じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

5号機の変遷

書きたい話題がないわけじゃないけど、あんまりにもやる気がないのでスロットの話(笑)。

規制がきつくなり、結局のところ出玉感のない5号機のイメージがある。
そこにサミーはRTパンク回避という新しい事を試して成功を収めた。
エレコは相変わらずだけど大丈夫なんかねぇ・・・。

そして怪胴王が出た。
これって昔ARTと呼ばれた機能で、ATじゃないじゃん!
これもサミーがDISCUPでやった機能。
元をただせば鬼太郎からだった。

そして、押し順が加わって獣王ができあがり♪
なんだかんだと4.5号機や4.1号機に戻ってんじゃん・・・。
ジャックと豆の木なんて、グレートサファリを思い出す。

もうちょっと期待したんだけどなぁ・・・。
BONUSで遊べる機能のスロット。
一応、規制上で簡単に万枚でる事はなくなったが、安定感もなくしてどうする?
超父みたいな安定感が欲しいのに・・・。

こうなったらBONUS払い出し1枚終了で、ATだけのものができてしまえばいい!!

というわけで、訳もなく考えてみた。

7771枚払い出し終了でAT100。
7771枚払い出し終了でAT100。
771枚払い出し終了でAT10。
771枚払い出し終了でRT100。
これとは別にRTのマークをつくり、それが揃うとRT50。

15枚を案内してくれるナビがATには発生。
RTは非発生し、パンク絵柄を用意し、ナビしてくれる。
全てが独立したBONUSだけどRT50はBONUS一つはストックできる。
これらのBONUS確率をなんとかすれば、基本的にだらだら増えるし、回転数のクリアもしやすいだろう。

なんて思いついただけだけど、そのうちでるかな?
でるかな~、こういうの(笑)。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/30(木) 12:41:38|
  2. 小言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

命って考えないやね普通(笑)

【正論】村上和雄 「いのち」はなぜ尊いのか


どうやら、こういったリンクは記事をコピーしていいらしいのでマネてもとを持ってきてみる。


■生きている。それだけで素晴らしい
≪38億年の命のつながり≫
 命を粗末にする事件が続発している。小・中学生が「いじめ」などで自殺している。さらに親が子を殺し、子が親を殺すという信じがたいことが起こっている。

 生命科学の現場に50年近くいる者の立場から、命とは何か、命はなぜ尊いのかについて考えてみたい。

 約38億年前、地球上に最初の生物が誕生した。そして、すべての生物の設計図は遺伝子によって受け継がれてきた。その遺伝子を変化させることにより、数千万種類とも言われる生物が生まれ、人類が誕生した。

 私たちの遺伝子は、38億年間一度も途切れることなく、受け継がれてきた。この間に一度でも事故が起これば、ヒトは存在しなかったはずだ。38億年という気の遠くなるような時間をかけて、ヒトは選び抜かれてこの世に誕生した。

 いま私たちは、子供をつくるというが、それは傲慢(ごうまん)だと私は思っている。世界中の優れた技術や学者をすべて動員しても、世界の富をすべて使っても、たった1つの大腸菌すらゼロからつくれない。

 何故なのか。それは細胞1つ、どうして生きているのかについての根本的原理を、生命科学者は全く知らないからである。1個の細胞についても分からないことが多く残されているのに、ヒトは約60兆の細胞から成っている。60兆という数字は、地球人口65億の約9000倍である。

≪この世の最高傑作は生命≫
 ヒトの身体は膨大な数の細胞から成っているのに、どうして争いもなく、見事に生きていられるのか。ヒトの場合、約300種類もの異なる細胞が器官や臓器をかたちづくっている。そして、細胞や臓器は助け合いながら個体を生かす働きをしている。

 これは自律神経の働きとして説明されているが、自律神経を動かしているものは何か全く分かっていない。私は、この見事な助け合いのために必要な情報は、遺伝子に書かれていると考えている。

 ヒトの身体では、細胞同士、臓器同士が見事に助け合っている。遺伝子にも利他的な働きをする情報が存在すると、私は思っている。

 細胞1つ元からつくれない私たちが赤ちゃんを人間の力だけでつくれるわけがない。

 親は受精卵をつくるのに少しだけ協力し、あとは栄養を与えているだけだ。1つの受精卵から、わずか38週間で、約60兆個の細胞からなる赤ちゃんになる、その設計図を書くのは人間ではない。

 1個の受精卵からヒトの赤ちゃんになる間に、胎児は生物の進化の歴史を繰り返すといわれている。胎児は、わずか38週間で約38億年の生物の進化の歴史を経過することになる。したがって、ヒトは地球生命38億歳である。

≪生かされている命に感謝≫
 いま、生きる自信を失いかけている人に聞いていただきたい。宇宙は今から137億年くらい前に極微の1点が大爆発(ビッグバン)を起こして始まったといわれている。そして、ビッグバンの直後に生じた水素原子は現在、生き物の中に残っている。ヒトの身体には、宇宙の進化の歴史が凝縮されている。

 どんな未熟な人も全宇宙を背負って生きている。命は自分だけのものではない。そういう意味で命は尊い。自分の命も、他人の命も、壊すのは簡単だが、一度壊したら二度とつくれない。命を粗末にすることは、大自然が137億年もかけて作り上げてきた最高傑作を無駄にすることになる。

 この世に生まれてきたこと自体、途方もない奇跡的な出来事なのだ。生きているだけでも有り難く、素晴らしいことだから、自殺も他殺も絶対にしてはいけない。この世に生かされていることに感謝しよう。

 私たちは自分の力で生きているように思っているが、自分の力だけで生きている人など地球上に一人もいない。太陽、水、空気、動植物、地球などや目に見えない大自然の偉大な力(サムシング・グレート)のおかげで生かされているのである。

 遺伝子レベルで見ると、遺伝子は一人一人違う。それは誰もが、かけがえのない人間として生まれてきたという意味だ。他人と比較して生きるのではなく、自分の花を咲かせるために、オンリーワンとして生まれてきた。

 これらの事実から、私たちは生まれてきたことを喜び、生かされていることに感謝すれば、多くの眠っている良い遺伝子の働きがオンになる。あきらめず、努力し続ければ、必ずあなたの遺伝子は目覚め、限りない可能性を引き出せると思っている。


さて、まさに科学者という発想にしか捕らえられないが、でも私はこれに非常に近い感覚を持っているの事実である。
無条件で命は大事だ!って納得する・しないというのが一般的か?

