じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

何を優先すべきか

【コラム・断】医師に労基法はそぐわない

いきなり医療の現場を無視した記事に思えるけど、確かに労働基準法が守られていていないという事は、次のブログの指摘の通り。
うまくは言えないけど

つまり、労働基準というのはそれなりに考えれていて(はずだよね?・・・)、それを越える労働は危険という事もあるはず。
まぉ、統計とってるのか正直疑問はあるけど、一応建前としては基準というくらいだから。

という事は、医者を一人の人間と見れば、危険な状態の人が手術や診断するよりも、睡眠もとれ、心にも余裕がある人の方がはるかに安心できる。
これは物凄く納得できる。

が、現実に目を向ければ、一番望まれるところに人は集まらず、そうでもないところに人、いや人材というけど集まっている。
それの対応として報酬・報酬というけど、前に書いた小児科のところでも指摘したように、「お金目当て」ばかりが集まって、技術がともなわないこともある。
ただ、それにしても低いけど・・・。

そして、コラムで指摘している通り、国の基準が満たされないから満たすようにするためには”患者を診るな”という事になってしまう。

こうなると視点が違うだけにどちらも正しい主張になってしまう。
さて、困ったもんだ。

少なくともあるべき論でいえば、報酬も十分でかつ技術力もあり、まんべんなく人材がいて、医者にもきちんと休養が与えられる事が望まれる。
また、報酬だけでなく名誉もそこに付くとなおいいだろう。

う~ん、これがいかに現実離れしてるのか書いてると虚しくなるなぁ・・・。
やっぱり医療制度を抜本的に見直す必要があるのかもしれない。
薬だって個人が情報を得られる国のサイトなどで提供し、個人で買いにいってもいいかもしれない。
薬剤師の価値もあがって。

というか、何でこんな世の中になったのかをきちんと考えて見つけないと抜本的な改革にならない。
ただ、個人が知りうる情報では残念ながら見えてこない。
前々から私は日本医師会が悪いと思っているところがあるが、実際にそれだけとも思えないし。

という事は厚生労働大臣以下厚生労働省の役人が・・・、って、これが問題か・・・。

考えれば考えるほど壁があり、希望が見えない。
医療制度はまず原則論をきちんと作り、それそった法律にして、現場でどう変えて、どこを変えないかを明確にして、医者の人材不足と予算を抑える方法を編み出すか。

う~ん、やっぱり個人レベルじゃ無理な話か・・・。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/27(木) 13:24:02|
  2. 報道関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

アンケートにこたえて、小遣い稼ごう♪

マクロミルへ登録

アンケートサイトの老舗、マクロミルを紹介いたします。
このサイトは私はすでに2年近くやっていますし、信頼は高いサイトですから、かなりおすすめ!です。

システムは非常に簡単で、メールアドレス(フリーメールOK!)とパスワードの登録後、個人情報を入力して登録すればいいだけです。
個人的にe-bankに入っていますが、変換も多くて便利です。

アンケートは大別して二種類で「事前アンケート」と「本アンケート」です。
事前は3point以上(最近は3pointばかり・・・)、本アンケートは10point以上のようです。
本アンケートはアンケート量に比例しているので、場合によっては100pointの時もあります。
現在、二年近くやってだいたいですが9,000円の換金でした。

地味ではありますが、本当にちょっとづつ貯めていくには確実に儲かります。
少なくとも損はしません。

かみさんに、紹介システムない頃に「入りなよ」っていって入れたら喜んでいました(笑)。
ネットで小遣いを始めてみたいけど不安もあるし・・・。
という方は、ぜひマクロミルに入って慣れてからということをおすすめいたします。

個人的にかなりあちこちやりましたが、結局現在はマクロミル以外は3つのサイトしかしてません。
全部で最高10サイトやってたのですが時間がかかってしかたないのとウィルスやスパイウェアなどでやめてしまい、なんだかんだと始めて登録したマクロミルは未だに続いています。

そういった経験から、大きくもうけられないけど、必ず儲かるサイトの一つとして登録してみてはいかがでしょうか?

  1. 2008/03/25(火) 11:13:29|
  2. アフィリエイト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

マニュアル化された自由に振りまわされてない?

