じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

待ちという大切さ

【正論】西岡力 北朝鮮住民への働きかけに支援を

楽観視はできないが、もしかすると”拉致問題”に進展があるかもしれない・・・。
ほんのわずかな希望ではあるが、ないよりはマシという程度だとしても、その希望の灯火を大きな炎に育てて欲しい。

そもそも北朝鮮に外部の情報がそんなに入ってるとは思っていなかった。
西岡力さんによれば次のような事が書かれていた。


1.自由と人権という”言葉”を知ってること。
2.北朝鮮には韓国からの気球配布や中国からの持込で短波ラジオを持っている。
3.韓国の脱北者が「自由北朝鮮放送」を2005年12月から開始
4.日本の民間団体も対北朝鮮短波放送「しおかぜ」を実施


つまり現状の恐怖政治に対して洗脳が解かれつつあるものの、逃げるしか方法がない、しかも命がけで逃げるしか・・・。

今後の脱北者が日本に来た場合は拉致の情報などが果たして得られるかどうか・・。
基本的に拉致された人たちは一般人とあまり面識はないようなので期待はできない。
しかし、こういったラジオを流して呼びかけ、いつか高官のちょい下くらいが亡命してくれればラッキー程度ではあるものの、拉致の解決の糸口になる”かも”しれない。
かも強調はかなり希望的観測のためです^^;;。

もし、日本がアメリカと協力してのりこんでいれば犠牲者がでたと思うのですが、時間的なことから言えば早いでしょう。
しかし、現在は時間をかけてじわじわとボディーブローのように効いてきてると信じたいですね。
わずかではあるけど、そういった状況証拠がでてきた事は素直に喜ぶことだと思います。

とはいえ、20,30年も待てない話ではあるので早期解決が望ましいのは確かです。
本音を言っちゃえば、自衛隊が乗り込んでさっさと解決して欲しいとは思いますけど、それをしない事が国際的な信頼を得てる今、相手に効きそうな事を思いつく限り実行する事しかありません。

これは”自国の防衛”を過去怠った政治の問題ですから、現政府に直接の責任はありませんが、対策を小泉さんの前まで怠った責任はあるでしょう。

年金もそうですが、拉致は与党・野党などとくだらない喧嘩で先送りするものではないし、もっと真剣に前向きに対処して欲しいと思います。
すでに高齢な拉致の被害者の家族の事をもっと考えて欲しいと思います。
安倍さんを見てると、”彼しかわかってない”現状が見え隠れしてます。
少なくとも倒閣運動とは切り離して、安倍さんを支えて欲しいと思います。
スポンサーサイト


  1. 2007/06/15(金) 10:17:07|
  2. 東アジア|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<宗教という名の詐欺!? | ホーム | 報道のあり方と受けてのあり方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。