つまり、命の尊さを言葉で感じるためには、こういった理屈が必要なのだ。
ただ、本来は命の尊さは心で感じるものであり、理屈じゃない。
そして、現在の日本において、命に限らず尊さを感じる心が失われていると思っているのは私だけではないと思う。

私は数学が好きで、純数学を主にしてきた結果、幾何学や数学の美しさにまとわりつかれ、魅了された。
それと比べて物理なんて、妥協と近似値のまがい物に見えた時期もあった。
これは政治でいえば、現実論か理想論かに似ている。

しかし、いろいろ勉強していくと生命限らず、神とも言うべき存在を感じてしまうのだ。
つまり、全ての始まりである。
宇宙の始まりでもいいし、地球の歩んだ道程でもいいし、人の歴史でもいい。
必ず始まりがあり、そこの解明がされないと人間の領域に感じないものが”そこにある”ように思えてくる。

まぁ、これがきっかけで結局命というのは人間が作り出したものではないと帰結され、ほぼ記事と同じような結末から大切なんだと思われるようになる。

ただ、それを今の日本で感じてる人は少ないようだ。
目先にとらわれ、そこから抜け出す事をせず、まわりに自分を同化させ、自分以外はすべて人事にする。
そんな浅はかな考えでは到達はできない領域を、いまさら”こう考えてみよう!”っていっても通じまい。

あえて上からモノを言わせてもらえれば、

さんざん勉強をしない言い訳を繰り返し、自分の事を省みない人間には感じる事がない領域

といっておく。

はっきり言えば、自分は勉強してきた方だと思う。
学問でも人間的にもね。
だから言える、言い切れる。
反感、大いに結構です。
だったら何故命が大切なのか説明できますか?
心で感じてるからですか?
だったら何故心で感じてるか、いつ感じたのか?

それを次世代に伝える術をちゃんと身につけた大人ですか?

ただ、こういったものを言わないとわからない、もしくは単に無視して通りすぎ忘れていこうとするのが悲しいです。
何のために考えるのか、何のために歴史は紡いできたのか。

正直言って自分はまだまだ勉強したりない。
未熟者ではあるが、それでも死ぬ時に笑って死にたい。
そして、次世代に残すべきものを残したい。
だから考えるし、受け入れるし、勉強する。

何故命が尊いのか?
自分だけの答えでもいいので持って欲しいと思う。
私や、この記事が正解なわけじゃない。
答えは”命が尊い”という事だけで、そこにいたる経路は個人個人でいいのだ。
これが自由とわかればそれでいい。

それを強く感じてしまった、珍しい記事でした・・・。

  1. 2006/11/29(水) 11:29:28|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

復党問題って重大??

【主張】自民復党 幅広い支持獲得が肝要だ

どうもマスコミは重要課題に目を瞑った昼寝状態らしい。
当たり前に放送される復党問題だが、それほどの重要なファクターではない。

中には賛成・反対があるだろうが、何を持って賛成なのか、反対なのかを見極めずに言ってる人もいる。
逆に見極めている人の意見をみれば
安倍政権ため賛成あるべき論から反対というごく近々の情報から判断している。

そもそも政治というのは今、近い未来、遠い未来を考える必要があるはずだ。
だから安倍さんにとって、郵政以外は同じ考えのもとであれば復党して助けになってもらいたい。
つまり郵政はかたがついた問題として処理して、近い未来と遠い未来を見据えたものであるのだろうと思う。
まぁ、選挙という点も含めてそれはあるだろう。

ただ、だからといって賛成や反対をいちいち大騒ぎする事ではない。
何故なら必ず選挙はやってくるのである。
その時に私たちが判断して投票すればいいだけだ。
もっとも選挙区以外の人は手が出ないが、復党組なんかよりよっぽど問題のある人が当選してるのだ。
そっちの方をもっとマスコミには期待したい。

一つ勘違いしてるのは、政治不信が筋を通せば正しいと思うこと。
つまり造反、造反というが、あれは小泉さんの選挙の手法であって、その是非は問われていない。
あの時に投票した郵政に関しては少なくとも法案は通り邁進すると安倍さんが言ってる以上は、あの選挙の結果は終わったものでいいはずだ。
手法が本当に正しいのか?
かれらは改革に反対したわけでなく、もっと小泉さんの言う改革ではない手法の改革があったと言っている。
私も郵政はいずれ民営化するほうがよいが、小泉さんの強引な感情だけの民営化は反対の立場だ。

よって、小泉さんを支持し、あたかも勧善懲悪で乗り切った小泉手法には疑問が正直残り、離党させられてまで頑張った復党組に関しては安倍さんを支える立場で頑張っていただきたいと素直に思う。

ただ政治不信をこの機会にどれだけ払拭できるか・・・。
安倍さんの手腕が問われる一件にさせられている現実はどうにかならないだろうか・・・。

  1. 2006/11/28(火) 14:04:25|
  2. 自民党|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

キング・カズ-Jリーグ考

横浜FC優勝でJ1へ昇格 サッカーJ2

横浜FCがとうとうJ1に帰ってきた!
あえて帰ってきたという。

しらない人もいるかもしれないが、このクラブはもともと横浜フリューゲルスの悲劇から誕生したチームだ。
そもそも横浜・F・マリノスのFとはフリューゲルスのFだ。

もう何年前かは忘れてしまったが、過去J1には二つの横浜のチームがあった。
そして、横浜フリューゲルスは提携会社の撤退によりJ1での存続ができなくなりマリノスに吸収合併された。
確か全日空と佐藤工業(う~ん、正確に思い出せない^^;;)の撤退により運営ができない事に陥った。

あの時に川渕さんはいろんな批判を一手に受けて
「いつか、市民チームとして復活する事を望む」
といった。
こうして横浜FCは誕生し、社会人リーグを経ずにいきなりJFLからスタートした。

現在の神戸にいる三浦淳宏が最初に所属していたチームだ。
この事実はしってる人も少なくなったなぁと思う(笑)。

あつはフリューゲルスがなくなった時にマリノスへ移籍した。
横浜という町にとどまる苦渋の選択だった。
しかし、すぐにチームと決裂しベルディ、最後に神戸へ移籍。
神戸でJ2に落ちてもいついたのは、過去の悲劇があるからかもしれない。
もう二度と仲間を失いたくないという思い。
私にはそんな気がしてならない。