このところ引継ぎ作業に追われて、コールも何故か多くて忙しい日々ですが、何気に充実した感じを味わっているこの頃、みなさまはどうお過ごしでしょうか?(笑)。

さて、今日は私の価値観を中心にまわりを見た場合を書いてみようと思います。
というのも、もう10年くらい前になりますが、アマチュアで作詞をしておりました。
その時に某巨大掲示板にて投稿された作詞を評価しておりました。

作詞に関してはとりあえずおいておいて、気になったのはあまりに想像力がないなと感じた事と、”人に伝える事を無視”した作品が多かったことです。
よくありふれた一日で安心感のある歌詞だからいいんだとか、自分の気持ちをありったけぶつければいいんだとか、わかる人にわかればいいんだ、という意見は根強くて、まぁそれも一理ありますが、プロのような歌詞を書きたいと思うならば、やっぱりそれではいけないわけです。

そこで私は作詞をする時の注意点として
1.歌詞に主人公がいて、その物語を切り取るか、全体を書くかにする
2.言葉を並べるだけでなく、きちんと伝えるための順序を考える
細かくはいろいろありますが、これが基本だと言いました。

その上で主人公=自分でもいいのです。
ただ、自分の気持ちや思った事をダラダラ書かれていても伝わりません。
背景も見えませんよ、友達でもなんでもないし(笑)。
そういった事がわかる人は上達し、わからない人は上達しませんでした。

う~ん、前置きが長くなりましたが、何が言いたいかといえば、作詞だってルールはあるという事です。
ルールをぶっ壊していいのは、ルールを熟知した人だけができる高等技術あり、基本もなく、これから始めてみようという人はダメだという事です。
これは一般社会でもいえる事で、社会を形成する上でルールの一つは法律です。
また、伝統というのも一つのルールでしょう。
この中で法律は遵守することが”前提”で破っていいものではないですが、伝統は場合によっては破らないといけない場合があります。
しかし、その場合は伝統をきちんと理解、遵守した事がある人がすべきことであり、外野がとやかく言うものではないはずです。

ところが、最近は何かと自由という言葉が勝手な価値観で使われ始め、気がつけば本来の意味とはかけ離れた「同音異義語」並に違う扱いをされていると思います。
といっても、本来の使い方という表現はおかしいかもしれません。
何故なら自由は”定義されないもの”であり、心が感じるものを指すからです。

ところが最近は自由を使うケースがいくつか定着しつつあり、しかもそれって都合よすぎじゃね?
って、感じの使われたが多く見受けられると感じました。
作詞でも当然そういった使い方がされており、若いこの意識が垣間見られた気がします。

具体的な例をあげてみましょう。
1.ルールを破る事が”自由”
2.人に迷惑かけなければ(と勝手な解釈で)何をしても責任を問われない自由
3.夢や希望を持つことの自由
これらが私が気がついた”自由の定義”です。

1.に関しては論外です。
ルールはルールであり、守るのが基本であり、もしルールが間違っているならば修正、もしくは削除・追加する事が正しい手順だと思います。
校則を守らない生徒が罰せられるとか律せられるとは当たり前です。
もし破った場合でも、それが修正・削除・追加を目的とし、きちんとした手順が取れない場合の抗議ならともかく、そうではないのがみえみえです。
これは自由でも何でもなく、ただ自分がしたいようにしたい”欲望のまま”です。

2.は一面が正しいのは確かです。
例えば想像で人を殺したところで罪にはならないし、ひとりでふらっと旅に出かけても未成年じゃなきゃ問題はありません。
だからといって、都合よく迷惑をかけてないといいきれないものまでかけてないと主張して自由を気取ってる場合は、普通見苦しいわけです。
しかし、いかにも自分の意見を言ってるようで、実はうけうりだったり、どこかのセリフを盗用しただけだったりしているわけです。
価値観の違いを認め、自分なりに消化した意見だったならば、まだわかります。
しかし、そこまで深く考えたこともないのに「自由」をいいたがっている人が多く見受けられます。

3.も一面正しいです。
持つこと自体を否定はできません。これは自由です、確かに。
しかし、かなえるためには何でもしていいというものではありません。
挫折をし、それでもかなえるために努力することが悪いとはいいません。
でも、それでも、あるところで見切りをつける必要に迫られる時に、無条件であきらめないというのはおかしい。
人は生きることを同時に生活があるわけで、生活が成り立たないのに追いかけていいというものではない。
もし、人から協力を得られて続けられるならいいのですが、そうではない場合は引く勇気がないといけない。
その覚悟がない者に夢を追いかける自由はありません。

よく作詞で言われるのは、自由に心を解き放ちとか、かなわない夢はないとか、どういうわけか簡単にいっちゃう人が多く、自由を使う人の歌詞の共通点は「感情の垂れ流し」が非常に多く見られました。
それでは読んだ人に共感をもたれません。

