じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

救急の意味

救急車は本当に必要? 軽症者は自力通院を

救急車を有料化する前に、こういった試みは必要でしょうね。
たとえ無駄に終わっても、有料化するにあたって対策をしたけどダメだったということからも・・・。

そもそも救急車を呼ぶということはどうゆうこと?
救急ですから、急いで救う必要があるときの車である。
これを理解してないんですかね?

今回の試みの一部は、自己判断が曖昧な時に相談できる場所を設けたこと。これの意味は実は大きいです。
経験的に言うと自分も二回ほど呼んでます。

一回目は新宿駅の東口にて倒れている人を見つけて、寝てるだけかと思ったけど、どうも様子がおかしい事から、友達が駅員を探してる間に119に電話。
結果的に駅員が来て対応を引き継ぎしたので呼ばれたどうかはわからないが、アルコールの臭いはしなかった事などから何らかの麻痺だったと思います。

二回目はカラオケBOXで友達がはしゃいじゃって、蛍光灯を割ってしまい、親指と人指し指の付け根をザックリ。
お酒を飲んでいたこともあり血が止まらず、救急病院もわからないことから救急車をお願いして、救急病院まで行きました。
地元ならいざしらず、みんな地元じゃないところで集まった時の不運ですね。
結果的にこちらは止血がうまくいかなかったので呼んだわけですが、冷静に考えればタクシーでもよかったかな?
と後から気が付きました。
ただ、タクシーが救急病院を知ってるかどうかは最近では疑問ですが・・・。

少なくとも自分達の場合は相談窓口があれば、そちらに対応をお願いし、二回目は救急病院を教えてもらえていたらと思います。

で、書いたように、私はいたずらに使ったわけじゃないです。
119か微妙なところではあるんですが、パニックも多少あった事から電話して呼んでもらいました。

しかし、世の中ではとんでも君っているんですね。
リンクとっておいたところが消されてしまったのですが、救急車の有料化。で考え方は書いてました。


妊婦が定期健診で途中で雨に降られてしまったので呼んだ。
心筋梗塞のようなひきつけを起こしてるからといってみたら、ただ寝ていただけ
風邪を引いた時に、会社に間に合いたいからと呼んで優先的に見てもらいたかった

確かこんな事が書かれていたと思います。
その他イタ電が非常に多く困っていると。
しかもイタ電ってわかるものはまだいいほうです。あまりにリアルにイタ電とわからないものが圧倒的に増えてきたそうです。

こういった事って今の小学校では教えないのでしょうか?
私の時代は教えてましたけど、道徳の時間とかに。
救急車をイタズラで呼ぶと、本当に必要な人が亡くなってしまうかもしれないって。
それがもし友達だったら嫌じゃないか?って・・・。

カテゴリもあえて教育にしたのは学校教育で公共性について教えているのか疑問があるからです。
当然家庭でも教えるとは思います。
これは大前提、”当たり前”だと思うのですが、ダメ押しじゃないけど、やっぱり学校で共通の価値観としても教える必要があると思うんですが・・・。
おかしいですかねぇ?^^;;。

家庭でのみ教える事、学校でしか教えられないこと、人として共通の価値観を持つために両方で教える事ってあると思うのですが。
特に公共性を持たせたい内容は家庭でも学校でも教える事が大事だと思います。
なんせ近所付き合いないですから、家庭のみでは説得力かける事で、多くの人が”共有”できる価値観にしないと子供に浸透しないと考えるからです。

今回のようなダメ人間は殺人未遂でもなんでもいいから犯罪として扱い、今後の未来も対策を打たないと解決しないと思うんですが・・・。
どうでしょうか?

犯罪までいかなくても、
たぶん・・・。
こちらの方の言うとおりお灸でもいいんですが、効き目を正直疑ってしまうところが最近のNEWSでは感じてしまったもので・・・。
スポンサーサイト


  1. 2007/06/01(金) 11:45:00|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<子供と遊んでました(笑)。 | ホーム | 駐車違反の取締りが変わって>>

コメント

はじめまして

某医療機関にて勤務している者です。あまりに共感したのでコメントさせて頂きますm(__)m年金問題等にも頷きます。時間がないので一言だけ…このブログは素晴らしいです。また来ますf^_^;
  1. 2007/06/01(金) 12:14:57 |
  2. URL |
  3. スミタん #-
  4. [ 編集]

スミタんさん、コメントありがとうございます!

医療機関にお勤めとのこと、大変だと思いますが普通に頑張ってください(笑)。
個人的に入院(怪我ですけど^^;;)を数回しており、何気に病院の大変さは見てまいりました。
きっとそういった経験が、ブログのような発想になっていると思います。

共感できたとの事で嬉しいコメント、ありがとうございます。
また、遊びに来て下さい^^/
  1. 2007/06/01(金) 13:10:28 |
  2. URL |
  3. じゅぁき #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。