そんな横浜FCにはなぜかカズがいる(笑)。
彼も数奇の運命をたどった中の一人だ。
有名な話は城に追い出されてW杯にでれなかった事。

当時は自分はカズが日本代表にマイナスであると思った。
というのも、あまりに彼一人に重責が大きく、そのことにより世界戦で日本がタフになれないと思ったからだ。
結果は間違いだった・・・。
今年のW杯をみれば一目瞭然だ。
全くといっていいほどタフさがなかった。

それによりヴェルディからも放出され、神戸からも放出され、至った横浜FCでJ1復帰。
なんとまぁ運命の皮肉を演出する神さんがいたもんだ(笑)。

Jリーグがナベツネから矢面にたたされ、川渕さんと喧嘩し、川渕さんは一歩も引かずに理念を押し通した。
その結果が今日のフリューゲルスのベースとしたチームのJ1復帰。
そこにキング・カズ。

これで神戸がJ1に復帰さいた暁には最高の運命の歯車の皮肉が待っている事になる。
つまり川渕さんの理念を押し通したストーリー通りに展開するわけだ。

現在、男子のみならず女子サッカーも確実に遅々としてはるものの浸透しつつある。
こういったピラミッドで結果を決めるスポーツは日本ではVリーグも存在している。
そして、バレーボールが強くなった背景はJをマネた下地の底上げがある。

男女とも目覚しいくらいに世界戦で勝てるようになった。
まぁ、一位までは一つの壁があるが、少なくとも強豪と善戦できるまでに成長した。

川渕さんは本当にここまで見通してフリューゲルスの解散劇を理念で押し通したかは疑問があるが、結果責任から言えば、成功した結果とみていい。

また、J1で優勝争いしてるレッズだって三菱からの脱却を図り、自分達の自立を目指している。
ただ、そこは企業との効果もあるので、うまくやるつもりらしい。

そのほかにもおらが街にもプロスポーツチームを!という事で佐賀もJ2で頑張ったり、多くの県、街でJFLを目指したチームができている。
甲府なんかは予算が少ない中でJ1/14位と大健闘した。

決して100%のシステム存在はしないので問題がないわけではないが、概ね成功したシステムと見ていいと思う。
あの時に川渕さんが折れていたなら・・・。
今の野球を見てるようでぞっとする。

Jのシステムは過去に作り上げた外国のシステムで日本ではなじまないといわれていた。
しかし、スポーツの本質は強いチームと弱いチームが存在し、それを振り分けられるシステムが必要という事だ。
この結果から言える事は容易な事ではなしえなかった事である。

カズはJリーグの創世記、黎明期と活躍し、運命に翻弄され、そして安定期にJ1に帰ってきた。
こんな歴史が今後語られると思う。
Mr.J お帰りなさい
と、言われる事があったよと・・・。

  1. 2006/11/27(月) 13:35:13|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

程度はあるが、NEWSになる事が悲しい

今回はちょっと多めにトラックバックしました。
基本的に同じような意見の方を集めました。

元ネタ
「心」説いた熱血校長、給食粗末にした児童を叩き負傷さす

ブログ関係
体罰全てを肯定するつもりはないが、必要なときもあるのでは・・・
熱血校長、食事を粗末にした児童叩き負傷させる
この校長のもとに子供を預けたい
我が子となるとエゴ丸出し.「ついかっとなって」

まずはじめに思ったことは
これがNEWSになる!?
という事。
こんなのNEWSで全国に知らせるべき内容か?
と、ふと疑問に思った。

そこでいろんな意見を見て、いろいろまとめてみた。
まずは校長の問題点

1.当日じゃなく翌日だったこと
2.この方法が体罰なのか、指導なのかという点
3.怪我をさせた事実


たぶん、このあたりであろう。
まずは1.に関してはいくつかの疑問を持つ。
1.担任のレベルで対応できなくて校長がでたのか?
2.翌日、校長が説教した時に反抗はしなかったのか?
というところである。
担任のレベルで十分対応な案件だ。
食べ物を粗末にするだけでなく、天井に投げたのだ。
これを叱らない先生に私は預けたくない。
しかし、翌日に校長がでばっている。
これは何故なのか?
非常に疑問である。
次に、前日の反省を校長が聞き、納得できないからさらに叱るために行ったとした場合。
つまり、わざわざ出張ったのではなく、報告された事から翌日に反省を聞きたいと思ったが、子供が反抗したので行った場合だ。
もしそうならば、反省を聞き出すために行った事は校長としてもまぁ許容範囲であろうと思う。
すなわち、担任の意思が伝わっているか確認してるわけだ。

次に2.ついて考えた場合は、私は体罰とは言えないだろうと思うし、情報が少なくて、その人物に直接触れてないのでわからないが、校長は子供に伝えるべき愛情を持っていたと思う。
子供を説教する時に、叩くという行為は必要だ。
ただ、その時に愛情があるかないかの違いだ。
これが校長の満足のための趣味であったなら大問題の体罰だが、どうも普段からそうではないらしいという点、きちっと自分の事を教育委員会に報告した点などを考慮した場合は、やっぱり愛情の躾けの範疇に思えてならない。

トラバした人の中の、この校長のいる学校に預けたいという意見は私も想像する人ならそうしたいと思う。

そして最後の3.に関して。
これに関しては、叩くということ事態は私は校長として正しいと思うが、結果責任としてやりすぎだったか、もしくは不測の事態を想定しない甘さが問題であろうと思う。
お尻を叩かれる時は、昔は四つんばいにされたか、腿(もも)に子供を乗せてやられたもんだ。
つまり転ばないようにして叩かれたもんだ(他の人だけど^^;;)。
この校長がもし何か間違っていたとしたら、直立させたままで叩いた事であろう。

