じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

レスキューするものたちの難しさ

マガジンで連載中の「トッキュー」をご存知だろうか?
海上保安庁の特別救護隊(通称:トッキュー)を目指して、さらにそこでの活躍を描いてるものだ。
その中でちょうど、保安庁直属の学校編が展開されている。
そして、前々から自分のなかでもやっとしてるものが描かれ始めた。


レスキューをする者にとって、例え見捨てる事になろうと、自分の生存を確保できない場合はレスキュー活動をしてはいけない。
もし、それで賭けをするような時はただの無謀に他ならない。
仮に要救助者が助かり、そしてレスキューの人間が死んでしまったら、その救助者はその時点で思い十字架を背負わされた事になる。
もし、どちらも死んでしまったら、それは無駄死にではないが、それにしても感情のやり場がない。


そして、トッキューの場合は(ネタばれなのでこれから読む人は注意)もっともらしい事を書いている。


子供が溺れてるのをたまたま訓練中に見つけた学校の生徒達は救助しようとする。
この時に無意識で神林が飛び込み救助に成功。

友達同士からは称えられ、少し恥ずかしそうにしていたが、校長から呼ばれる。
そして、意外な言葉を投げかけられる。


「海保の学校の生徒はいかなる場合においても、海上での救助をしてはならない」
「退学に匹敵する行為である」


と告げられ、動揺する神林。
とりあえず一ヶ月の外出禁止とトイレ掃除で事は済んだ。


できれば今週のマガジンを読んで欲しい。
もっと大事な場面もある。

いったい人を助けたのになぜ退学に匹敵するのか?
その説明は、42人のレスキューの時の死者に関係する。
まだ大丈夫、まだいける、助けてやる・・・。
結局、救助に失敗し死んだ人たちがいる。
潜水の資格もないひよっこが救助活動で死んでしまったらという事だ。

そして教官のもう一つの重要な言葉
「海上保安庁のものは海で死んではならない!!!」

おそらく今後の展開はこの問題を神林なりに解決して円満に落ちるだろう。
所詮は漫画だが、この問題の重大さに子供達は考えてくれるのか疑問もある。

もし助かったからいいようなものの、助からなかったらという事を考えないといけない。
まして私達のような素人が簡単に助けに行っては本当はいけないだろう。
しかし、もし目の前で子供が溺れかけていたら・・・。
じっと待つか? それとも飛び込んでみるか?
正直わからない。
目の前で助けを呼ぶ声を無視もできないし・・・。
これが我が子なら迷わない。
しかし、他人の子供だった場合、一緒に死んだら自分の家族だけでなく、その子供の家族にも多大な迷惑をかけてしまう。
それは癒える事のない深い傷を作ってしまう。

それより一番の問題は子供が助かり自分が死んでしまった場合だ。
その子供は私の死というものを一生背負っていきていかなければならない。

神林のように常に助かったならばいいが・・・。

彼等の行動を規則としてとらえるか、人命救助したんだからと結果論で行くか。
本当に難しい選択だと思う。

スポンサーサイト
  1. 2006/07/28(金) 16:40:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

地雷の消費税、踏んだ谷垣さんにあっぱれ!?

谷垣氏「消費税10%覚悟」午後に政権構想発表

読んでて正直ふ~ん・・・、ですね。
対立軸とかいってるけど、これって総裁選に受かる気がないのか、それとも本当に消費税をあげるつもりなのか?
どう考えても将来の布石と疑ってしまう。
小泉流に郵政・郵政と言い続けたようにね。

さて、消費税をあげるといわれ反対する私達に、最近はマスコミも上げないといけない雰囲気を作り出してます。
政治家の思惑なのか、それとも大蔵官僚(今は財務か)の差し金なのか。
いずれにしても、福祉といえば地雷じゃなくなるようなものじゃない。

で、早速自分流のお話です。
直接税が減税されれば、当然間接的に財源を求める事になります。
景気に左右される直接税より、多少は緩和される消費税に目が向くのも時代の流れでしょう。