自由というのは、常に覚悟と責任がともなうものであり、それをいえるというのは資格とでもいうのか、資質かもしれませんが、それなりに生きてきた者が言う事です。
それをあたかも知ったかで自由を使い、自分の利益のみで使う。
これじゃぁマニュアル化されていると言われてもしかたないと思いませんか?
もっとも、そう共感する人が減ってきているので、私の方が少数派なのかもしれませんが・・・。

自由というものは孤独と闘い、自分と戦い、それに打ち勝った者が得るひとつの心の称号だと思います。
しかし、いつの世も若いものには麻薬のように扱われる。
だからこそ”大人”は危険を教える必要がある。
ところが大人が麻薬に犯される今では誰もそういった事をいいません。

簡単に「自由」というものを言えてしまう、しかも私的に間違った解釈で使われている「自由」という言葉がかわいそうでしかたありません。
これはマスコミや歌詞などの問題もあると思いますが、きちんと国語の教育していないことも原因のいったんではないでしょうか?

まぁ、責任転嫁では多少ありますが、それでも伝える事を大切にしてない歌詞同様に、自由という言葉で自分をごまかすのはもうやめて欲しいなと思うこの頃です。

  1. 2008/03/19(水) 16:31:33|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

そろそろ

この頃仕事が忙しく更新する暇が^^;;。
それだけ充実はしているのですが、4月、5月はある程度ネットから離れる予定です。
転職先が決まって、そこ次第でとりあえず休業に入るか、更新するか考えます。

家ではなかなかできないし^^;;。
ただ、PCでいろいろ勉強もしたいしなぁ・・・。
その結果のメモでも残すのに使うかも(笑)。

ま、そんなこんなで、今はまだ頑張りますけど^^/

  1. 2008/03/13(木) 10:03:32|
  2. 小言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

プレミアと演出など

このとこ、いろいろ見る事ができて嬉しい(笑)。

猪木の「道」演出は、バトルの最中に突然始まる。
スペシャルだったので14連確定→14連で終わりorz。もうちょっとしようよ^^;;。

北斗の拳・伝承で全ての北斗系の昇天演出の初お目見え♪
20連って遠く、とても遠く感じた日だった(笑)。

で、旧北斗でも昇天みたさに最高設定にするも、初当たりいいけど連荘しないorz。
その代わりダナゾGET!!
エイリヤンは実機で見たけど、それ以外のプレミアはなし。
かなり嬉しかったですね。

基本、今見たいプレミアや演出は
1.旧北斗の昇天
2.SEでの昇天
3.黄金神 BIG中の7

アレジン、北斗の拳2(NZも)、俺の空もうちのスペックでは動かない。
なので、今見たいものってこんなもんかな?

猪木は実機で散々な目にあい、TCなんて5連のみ一回しか拾ったことないけど、やっぱサミタだね。
もう、結構ひいてます。

後は北斗の拳STVのフリーオート券が欲しい。
確実に50,000発行くような気がします(激甘ぐるつき)。
エキサイトは勲章GETしたけど、それ以外はなし。

そういやスロットも黄金神と超獣王だけだな(笑)。
それ以外はなかなかとれないなぁ・・・。
猪木も結局+6,000とまりで時間切れだから勲章とれない^^;;。
7,500枚で勲章券使いたくても使えない♪

南国5,000枚あるけど、南国って最高設定だとダメみたい。
インテが手に入ったらわからんけど・・・。

1000WAT袋っていいかもしれない。カス券ないぶんいい。
ま、プレゼントWATですけどね^^;;。

さ、何が見れるかなぁ・・・。

  1. 2008/03/05(水) 15:17:55|
  2. 777TOWN|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

空転してる場合じゃないし。(教育や医療に関して)

国家予算は基本中の基本であり、数の論理だけに固執する事が本当に私たちのためなのだろうか?
と、言われれば「その通り!」とこぶしをあげるが、果たして普段からどれほど興味があるのか不思議なのも実感してる。

政治において複雑なのは、多用な価値観を取りまとめようとしてることで、必ず少数派が生まれることと、現実に目を向ければ、多数の価値観がTOP3くらいまで同じくらいの重みの”数”が存在してしまった事だろうと思う。
根本的な事から目をそむけ、せいぜい2,3年しか見えない政治家がいかに多いことかという問題。
もっとも、立候補したくてもできない現実をどうにかしないといけないが、これも多数の問題があるのと、政治家自らの自浄能力欠落という問題がある。