さて、校長の事を考察してきたが、実はそもそも論がない事にお気付きだろうか?
そう、そもそもごはんを天井に投げつけた子供の事だ。

どういう躾けの体制ならこんな事ができるのか不思議だ。
一体、この親は食事の躾けもできていないのか?
と、思いたいところだが、実は個人的に私も悩んでいる。

私は1歳半の子供がいるが、やっぱり子供はお腹が一杯になると残ったもので遊ぶのだ。
例えばパンを味噌汁につけて振り回したり、麦茶をおかずの入ってるお皿に流したり・・・。
普段は妻が子供の面倒を見てるのだが、自分が見た最初は怒鳴りそうな感情を押し殺して妻に聞いたところ、
「今はまだ理解できていないから、多少は怒るけど自由にさせている」
という。
一応言葉で怒っているのだが、それがあまりにソフトに感じるのだ。
私的には確かに理解できない事を怒鳴る事をして逆効果になる、つまり食事が楽しくなくなるという妻の意見も一理あると思う。

しかし、現実に目の前で食べ物を粗末にされると、かっとなってしまう。
これが3歳になる頃なら怒鳴っているかもしれない。
と思うし、そうしたいと思う。
が、基本的に妻の考えも取り入れていきたい。

結構難しいのだ。
仮に怒鳴って、そして食べ物が大切か説明しても、学校に行ってしまえば家庭とは別なんだと思う。
子供の親が実は躾けていても、子供が見えないところでやっているケースはあるだろう。

だから、自分の子供は大丈夫、ちゃんと躾けている。
そのつもりでも実は伝わってないという事も考えられるのだ。
だから学校の先生にも自分達の至らない点はなんとかしてもらっていいですか?という気持ちになった。

今回の子供の場合はまだ子供であるが故に、躾けの難しさを実感してる自分が”単純に子供の躾が悪い親”というレッテルを貼ることができない。
まぁ、まだ気が早いせいもあるが、子供が躾を守り、普通に暮らせていけるようにしたい気持ちはあるけど、不安はいっぱいあるのだ。

まだ年齢的な事から妻の意見を取り入れている。
また、子供は妻にベッタリだ。
子供を躾けるというのがこんなに大変な事とは正直予想してなかった。
今後もきっと悩むだろうなぁ・・・、と、この記事を書きながら考えていた。

一つだけいえる事は、自分の子供だから大丈夫とか、ダメだとかは思いたくない。
そこにある事実を積み上げて対処したいとは常に思っている。
問題はその気持ちがいつ子供に伝わるかだ。
先は長い(笑)。

  1. 2006/11/24(金) 11:46:12|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

コンピュータと人間

【正論】三木光範 人とコンピューターどちらが賢い

いやはや面白い事をする人もいるもんだと関心した。
実際に、コンピュータが自分の制御プログラムを書く。
もっとも条件付けや、それにあたる入力は人間が行うわけだけど。

ここで注目すべき点は
1.人間はあらゆる要素を組み込もうとするあまり、非効率なプログラム
2.人間的要素を取り除くと、画一的な行動以外はパニック(orできない)
という点であろう。

結局、コンピュータは道具しかない。
どんなに頑張っても人工知能が仮に発達しても道具でしかない。
それこそアンドロイドのような存在がでれば話は別だが。

私はコンピュータの特定のソフトの電話サポートをしている。
その前は開発にいた。
そして、そこで知ったことは、この業界はプログラムを組めるから出世するわけではない事だ。

最終的に人間力が強い人が出世し、できればコンピュータに強いことが条件なのだ。
それはなぜか?

開発も個人向けでなためと限定させていただくが、おそらく個人向けのソフト開発なら同様だろうが、相手の意図をすばやく見抜き、相手の思惑を察知し、こちらのペースで交渉する事が大切なのである。
でなければ、契約に関して疎い日本人は平気で仕様変更を言う。
仕様変更とは、画面に項目を追加したり、データの流れを変えたりの事を言う。
じつはこれが一番開発でネックなのだ。

なんでも簡単に修正がかかると思うのだろう。
自分がわからないけど、相手がプロであるなら無償でやってくれて当たり前というように。
そんなわけはない。
形はないが、物を創ってる最中に変えられるかっての(▼皿▼メ)
かえるに当たり、どれだけの労力がいるか想像すらできない人が多い。

だいたいこういう奴に限って業務に精通してなくて、責任逃ればかりする奴だ。
「ちょちょっと直してよ~」
はい、殴りたくなる衝動を抑えて対応しますがね・・・。

つまり、こういったとんでも君を相手に交渉をいかに有利にすすめるのか?
また、サポートの場合ですが、こちらの都合でいえない事がいっぱいあるけど、それを悟られずにいかにごまかすか。
会話術といってもいいかもしれない。

しかし、会話術はあっても、その前提となる知識がなければ意味がない。
そこで、今回のコラムだ。

非効率でもあらゆる対処をする時もあれば、あらゆる角度で効率的に相手を押さえ込める対処も必要な時があるという事だ。
コンピュータを触れてはや25年も経ち、いろいろな事を経験してきた結果言える事は
コンピュータはなくても生きていける前提が人には必要だ
という事だ。
つまり人間力を高めないと生きている事に”甲斐”が生まれないということだ。

コンピュータがなくなって確かに不便ではあろう。
しかし、ぱにくったり、人から奪うような代物じゃない。
いくらだって生きていけるし、なきゃないで楽しみは他にいくらでもある。

最近思うのは、ネットを悪く言う人が随分減ったが、それでも結構いたりする。
あんなものがあるから子供はダメになるんだと。
それは違う。
道具の使い方を知らないからいけないだけだ。
包丁だって道具なのか殺しの武器なのか分けられないではないか。
使い方をしっかり幼い頃から教わり、徐々に使い方を憶えて、最終的に一人で使えるようになる。
コンピュータもネットも同じだ。

いきなり無条件で使わせるのは問題あるが、義務教育の間は親や教師(ここは微妙だけど)が子供に使い方教えないと。
その後は自分なりの使い方で楽しめばいい。

そうすればなくなっても、なんとかなるさと思えるだろう。
与えられないからと人から奪おうと思わないだろう。

そして最終的に社会を渡り歩くには悩んで、傷ついて、立ち上がって、不安に真正面に向かったものが何かを得る。
そこにコンピュータを道具として正しく使えるか否かという事を憶えておいて欲しいと思う。

  1. 2006/11/22(水) 10:17:20|
  2. 子育て|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

マスコミの責任は?

「靖国」中国の政治利用を立証 日中首脳会談

まずはふ~んという感じだろうか、靖国問題。
あれだけマスコミが騒ぎ立て、見解を求めておいてサヨウナラという無責任なところ丸出しな中、ようやく産経系にこの話のったね。
他は見てないけど、きっとのってるんだよね?
のせているよね!!