しかし、この消費税っていろいろ抜け道が今まであったんですよ。
例えば5年、いや3年だったかな? 前まで売り上げ3000万以下が1000万で免除に変わったんです。
つまり増税をペロっとしてるんですよね(笑)。
ま~ったくどこも取り上げなかったけど。
それから、内税方式に統一されたのも、欧州を見習っただけ。
だって、買った金額の内、いくら税金かわかんねえもんorz。

つまり、完全に不公平な税制なわけですよ。
だいたい生活に直結した衣食住で消費税っておかしいんです。
よ~く考えてくださいね。

仮に福祉に回したとして年金があがりますよね?
しかし、その年金でまた消費税を払うわけですよ。
結局私達は何をもって得したのかわかりません。
つまりグルグル税金に吸い取られていく構造なんです。

そもそも売り上げにCAPをかけるなんてナンセンスな方法。
もしCAPをかけるなら、食品や衣服で上限を決めるべきでしょう。
例えば、食品ならば一品300円以内で、さらに一回の会計で3,000円をこえない場合は無税。
洋服も一着2000円以内ならば無税とか。
これくらいは当たり前の生活の水準で贅沢とはいえないレベルだと思うんです。

確かに面倒かもしれませんが、物品管理なんて簡単に政府はできるはずです。
どこまでを贅沢とするかは微妙な場合があるので、所得の問題や福祉の観点から研究して決めればいいと思います。
そういった無税の部分がなければ消費税を引き上げるのには私は反対します。
いくら福祉目的といっても、受けた福祉でまた高い税金払うなんてナンセンスすぎませんか?

意外にこういいった見方をTVはしないのですが、何故なんでしょう?
誰でも気が付くと思うし、たぶんこれ読んだ人も、そんなの気が付いてるよって人がたくさんいると思うんです。

谷垣さんはあえて隠してるのか、それとも本当に気が付いてないのか?
いったいどっちなのでしょうか?

直接税を減らしてまんべんなく、景気に左右されにくい消費税に移行するのはしかたないと思います。
ただ、あまりに不公平な税制であってはならないと思うんです。
何か私の言ってる事は間違ってますかね?

最後に、
いい加減特別会計の改革しろよ!

  1. 2006/07/27(木) 16:38:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

中国が嫌いになるように? 仕組まれた?

大陸の汚染が日本を襲う

安倍さんの偶然映り込みで親中をアピールというが、逆効果になりつつある昨今。
ネットでは情報が溢れ、何がどうなってるのか逆に迷ってしまうような状態。
かといって有効な情報を信じるか信じないかはあなた次第的なものは興味をもたれずにいる。

実際問題として、私達は発信されたものをどう読み解き、自分で消化するかというのは教わっていない。
例えば行間を読むという言葉があるが、ネットではこれが以外に大事だ。
しかし、2chのような現状をみると教育されていないのが実情だろう。

さて、今回はそういった事より、最近の中国の報道やネットの配信での問題を考えたい。
もともと個人的には小学校先生が中国へ旅行か留学か忘れたが、その時にいった言葉が忘れられない。
「私達は戦争で失った家族の事で日本を一生恨むだろう、しかし、戦後に与えられた多大な恩恵には一生感謝するだろう」
といわれたという。

事象毎にきちっとケジメをつけ、今を見据えた人として素晴らしい事だと感じた。
この言葉で私は一気に中国人が好きになった。
しかし、ここ数年の中国はいったいどうしたのか、この言葉を裏切るような政治が横行している。
そして一気に嫌中へ傾きだした心・・・。

ところが、このブログの前にやっていたところで中国好きの日本人と出会い、あぁなるほどと思ったのは、
「どこも政治家と人民が同じじゃないでしょ?」
その通りで、日本だって外国から誤解を受ける政治をしていると納得。

少なくとも中国人が嫌いにならずに、中国政府が嫌いになっただけで済んだ(笑)。
ところで、最近の中国に関しての報道が過熱気味になってないだろうか?
確かに経済では協調しあうほうがいいのだろうが、個人的に中国と経済関係を切っても問題がないと思っている。
むしろ、インドネシアやタイ、ベトナムなどと強化した方がはるかに効果があると思う。
だから、いちいち中国のいいなりになる必要性が感じない。

