しこよしが許された高度成長期やバブル時代。
でも現実はそれを許さない時代になったんじゃないのか?
と、ふと思うと寂しい時代でもあるんだけど、ただ、信じるというのは仲良しではない。
もし、安倍さんが勘違いの信じるであれば、本当に選挙はやばいだろう。

民主党は私は個人的に嫌いで許せない党のため、できるだけ自民党が変わってくれることを望むしか今はない。
しかし、民主党を信じてる人は何の苦もなく今回は民主党に入れるだろう。

歴史は繰り返す

もし民主党が参議院で勝てば政治は停滞し、日本は破滅への道程が速まるだろう。
できれば繰り返して欲しくない。
細川内閣を知ってるものの切なる願いでもあるだろう。
期待を裏切られた痛みは未だ癒えない。

でも、自民党も入れたい!!
という党ではないのも現実である。
かといって私が立候補できるわけではない。

普通の政治家でいいから、そういった人たちの党が現れる事を未来に期待する。
スポンサーサイト


  1. 2007/07/03(火) 10:43:44|
  2. 自民党|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<モンスターペアレンツとは(笑) | ホーム | 浮世を離れて家族のお話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。