思えば、参拝がいいか悪いかなんて日本人が決める事であって、中国から言われてる事がおかしいのは至極当たり前の事。
まぁ、決め付けるのもなんだけど、中国が外交上のカードであることは確かになったわけだ(笑)。

根本的な問題を論議せずに騒ぎ立てたマスコミの責任問題はないのか?
私はあると思うし、あまりに無責任なTVや新聞が言論の自由を盾にする姿勢は最近反吐がでるくらい嫌悪を憶えた。
そもそも国民に知らせる内容の精査が、自社の精神なら公共なんて言うなといいたいし、新聞やTVが自分達の立場でものを言わず、事実の精査なら公共であってもいいと思う。
そもそも客観性というのは難しいわけで、いかにも公的な顔していたって論ずればその時点で自己主張と変わらない。
よって、物理的な事実を伝える公的な役割なのか、それとも持論を述べたい報道気質なのか?

マスコミに報道自由があるというのなら、結果責任をちゃんととって欲しいし、そうでなければ不信感を募らせる。
かといってネット上の情報を鵜呑みにしてもいけない。
根本的には『報道真実の自由』であって、何でも報道していいわけがないはずなのだが・・・。

何が事実であるかの精査もなく、自己の都合のいいように報道する姿勢。
これが現在のマスコミなんだろうと思う。
なんとも迷惑な話だが・・・。

今の時代を生き抜くには、自分で情報の精査をするしかない。
情報過多や情報の偽造や誇大に惑わされない自分という支柱を作らないといけない。
そして、その結果を自分が責任を取らないといけない時代に入ったようだ。
悲しいかな、信頼というのはすでに言葉だけになり、心に信頼というものは薄れてしまった。

この責任は政治にもマスコミにも、そしてその時代を容認した我々にもある。
一市民が何ができるかという人もいるだろうが、すくなくとも選挙で投票してないなら容認してるのだ。
自分達が時代を作っている自覚がないから、そうなってしまうにすぎない。

後はその時代とどう付き合っていくかは個人・個人の方法や生活があるだろうと思う。
子供が今後暮らしやすいこと、もしくは国の犠牲にならない事を望む。
日本人はきっと気がつくはずと信じて・・・。

  1. 2006/11/20(月) 11:45:31|
  2. 報道関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

メインブログが・・・。

メインでやっていたブログが、もう3日もサーバーメンテナンスで停止してます・・・。
あまりにマイナーなブログだったのでFC2にしたのですが、やっぱり昔の記事が捨てがたいので、そのうちこちらにバックアップしようと思ってます。
ただ、量が量だけにそこそこ時間はかかりそうだ。

まさかこんな目に合うとは・・・。
いや、バックアップを考えていたけど、こんなにはやくやらないといけない目に合うとはが正解か?^^;;。

ちょうど最近は忙しかったせいもあり更新できない時が多かったですが、まぁよしとしますか・・。

なのでカテゴリなどをいじりつつ、こちらもメインと同様の情報量にしようかと思ってます。
コンピュータなどの事はこちらで書くのやめようと思ったけど、そうもいかなくなった。
完全にバックアップ機能としてもってないと。

そんなわけで、コツコツと移行作業は手でやるので、いきなりログ数が増えても異常者だと思わないで下さいね♪

  1. 2006/11/16(木) 09:47:06|
  2. 小言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

今年何人目の虐待だ?

諒介ちゃん殺害の母親「畠山容疑者が暴行指示」


今年は虐待死で何人の尊い幼い命が奪われた?

どうしてこんな母親が存在するのだ?
また命令されたにしろ、好きな女性のために人を殺すのか?
私には理解できないし、したいとも思わない。

前に虐待や車の閉じ込めで殺された命は、同じ事をして親に責任とって死んでもらうしかないんじゃないか?
と書いた。
その気持ちは今でもある。

自分が結婚してなく、子供もいないなら想像でしか言えないが、実際に今私は子育ての真っ最中だ。
しかもかわいくてしかたない。
そりゃムカつく時もあれば、やってはダメと教えてる事を何度もする。
それはしかたない事で、誰でも同じ経験をしてる事だ。

そもそも自分の幼い記憶を全く持っていないのだろうか?
4歳だからはっきり憶えてなくても、自分はこんな子供だったなぁと外郭くらいは憶えていると思うが・・・。
殺されるくらいの事をしでかしている年齢じゃないだろうに。

子供の教育の前に虐待を防ぐために大人の教育が必要なんじゃないだろうか?
悲しいかな、日本の今の現状は大人に教育が必要と思う。
基本的人権や、平和についてあまりに無頓着で、いつのまにか人の死に無機質な感情が刷り込まれているような気がする。
だからまたかとなってしまう。

奪われた命はどれも重く、それは回数を重ねられて麻痺していいものではないはずだ。
確かに私もそう感じてしまう時がある。
しかし、それに気がついた時に、必ず自分を振り返り、決して許さない心を呼び起こし、麻痺しないように心掛けている。

もし統計があるなら出して、これだけ虐待で幼い命が奪われているんだと示して欲しい。
そうする事でもっと防げるような気がする。
それでもダメなら本当に国に動いてもらってでも止めなければ、ただただ悲しい出来事の一つで終わってしまう。

自分が無力だと苛まれ、凹む日々の現状をなんとか打破したいとは思う。
が、所詮なんのつながりも権力もない一個人ではどうしようもないのもまた現実だったりする・・・。

  1. 2006/11/14(火) 13:42:48|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

i5/OS WAS6.0/6.1ND 構成方法

AS/400、iSeries、i5/OSでのWebSphere Application Server V6.0/V6.1 Network Deploymentの構成方法です。
V5.1ではなかったhttpsvrのプラグインフォルダの概念が構成をややこしくしてます。
これができるようになるまで、ぶっちゃけ厳しかった(笑)。
だいたいドキュメントがしっかりしてないし、手順書もねぇ!!!orz。

随分と間が開いてしまいましたが、ようやく書く事にします。

まず、プラグインフォルダの考え方ですが、V5.1以下ではplugin-cfg.xmlがあれば、それを見る設定だけでHTTPSVR側は済み、WASに特別な設定は必要がありませんでした。
ところが、V6.0以降はWAS側でもHTTPSVRを管理する事が可能になり、プラグインフォルダが必須となりました。
というかですね、i5/OSだけがなかったので、他のプラットフォームでは普通にあったんですが・・・。

ではプラグインフォルダの考え方です。
先ほども書いたようにWASでもHTTPSVRを管理するという意味が重要になります。
これはBASE/EXPRESSではi5は全て自動で単体の構成を2001から構成をしてくれています。
しかしNDではそれができません。

NDの場合は、その先にHTTPSVRが単体である保障はありません。
むしろ、障害に耐えられるようにしてるのが一般的なのです。
よって、HTTPSVRが複数あり、その下にWASが複数あるという前提になります。
この時に、考え方の問題ですが、2つのHTTPSVRは独立しているが、WASがNDの単体サーバーという構成もありえます。
httpsvr1---+--->WAS
httpsvr2---|
こんな感じですかね?