さて、とらばってきたところを見た人は写真で見たら
「こんなにひどい状況なの?」
「いったい何年前の日本と一緒?」
「うわ、嫌い」
という事になると思うが、まぁこのブログ自身は嫌中を煽ってはいない。
おそらく写真を多くすることで事実を伝えたかったのだろう。

現実問題として、中国が環境汚染されれば日本に多大な影響が出ることは想像できよう。
まして30年も前に日本は公害問題で大変な思いをした。
改善に改善を重ね、日本は世界一環境に優しい国に思われている。
もっとも機械はそうだけど、ゴミの問題などから国民性で優しいと思われていないが(笑)。

ところで、写真のコメントで一番気になったのは、緑色に着色してるシーンでの
ここに各国のトップアスリートを集めて、健康を保障できるのだろうか?
つまり北京オリンピックの事に触れている。

個人的には中国との政治的な問題を無視してでもオリンピックという枠組みでは選手の意見を尊重して、行きたい人は行かせるべきだと思う。
しかし、事は政治ではなく、アスリートの生命に関わる。
本当にこんな国へ選手を派遣して、選手生命を奪われてしまっていいのだろうか?
まぁ、絶対なるわけじゃないけど、心配はする。

さらにこの間、麻生さんがTVでこんなことを言っていた。
「中国に日本の環境技術を提供してもよいといったら断られた」
らしいのだ(笑)。
らしいというのは、確か要約がこうだったということ^^;;。

どうやら自国の恥を外国に助けてもらうのが、特に日本にというのがダメらしい。
麻生さんもはいそうですかと引き下がらずに、根強くやると言っているが果たして!?

中国の対して気を使うなというのではない。
必要以上に弱腰になる事もないだろう。
ODAで散々発展に協力したのだ。

ただ、戦争で傷ついた心をもっと理解してあげる必要はあるだろう。
いじめられっこはいじめっこが思っている程、さばけた感情ではない。
ちょっとした事で恨みを晴らしたいと何十年も思ってる場合がある。
でも、黙ってエネルギーに変えて社会にでる。
成長したならば恨みはしないだろうが、何かやり返さないと気がすまないかも。
じゃないとただの負け犬根性のままで、いじめられっこのままだ。

中国を好きになる必要はないが、どうも最近の日本は中国を嫌いになるように仕向けている。
報道に惑わされずに、自分の意見でみるようにして欲しいと思ったこの頃です。

  1. 2006/07/27(木) 13:57:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

男女平等と男女差別、むぅ~~~。

女を幸せにしない男女共同参画社会

本来のジェンダーフリーと過激なジェンダーフリーと違いがあるらしいのですが、私は過激なジェンダーフリーしかしりません。
よって、これから先はジェンダーフリーと書いたものは全て過激なジェンダーフリーを指します。
フェミニストというのも温度差があるようですが、問題のあるフェミニスト(例えば田嶋洋子のような)しか指しません。

さて、多くの場合に男女差別と区別がごっちゃにされ、政府もしっかりしたビジョンがないので少子化対策が練れない。
そもそも男女って区別すべき大きな事が一つだけありますよね?
それは出産です。
これは絶対的に男性が変わってあげることのできないことです。

しかし、出産後の事にあまり触れられていないのですが、私は身をもってわかった事があります。
それは2~3歳まで子供は本能で母親を求めます。
場合によっては祖母にも求めますが。
つまり女性を求めて行きます。
これも個人的には区別の対象と思っています。

よって、女性は子供を持つということは大変な事で、24時間・365日母親じゃないといけないのです。
また、子供を産んだからには、子供を育てる責任があります。
生活という事を考えれば、男性が外で働き、女性が家庭にいるのは自然な事と思います。
専業主婦で楽なのは子供のいないところだけで、いるところは大変だと思います。
毎日子供の世話から炊事、買い物、収入にあわせた対策ややりくり。
男は仕事で外に行きますが、女性は子供をほっぽりだしてなんてそうはいかない。
もっとも、女性は子供に生きがいを感じるようにできてると思いますが。

そこで、ジェンダーフリーやフェミニストたちのやってる事といえば。
まずは”らしさ”を否定するという。
例えば赤は女性、青は男性という色の概念がおかしいと。
これが男女差別で色が人間性をあらわすのはおかしいという。
そうなの?
っていうか、これが何で差別なのか?

