じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

嫌中・嫌韓を考える

最近は左vs右だけでなく、左同志、右同志、さらに赤(共産)が混じり、さらにネット右翼なども入ってきている。
ただ、いずれにしても自分は自分であり、いろんな意見を”聞き”、「消化」して、自分の意見としてる人は少ないように感じる。

私は情報源に関しては寛容で、特に自分の反対意見を聞くようにしている。常に自分が正義とか正しいとは思わないように気をつけているからだ。
また、反対意見を言うのは非常に勇気がいる。その勇気を私は認めてあげたいと思う。

しかし反対意見ではなく、盲目に反対を信じてるフリして主張する人もいる。
そういった人の話は残念ながら聞かないし、信じない。
根拠たる自分の意見ではないからだ。

現実的な話として、私は自分を右でも左でも赤でもないと思っている。
まぁ、内容的に右に近いかもしれないが、それはたまたまであって、別に右翼になったつもりもない。
そもそも、そんな価値観がくだらないと思っているので、どうみられてもなんとも思わない。

じゅぁきはじゅぁきであり、全てじゅぁきとしての意見である。
確かに人の意見を取り入れるし、話も聞くし、場合によっては感化される時もある。
が、私のブログは私の意見でしか
書いてない。

ところが最近はブログを見ても面白くない事が目立つ。
NEWSをこぴぺして、あ~だ・こ~だと似通った書き方している。
それこそ、そこにユーモアの一つくらい入れて欲しい。
私はできないけど^^;;。

特に中国や韓国(朝鮮)に関しては、まるで親の仇でもとるかのように”いかに悪い国”かを共有させようとしているように思える。
確かに日本人なのに、中国や朝鮮と手を結んでる人はいるだろう。
だからといって、少なくとも選挙で勝ちあがってきてる以上は、それを尊重しなければならないという前提はあるはずだ。

もし、一つ言うならば、個人的なことですが、河野洋平は確かに何らかのペナルティはあってしかるべきだろう。
河野談話を出している事で「国益を失った結果責任」としてである。
考え方によっては河野洋平も内閣の犠牲者ではあるが、責任というものは誰が発表したかによるものだし、結果責任であるから、政治家としての資質の問題もある。
だから議員を辞める事をしないならば、なんらかのペナルティを課して欲しいと思う。

だからといって私は

「国賊である河野洋平!」
「鉄面皮である河野洋平!」

などと書かない。
そもそも政治家というのは鉄面皮でなければいけない。
いい言い方をすればポーカーFACEは政治家の絶対条件ではないだろうか?
まぁ、これも個人的価値観なので、反対も多いと思うけど^^;;。

いずれにしても品がないというのは、自分が正しいと思っている事をいかにも人も正しいと思い込み、相手を攻撃していいと勘違いしてる事だ。
どんなに自分が正しいと思えても「謙虚たれ」と昔の日本人は言っていた。
恥ずかしい話ではあるが、謙虚たれという意味が本当に意味で理解できるようになるまで30年くらいかかった^^;;。
しかし、これがなかなか実行できてないorz。
もうすぐ不惑を迎えるというのに情けないけど^^;;。

同じように中国や朝鮮に関しての問題は全てコミュニケーション上手にやれば解決する問題ばかりだ。
結局のところ政治家も官僚もヒューマン・インターフェースが壊れてるんじゃないかと思う時がある。
そういった意味では安倍はなかなかしたたかに進めていると思いますよ。

心の中じゃきっと
「中華思想しか頼れない能無し」
って思っていてもおくびにも出さない。
いや、これは失礼!!
私の想像であり、こんな言葉は安倍さんは使うまい^^;;。

そして、外交というのは中国や朝鮮だけでなく、世界を相手に外交するのであって、例えばアフリカに大使館を増やすという事を反対する人がいる。
財政が逼迫してるからというが、だったら行政法人を減らしたり、天下りを減らしたり、特別会計に手を入れたりして捻出はいくらでもできるはずだ。
ちょっと数値は忘れたが、アフリカの約半数しか日本大使館はなく、中国はほぼ全部のアフリカをカバーできる大使館数があるという。
これではアフリア全体で見たときに、
「な~んだよ、日本はアフリカ見てねぇじゃん」
と思われてしまう。

ただ、これは友達の友達から聞いた話だが、アフリカ全体としては中国が来る事を嫌い、日本の大使館を増やして欲しいと思ってるという。
もしこれが本当ならば嬉しい限りである。

ところが、中国だって自国発展、いや正確に言えば自分たちの体制を維持し、広大な土地を治め、今後を見据えての活動だ。
逆に言えば、彼等はやり口はキレイとは言えないが自己防衛の立場から言えば「当たり前」なのだ。
それを非難したところで意味がない。
それすら手玉に取れない政治家・官僚がダメなのである。

韓国は中国の腰ぎんちゃくであるが、それは地理的な歴史とからまってそうなっていく事で自己防衛を果たしてきた。
だから同じ事するだけなのだ。

どちらにしてもキレイ事?
何それ?
という事で、そんな価値観は持ち合わせていない。
別にそれを非難するつもりはない。
そういった国なのだ。
むしろフェアにとか日本の価値観を押し付けてどうする?
と言いたい。

一件中国や韓国を嫌いになるように仕向けられているように思えるこの頃ですが、よくよく考えて見れば日本の価値観で尺度を計るからおかしいという事に気がつく。

最後にマイク・ホンダが米下院で日本非難決議案を出したが、これは彼の政治的な手法では正しい判断だ。
また、これが今回決議なれなければ政治生命も危ういだろう。
そうまでして行う”価値と義務”を持った行動だろうから、それを非難しても始まらない。
ただ、これをきっかけに内政問題であることも私はわかった。
外国の決議案で調べた自分も恥ずかしいが無関心ではなかった。きっかけと情報量が増えた事が今回の事を調べる気になった。

私の知り合いでは、
「個人的な付き合いで韓国人は悪いと思えないけどなぁ」
という人もいる。

つまり、韓国にも中国にも、そして日本にもいい人・悪い人がいるという事である。
それを考えずに全てを否定して楽に生きる事が、結果幸せかどうかはその人の価値観で決まる。
これでよかったと満足ならそれでいい。

そして私はそいう生き方をできないと思っている。
今後もきっと悩んで、間違って、不安になりながら生きていくんだろうと思う。
でも、きっと死ぬんだなと思ったときに満足感に包まれているような気がします(笑)。
スポンサーサイト


  1. 2007/04/18(水) 10:45:58|
  2. 東アジア|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<北斗の拳の5号機を考える | ホーム | 国民投票法案の是非(民主党の立場付き^^;;)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。