前はこれによって、アプリケーションAはhttpsvr1、アプリケーションBはhttpsvr2というのができませんでした。
コーディングでカバーするしかありません。

しかし、モジュールのサーバーへのマップという機能は、アプリケーションにどのHTTPSVRが有効かを登録してます。
よって、アプリケーションAはhttpsvr1、アプリケーションBはhttpsvr2というのができるようになりました。
httpsvr2からアプリケーションAは404がでるようになりました。

ところで、httpsvrはこの場合、WASの情報に持ってないとできないですよね?
だって、アプリケーションの登録時に”どのHTTPSVR”かを選択しなければいけないから。
これは理解していただけると思います。

実はWASはnodeにWEBサーバーという機能を追加し、管理できるようになりました。
つまり、WASがHTTPSVRの管理?、いや使用するHTTPSVRの名前を持つのです。
では、どうやってHTTPSVRを登録するのでしょうか?

実は他のプラットフォームでは.batでWASのhost名とprofileを指定すると、登録用の.batができます。
unixなどの場合は.shです。
i5/OSではHTTPSVRが複数独立して管理できます。
これが他のプラットフォームと違う点です。
つまり、これに対応しなければいけません。

そこで考えられたのが、プラグインフォルダという訳です。
WAS6.0/6.1で使用するHTTPSVRと関連付けするためのフォルダを作成する。
これによって、別筐体ではなくても、同一の筐体でHTTPSVRを複数扱えます。

実際にはどうやって実現してるかというと、wasprofileのシェルスクリプトで、-templatePath httpで実現します。
つまり、profileタイプhttpというのが作成されて、そことhttpsvrを関連させます。
これにより、WASに登録するシェルスクリプトを作成し、登録後はWASは自分の使えるHTTPSVRを認識できます。

長くなりましたが、それだけ重要な発想なのです。
これの意味が理解できないと構成で躓きます。

で、早速構成手順に入りたいと思います。

1.サーバーの作成
これはdefaultを使用する場合は飛ばしてください。
port番号の関係や、複数のprofileで管理する人は作成します。
wasprofile -create -profileName (profile_name) -templatePath default -startingPort xxxxx
profile_nameはいわずと知れた、名称です。
-templatePathは作成するprofileの種類です。
アプリケーションサーバーならばdefault、管理マネージャーならdmgr、プラグインフォルダならhttpです。
-startingPortはWASで使う連続portの開始portです。

後はそう使う事のないパラメータでしょう。
一度起動しておかないと、後でノード追加でダメな場合があります。
バグではなく仕様といわれましたので、一度起動をしておいて下さい。

2.管理マネージャーの作成
これはデフォルトのdmgrを使用する場合は次に飛ばしてください。
wasprofile -create -profileName (profile_name) -templatePath dmgr -startingPort xxxxx
パラメータ的にはたいした差はありませんが、出来上がったフォルダの構造は全く別物です。
後々管理コンソールはこちらのを使用します。

ノードの統合を行うのはSOAPなので、こちらは起動しておきます。

3.nodeの統合
サーバーと管理マネージャーの統合(ノードの追加)を行います。
addNode (host_name) (dmgrのSOAPport) -profileName (svrのprofile_name) -conntype SOAP -startingport xxxxx
addNodeはサーバーから管理マネージャーへ登録の申請を行いますから、profileNameはサーバー側になる事に注意して下さい。
-startingportは管理マネージャーとサーバーとも違うportをいくつか利用します。
デフォルトでも全然かいまいせんが、profileを作成してるならば指定しておくといいと思います。

これにより管理コンソールに接続してみると、アプリケーションサーバーに作成したprofile名がでてきます。

4.プラグインフォルダの作成
wasprofile -create -profileName (profile_name) -templatePath http
profile_nameは便宜上使っていますが、実際にはHTTPSVRとの関連ですから、HTTPSVRと同じか、又はその関連とわかる名称が推奨されています。
これは単純にフォルダというより、その機能のコピー的な意味合いが強いです。
なのでこれしかパラメータは使用しません。

注意:wasprofileのパラメータは間違っても教えてくれません。エラーにならないので細心の注意をして下さい。


5.HTTPSVRの新規作成
こちらも事前にあったり、デフォルトを使用する場合は飛ばしてください。
作成後の手順は次の項目にします。

http://(host_name):2001/
で接続し、IBM Web Administration for iSeriesをクリックして下さい。
後はHTTPサーバーの作成をして下さい。
ここはWASの前提知識だし、そう難しいものでもないので割愛します。

6.HTTPSVRとプラグインフォルダの関連付け
HTTPSVRができたなら、管理タブの左側メニューの下の方にある、WebSphere Application Server を選択する。
右のページに「WebSphere Application Server V6.0 ND」がでてくるはずですから、そのラジオBOXを選択。
すると、リストがでてきて、内容をひらくと、先程作成したhttpで指定したものがでてきます。
それを選んで保存して下さい。

これはプラグインフォルダに、HTTPSVR登録のスクリプトを作成させます。
次の手順で、そのスクリプトを実行することでWASはHTTPSVRの登録がされます。

7.HTTPSVRのWASへの登録
6.の作業をすると以下のファイルができあがります。
/QIBM/UserData/WebSphere/AppServer/V6/ND/profiles/(httpのprofile_name)/config/IHS_(host_name)_(httpのprofile_name)/configureIHS_(host_name)_(httpのprofile_name)
かなり長いですが、用はhttpで作ったprofileの中にconfigureIHSがあるファイルを見つけて下さい。
一つしかないはずです。

これを /QIBM/UserData/WebSphere/AppServer/V6/ND/profiles/(dmgrのprofile_name)/bin/ にコピーします。
この時に注意点は、ネットワークドライブの割り当てでやると楽なのですが、それをすると文字コードの問題でうまくいきません!
あぁ、文字コードかい(#`皿´) です、毎度・・・。
なので面倒でもWRKLNKから行いましょう!