一つの例として、トイレのマーク。
男性は青色で帽子をかぶっています。
女性は赤でスカートの絵です。
形だけで男性と女性がわかるのだから、色は黒でもいいじゃないか!
という主張なんです。
ところで、この主張はおかしい事に気が付きます?

形でてわかる、つまり、男性はスカートをはかない。
女性はスカートをはいている。
特に言えば、女性が全員スカートじゃなきゃいけないという事ですよね?
そんなこたぁないわけですよ(笑)。
そもそも、この主張自体が差別をしてるわけです、彼女達の理屈から言えば。

もし本来的な主張からいえば、”黒い文字で男子・女子と書くべき”なら理屈が通ります。
まぁ、突っ込みはこれくらいで、実際にこの色をとった研究をしたそうです。

そしたら、間違いだらけ、つまり男は間違って女子トイレへいくし、女は男子トイレに入ってしまう。
30%以上が間違えてしまったという。
中には迷った挙句、別のところにいったりした人もいたようです。

状況を考えてみればなんて迷惑な実験かです。
だって、トイレって結構切羽詰まっていきませんか?
それがわかりにくいから、パッと見た目で判断できるように色がついてるのに・・・。

もう一つジェンダーフリーで許せないことは、小学生の低学年(1,2年生)に出産の映像を見せてる事です。
これは大問題で、中には出産にグロイ印象を与えて失神してしまった子供いたと聞きます。
そりゃそうでしょ?
まだ、何も知識がついてないのに・・・。

彼女達が目指してる差別の撲滅っていったいなんでしょうか?
人が人でないように生きる事でしょうか?
よくわかりません。

じゃぁ、男女差別がないか?
といえば、正直私の環境ではないのでわかりませんが、伝え聞くところではあるようです。
ただ、これはらしさとは関係ないところです。
例えば出世コースと一般コースと分け、給料も違い、女性はその理由だけで一般になる。
これはおかしいと思います。
でも、現在はそういった事はほとんどなくなったきたと聞いてます。

あとはなんと言っても産休の問題。
これは差別の対象になってしまっていますが、どうでしょうかねぇ・・・。
仕事の内容や2,3年はなれるとなるとやっぱり・・・。

最後に子持ちの専業主婦の問題。
子供がいない家庭の扶養手当は確かにいらないでしょうね。
働きにでてもいいわけですから。
ところが、子供がいる家庭では嫌でも女性が子供の世話をする。
冒頭で書いたように、子供の事を第一に考えるなら、本能で母親を求めるから女性が専業主婦になる。
と考えているのですが違うのかな?

専業主婦が社会進出の妨げというのは発想としておかしい。
そういう環境だからこそ、男は子供を母親に預けて安心していられる。
もっとも全然手伝わないわけじゃなく、私も子育てになるべく参加したいと思っているが^^;;。

ものには限度というものがある。
理屈になってない矛盾だらけの話を一方的に押し付けるフェミニストやジェンダーフリーはおかしいと思う。

  1. 2006/07/26(水) 13:03:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

理不尽な親急増という記事で

理不尽な親急増 「念書を出せ」「給食費はタダで」無理難題続出、文科省が研究会

まずは、こいういった親の無理難題を結局どうしたいのか?
研究とかいってるけど、研究する必要はあるのだろうか?
むしろ、保護者同士での話し合いの場で解決すべき問題ではないかと感じる。
そもそも無理難題をいう親は昔からいるし、急増というが、表にでてきただけではないだろうか?
ようは解決能力や拒否能力がない先生が増えたということ。
もっとも今の教師に求めるには酷なのは先刻承知であるが・・・。

確かにこういった要求をする親は、頭がおかしいと思われるだろう。
子を持つ私でさえ、絶句の一歩手前だ。
ただ、よく考えてみると、全くの理解ができない事柄でもない。
我が子には苦労をかけたくないというのは親の共通意識ではないか?
これは多分昔から変わらない普遍的な親の感情だと思う。

