じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

国民投票法案の是非(民主党の立場付き^^;;)

昨今話題になりつつある国民投票法案。
だいたい憲法を変える事を「憲法」がうたっているのだから、そもそも60年間何もせずにいた政治家には、なんらかのペナルティがあってしかるべきではないか?
と、暗に思ったりしてるこの頃です。

そこで以下のBLOGをみて欲しい。かなりまとまりのある論理があり、非常にかんたんにまとめているのでわかりやすいです。
日本を変える「最初の一手」(1)

まず憲法を変える=悪という図式は何故なんだろうか?
ここでも書かれている通り、憲法9条を変更する場合は国民投票法がなければできない。
例えばの話、
我々は憲法9条に自衛隊すら持たず、一切の戦力を持たない!
って変えたい場合だって、国民投票法がなければならない。

野党のいってる、改悪、改悪はただの捨てセリフでしかない虚しさは実はここにあるんじゃないかな?
現状のままでいいとは誰も思っていないのにもかかわらず、憲法を変える=悪の図式を訴えることの虚しさではないでしょうか?

少なくとも改憲できる手段すら持っていないのはおかしいわけで、これをもつ事に反対する共産、社民は無視していいと思います。

次にこの国民投票法案での欠点とされている「最低投票率」について。
個人的な意見は後にするとして、次の記事でのもっともまとめをみていただきたい。
簡単な日本語すら誤読する護憲派

当然憲法9条の投票なら7,80%は期待できそうだが(本当?^^;;)、それ以外だとぐっと減るという問題。
現実的にこれは当てはまるだろうし、こういった見方は確かに一理ある。

ただ、個人的にはどんなに感心が最初は低かろうと、私は80%の最低投票率が得られるまで何度でも行うべきだと思います。
投票しない人にペナルティはないが、行ってないだけで白い目で見られるからいいんじゃない?<バレたら
つまり、税金でまかなう憲法改正の国民投票に対して何度も行う事が「無駄」と思わせる空気が必要だと思う。

また、TVやマスコミは改正の内容を”正確”に伝える義務を負わせる。
独自の意見は内容を伝えるところと別にする事とか。

やっぱり憲法というものを日本人の80%が何らかの意思表示しないと。
できれば90%にしたいくらいですよ、個人的には^^;;。
何度も同じ事で呼び出されるのがイヤだったら”白紙”も認めていいんじゃない?
投票に行ったということで。
まぁ、白紙が投票数の20%超えたらやっぱりやり直しとかのキャップがいるだろうけど(笑)。

反対の反対な~のだぁ~
こちらではもっと多くの具体的数値をつかって%を出しています。
また、論理的に別の方向からもきちんと意見されてます。
ただ、一回で決める事が前提のようです。
普通はそう思うよね?^^;;。
私がおかしいのはわかってますけど・・・。

最後に民主党の本年はこれか!!
【 小沢一郎が行くところ不幸あり 】
ここに書かれている若手議員はさっさと民主党をでて、安倍さんとその一派を抱き込んで、新しい新党作ってください。
今の状況が単純な事を複雑に見せている原因なんですよ!!

国民投票法案だって民主党はきちんと議論に参加し、賛成のはずです。
こんな大事な法案を党利党略で使っていいんですかね?

個人的に枝野さんは好きですが、彼は民主党にいるのにはもったいない人材です。
もっとも無党派では何もできないからしかたないのかもしれないですが。
いずれにしても民主党は小沢さんになってから酷すぎる。
これだったら前原さんの方がよっぽどマシだった。

「障害者自立支援法案」の欠点を民主党はちゃんと突いているんです。
何とかして”日本人”としての尊厳を守ろうとしているんです。
それを・・・、支援法案以外は全部ダメ。

いずれにしても自民党も民主党も簡単な事を複雑に見せるための党である事は確かです。もっと自由に政党を離れていいんじゃないですか?
政策うんぬん言うのであれば。

この国民投票法案は確かに完成はされていないでしょう。
しかし、なくていいものではなく、なければならないものだと思うんですがねぇ・・・。

最後に、自分がまとめるより、本当にいい記事があったので使用させていただいた方に感謝いたしますm(_ _)m。
スポンサーサイト


  1. 2007/04/17(火) 15:57:19|
  2. 民主党|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<嫌中・嫌韓を考える | ホーム | 世論を形つくるもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。