コピーができたなら、QSHから configureIHS_(host_name)_(httpのprofile_name) を実行します。
この時もdmgrとSOAPで行いますので、dmgrは立ち上げっぱなしにしてください。


8.HTTPSVRの構成の変更
これは非常にばかばかしいのですが、なぜかplugin-cfg.xmlの見る場所を変えてくれません。
httpd.confなので、直にWRKLNKからも変えられますし、2001からも構成の変更でできます。

/QIBM/UserData/WebSphere/AppServer/V6/ND/profiles/(dmgrのprofile_name)/config/cells/(cell_name)/nodes/IHS_(host_name)_(httpのprofile_name)_node/servers/IHS_(host_name)_(httpのprofile_name)/plugin-cfg.xml
非常にこれも長いですが、この場所に追加されているはずものです。
これを WebSpherePluginConfig の後ろ部分を置き換えます。


これで、構成が終わります。
HTTPSVRからWASがみれる準備が整いました。
後はアプリケーションのDeploy時や、後から管理コンソールでサーバーのモジュールのマップをすればよいわけです。

非常に長くなったので、ここで打ち切り♪

  1. 2006/11/13(月) 14:40:00|
  2. i5関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いつまで”イジメ”という言葉で遊ぶ気だ?

この間日曜日から体調が悪く、果たして更新できるか疑問があるが、何とか更新します(笑)。

いじめ発見へ「チェックリスト」 町田市、各校に配布

はぁ、いつまでイジメ報道は加熱して続くのだろうか?
学校、教師、教育委員会を祭り上げて楽しいか?
もし、現状でイジメにあってる子供が見て、立ち直ろうと努力する内容か?
バッカバカしい凸(▼皿▼メ)

イジメには二つの側面がある。
イジメる側の問題とイジメによる自殺という側面だ。
イジメを行う、そしてそれを見て見ぬフリをする事はだ。
学校の先生だろうが、教育委員会が何を言おうが罪だ。
100%悪い”行為”だ。
イジメる理由は何とも言えないから100%とは言わない。
しかし、”行為”は100%イジメる側が悪い事は確かだし、これを否定されては問題解決どころか、生活すら危うい事になる。

だからと言って、イジメられたから自殺していいのか?
これもまた違うのである。
どんな理由であれ、自殺する事も悪い事なのだ。

どうもそこがわかってないで騒いでいるだけである。
何か本質をわかってない人たちが、本質を見ないで表面ばかり議論している。
先日も書いたが、イジメっこが社会的、両親からイジメを受けてるからとかいう理由はどうでもいい。
イジメをする行為が問題なのだ。

しかし、イジメを受けた子供は死を簡単に選択してしまう。
これは死を簡単に受け入れる社会的基盤があるからだ。
そして、自殺も罪であるという意識がないからだ。

しかし、子供に自殺は罪だという事をわからせる事は非常に難しい。
ちょっと話は変わるけど、中学制で売春する子供の言い方で
「自分の体で何が悪い!」
という。
さて、これに反論できる人はどれだけいるだろうか?
そして、彼女をなっとくさせる事はできるだろうか?

つまり、子供の視野は学校という閉じられた空間で、さらに自分をとりまく友達程度しかない。
クラスという繋がり薄れていると聞く。
なおさら狭い視野しかないのは想像できるはずだ。
そのくせ、都合のいい情報は溢れているから、1を1000のごとく受け止め、自分に中に価値観を形成する。

つまり、売春する女子中学生や自殺をする子供はある意味同等なのだ。
死んだら両親が悲しむ、友達が悲しむ、だから一線を越えない。
しかし、一線を何かの理由で越えれば簡単に自分を死にいたらしめる。

自分もイジメにあってるときは何度死のうとしたかわからない。
冬に山に行って、頭痛薬を大量に飲んで凍死しようとか(現実的でないし、確率悪いからマネしてもできないよ)、いろいろ現実的に自殺の方法を考えた。
ネットがない時代だから、どうやるかなんて自分の知識で得た結果しかない。
でも、一線だけでなく、私は二線、三線とあったような気がする。
結局、越えずに生きている。

再度言う。
イジメという”行為”は100%悪い
自殺も悪い事だ

この点が語られぬまま、対策だ、学校の責任だと言っても始まらない。
今、どうやってイジメを見抜くかは大事なポイントだ。
それによって助かる命はある可能性を秘めている。
だからマニュアル化することもいいだろう。

その根底にある物事の本質を抜きに議論しても、それは机上の空論という。
虚しい、無意味な議論から生まれる現実に即さない結果だ。
まさにマスコミはそれを行っている。

イジメっていう言葉に正義をかざし、無意味に報道するのをいい加減やめて欲しい。
もっとちゃんとしたものならば、興味を持つし、意見も言える。
今の報道では全くといっていいほど嫌悪を抱かざるを得ない。

他人に配慮しろという大人の意見を子供はマスコミがしてない事を感覚的に見抜いている。
だから、ずるがしこく立ち回って大人と同じような事をしてる。
これが今の実情ではないだろうか?

  1. 2006/11/08(水) 13:44:46|
  2. 報道関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

イジメ、イジメ、イジメ・・・、いい加減言葉で遊ぶな!

緊急・イジメ対策会議
だと抜かしてるTV番組。
報道2001だよ、報道2001!

どうしてもイジメという言葉で遊びたかったようだ。
司会者の黒岩っていうのもダメだな。
全く気持ちが入ってない上に、否定ばかりしやがる。

そもそもイジメを対策するってどういう意味かわかってるのかね?
イジメをなくすことばかりで、今イジメにあってる子供をどうやってみつけるか?
そして、どうやって守るか?
そんな教育受けてない先生にわかるわけないだろ?
いったい何をどうしたのか意味不明な言葉ならべて、自己満足かよ・・・。

何度も言うけど、イジメはなくならないし、それを対策っていっても犯人探しでしかない。
まずは大人が襟を正すことが必要で、その上で子供の教育を考えないと意味がない。
犯人見つけて、その犯人を罰するのは当然なの、当然!