さて、軍事関連では中国の軍部暴走が囁かれ、かの国ではいまだ格を放棄せず、そんな中で自衛隊の衝突問題が発生。
う~ん、なんだかなぁ・・・。

かと思えば食品問題は自給率問題へとようやく、ホントようやく発展を見せてくれた。
これは今からじゃなきゃいけない問題と私は2年くらい前から記事で書いてきた(と思う)。
ただ、どの記事かは記憶にないので、バックアップのどこかにあるだろう^^;;。

そして、先日見たTVでは小児科の医療現場を問題視する事が大事と言うものがあった。
ACTIONとか言う番組で、その外には教育に関して教師の事をうつしていた。

まずは医療に関して、八王子小児科医院が取材先だったが、私は上の子が未熟児で二週間ほどお世話になった病院だった。
結果論でうちは未熟性のみで、障害やその他は何もなく退院となり、今ではうるさいくらいのお喋りだが、うつされた先生は担当ではないけど何回も見た人だった。
二週間毎日通った病院だったので見かけてもおかしくないのだろう。

話し変わって、今サンデーという少年誌では小児科をテーマにしたマンガがある。
少年向けにかかれてはいるものの、かなり重いテーマが裏にはある、いかに現実が問題あるかを密かに教えてくれている。

その内容に触れ、TVで解決策の一つとして”報酬のアップ”があった。確かにそれは必要なことの一つだろう。
しかし、マンガでのセリフで
「お金をあげただけじゃ、お金が目的の医者ばかりになっちゃうよ」
というところだ。
そうなのだ。小児科が難しいのは医療技術だけでなく、子供と精神的な共有を持つためのコミュニケーション能力が必要だ。
そんな人がお金目的くるわけがない。
そういった事を備えた人はすでに小児科の先生であり、少ない給料でもすでに頑張っているのだ。

それ以外の人が(小児科の先生になりたい)と思わせるものとはいったいなんだろうか?
お金は必要な処置の一つだが、それだけでは何も解決しない。
また、訴訟されやすいという点もあるので、それを医者が背負うリスクとしての認識のなさがあるのだろう。
こちらも解決しないといけないだろう。

そこでいろいろ考えてみると、最近は麻酔科、内科も不足はしてないものの減っているという。
逆に耳鼻科、歯科、美容整形が増えているという事もある。
どうやら生命の危機に直面する科が減り、そうではないところが人気があるようだ。
これってリスクは背負いたくないけど医者になりたいってこと?
と、思われてもしかたないんじゃないんだろうか?
それぞれの専門性を追求したくてなられる方はもちろんいるし、そのための日々の努力をされている方が多いとは思う。
が、実際問題として、歯科医は何人に一人で足りるのか政府は把握してるのだろうか?
美容整形はそれほど人数が必要があるのか?

そういったトータルな戦略のもとでの改革が何故されないのだろうか?
今の政治家はきっと口利きでいい先生を独占してると思われてもしかたないだろう・・・。

それと同時に緊急医療も同様に不足している現実は直視して欲しい。

次に教育の問題だ。
先生のアンケートによると、一番の問題は
書類作成などの事務処理の膨大さ
という回答が一番だという。
つまり生徒をみる暇もないほどと、実は嘆いていながらも頑張っている人が多数いるということだ。
生徒は見たいが見るための時間を組織がくれない矛盾にさいなまれ、結果鬱になってしまうのだろう。

このほかにモンスターペアレンツなどというとんでも親が発生し、伝染してるようだ。
いったい教育委員会は何をみてるのだろうか?

実は今から10年ほど前にYAHOO掲示板で教育に関して話した事がある。
その当時から事務処理に関しては問題視され、場合によっては学校でやとった事務処理屋にお金を払って子供を見る時間を作ってる人もいるそうだ。
少ない給料から出費しなきゃならない仕事ってどんな仕事だよ・・・。

問題のある教師は辞めないし、事務処理能力もないから他の先生に負担かけるし、負のスパイラルとしか思えない。
もっと抜本的にみなさないといけない時期だと毎年言ってる気がする・・・。

予算をさっさと通して(しゃんしゃんじゃなく)、その後に控えている問題を一刻も早く議論して欲しい。
これは国民として誰しもが考えている事ではないのだろうか?

逆にだとするならば、なんでそんな奴が国会議員をやっているのか?
不思議でしょうがない。
最後は愚痴だが、自分もいろいろ今後はアイデアを考えて対応していきたいと思う。
政治家がダメならご近所だ。
地域で対応するしかないだろう。

もしそれが叶わないならば・・・、どうするかなぁ・・・。

  1. 2008/03/03(月) 17:50:01|
  2. 民主党|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。