番組で一つ勉強になったのは、何でイジメられた方が学校にいけないで、イジメているほうがのうのうと学校にいけるんだ?ということ。
自分の場合は、それが意地でもあり、自殺するか反抗するかで選択したけっか学校に行った。
まぁ、味方もいたのもあるけど、確かに不自然だ。
悪いことをやってる方がのさばってる学校教育に問題はあるだろう。

それと、なんとかハートのおばちゃん。
てめぇ! 何様だぁ?(#`皿´) 
イジメをしてるほうはたいがい親や社会からイジメられてるだと?
はぁ? 何いってるの?
イジメられてるから人をイジメてもいいんだ?
一番弱い奴が悪いんだ?
バカ言ってんじゃねぇ!

いいか、イジメをすることじたいが悪いんだよ。
仮にイジメをしてる子供が虐待を受けてるとするなら、虐待の問題とイジメてる事がいちいちリンクするのか?
じゃぁ、イジメられてる子供に、「あの子も親からイジメられてるの、我慢してね」というのか!
そんなおかしな理屈は通らねと思うが?
何か間違ってるか?

なんでもっと子供の目線でみない?
なんで大人の理屈を押し付ける?
イジメって言葉を嫌悪して、違う言葉に代えて内容同じって場合か?
アホか!

そもそもイジメをする奴は罪悪感なんてないの!
社会的とか、親から虐待受けてるからなんて、イジメられてる人間にはどうでもいいの!
罪悪感ない子供が、罪悪感を感じる子供をイジメるの!
な~んでそんな事がわからんかな~。

揃いもそろってバカな大人が言葉で遊んでやがる。
自分は正しいってか?
正義を振りかざしてイジメの根幹に迫ってるってか?
こんな大人をみて子供はバカにして、影でにやついてるんだよ。
な~んもわかってねぇってな。

イジメをなくせないならどうするのか?
そんなの決まってるじゃん。
イジメは罪なんだよ。
罪悪を植え付けるの。
そして、それを見てみぬフリも罪悪感を受け付けるの。
そうした子供が大人になって初めて対策なんだよ。
そして、今現実にイジメられている人は即刻声をだしなさいと教えるの。
必ず大人が守ってあげるからといって。

言った大人の責任は重いけど、教師は本来そうしたことに対処しなければ教師じゃない。
それから、イジメをしてる子供を持つおや!
おまえも何らかの罰を受けろ!!
もし虐待してるなら、傷害罪でもいいし、児童なんとか法とかでも罰せられるだろ。

どいつもこいつも見るところが違いすぎる。
学校の教育指導の先生はまぁまぁ物事に真正面から向いてるのはわかった。
元イジメられっこというのも、それなりに説得力はあるが、しょせんは言葉で遊べるタイプだ。

何事においても、基本的人権を徹底的にたたき込め。
罪人は罪を償って初めて復帰が許される事を叩き込め。
こ~んな簡単事もいえないでな~にが会議だ。
笑わせるな、黒岩。

見ててムカついよ、ホントに。

  1. 2006/11/06(月) 21:21:57|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

敬語って、今時?・・・。でも、使うよね(笑)

とあるところでのブログアンケートに関して書いてみたいと思います。

同年齢上司」、「年下上司」に敬語を使う人は6割以上。一方、「年上部下」に敬語を使う人も6割以上


こんな感じで敬語を使いますか?
っていう話なんですが・・・。

過去の年上部下を持ったときは、最初は苦労しました。
なんせ23際で28歳の女性だったし、頭もよくて、向こうにすれば若造ですよ。
知識も向こうが上だし・・・。

しかし、その時は最初に敬語を使った返事が
使われる方に敬語を使うのはおかしい
と突っ込まれ???
一応年上だし、使うのが当たり前だと思っていました。

彼女は、契約社員ということもあって、契約者と被契約者の関係である以上、年下上司には敬語を、逆の場合は敬語は嫌味だといってました。
なるほど~、普段から敬語ならまだしも、そうではないなら嫌味なのかぁ・・・。

仕事では年齢ではなく、あくまで契約の立場で接するのがいいと教えてくれました。
ただ、命令口調ではなく、人間味あるれる部下への接し方が前提です。
よって、上司には敬語を、部下には普段の言葉をという事でした。

さて、敬語って難しいと思うけど、慣れれば使えますよね?
しかし、結構間違った敬語って使ってるんだなぁと思った事もある。
例えば、○○の方ってつかいません?
これって私は違和感バリバリなのに、いつのまにか使ってるときがある(笑)。

通常は”の方”って敬語ではなくて、謙譲なんですよね、確か?
それ以上に、なんでもつける人がいますが^^;;。

それから質問に関して回答するときに、ご回答を申し上げますって使う人。
回答するのは自分なのだから、ご回答はないだろ?(笑)。
ご案内させていただきますと勘違いしてるのかな?

さて、敬語、敬語といいますが、謙譲語と敬語って違うのは知っていても、使い分けられます?(笑)。
実は、私は上司に対して、あまり敬語は使いません。
むしろ謙譲語や敬語っぽいもので話します。
これの最大の理由は、相手に対して親近感をもってもらうという事。
初めての挨拶や、会議の時は敬語ですが、それ以外の時はちょっと親しみをもって話します。
敬語だと疎外感を感じる人が多いようですから。

また、今の仕事は電話でソフトのサポートをしてますが、有料のため、だいたい固定したお客様からの電話になります。
こういった場合は相手のトーンに合わせて、敬語だけでいくのか、多少親しみやすい言葉使いにするのかを一瞬で見抜き対応します。

言葉は単語もそうですが、イントネーションも大事です。
なんかそこがすっぽり抜けてていいのかちょっと疑問の残る内容でした^^;;

  1. 2006/11/02(木) 11:45:12|
  2. 教育|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

更新の予定に関して♪

更新がとどこうってますが、土日祝は書き込みはないです。
で、仕事が忙しいと書きこみないです。
偶然重なったので、いきなり記事がないですが、必ず更新は今後もしますので見捨てないで下さい^^;;

  1. 2006/11/01(水) 17:54:23|
  2. はじめまして|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。