思うが、それをする事で我が子がダメな人間になるのが目に見えてわかってるからしないように心がける。
そういった事を戒める諺だって古くからある。


「かわいいこには旅をさせろ」
「苦労は買ってでもしろ」


これらの意味は正直言うと正確にはわからない。
おそらくこうだろうと思う事はあるけど。
本来の意味がわからないならば調べればいいわけだ(笑)。

ところが詳しい内容がぱっとみない(ToT)。
まぁいいか^^;;。

一応あってると思うけど、自分の見方もあえて交えて解説。

「かわいいこには旅をさせろ」
昔は旅と行っても今とは違い歩いて目的地に行った。
となると、いろんな宿場街を経由する。
そこでちゃんとした礼儀と対応を身につけ、目的地で用事をすませる。
帰りも歩きで、道中ではさまざまな出会いがあるだろう。
そうすることで見聞を広め、大切な何かを学んでくるだろうと・・・。

自分的な解釈で言えば、現在ではコミュニケーション能力を磨けという事だろう。
人と人があえばコミュニケーション能力は不可欠。
つまり目的を達成するには物事を考えて行動し、常にコミュニケーションしなければ生きていけないという事をわからせる。
それが、この言葉の意味だと考えてます。

「苦労は買ってでもしろ」
誰でも苦労せず、楽に暮らしたいと思うもの。
しかし、それは人生をリタイアした老人がするもので、若いうちはエネルギーもあるんだから、人生経験を積めという事だと思う。
確かに若いときは過ちに気が付かないものだ。
自分でも過ちがあったと思う。
しかし、取り返しのつく過ちと、取り返しのつかない過ちがある。
一番の例は殺人だ。
これは取り返しのつかない過ちといって反対はないだろう。

つまり、取り返しのつく失敗は若いからこそできる特権だから、それを避けるなという事がこの言葉の意味だと思う。

どちらの言葉も親は子供に対して、一人の人として接しなさい。
所有物のように扱えば子供がダメになりますよという警告でもあると思う。
だから昔の人は自分にも子供にも厳しかった。

じゃぁ、今はといえば・・・。

はっきり言ってしまえば、ほとんどが自分に甘えていると思う。
自分も自分に甘いと思うし、気をつけていても、なかなか自分に勝てない。
それでも子供の事を考えれば、頑張れる。

先程の記事の特徴はいかに自分に甘えてる親が自己中心の視点で述べているかという点である。
我が子さえよければ他人の子はどうでもいいというのがミエミエすぎる。
これでは親の責任は果たせない。
気持ちは理解できなくはないが、だからといって求めるものがおかしい。

先生にしてもこういった事は昔は親を注意してた。
ところが、がんじがらめの状態では厳しいとは思うが、やっぱり親を注意できる先生が減ったと思う。
そこには聖職者という自覚もないだろうし、国の体制が悪いという事も関係してる。

私も我が子以外に注意ができるかというと正直自身がない。
その際たる理由は、相手の親が理解してくれるかという点だ。
自分がどんなに正しいと信じていても、それはうちだけの事と言われると、子供同士が親のせいで引き裂かれるのはやっぱり避けたい。
かといって言わなければ子供のためにならない。

今はまだ小さいからいいけど、今後は幼稚園・小学校とあがっていけば直面するだろう。
子供の教育という点では非常に気を使っているだけに、不安である。

ぶっちゃけいえば、記事のような親がいない学校に行かせたいのが本音だ。

  1. 2006/07/25(火) 11:13:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

日本の男子スポーツは死んだのか!?

昨日はなでしこJAPANが9年ぶりに中国に勝ちました。
その一方で男子のW杯は散々な思いをしたことでしょう。
バレーボールも久しく男子は成績がよくない。

マラソンは男子は話題にすらのぼらない昨今、うちの母上は
「日本の男子はダメねぇ」
とのたまう始末^^;;。

スケートのフィギュアも男子では女子と比べると確かに物足りなさがあるようで。
今ひとつ男子の競技に華がさかないのも事実。
野球はWBCが男子だけのものなので別かな?

となると水泳くらいが男女とも活躍してるのは?
などと思うわけです。

そもそも日本の男子スポーツは、特に球技に関してはWBCを除いてどうしてこうも勝てないのか?
例えばマラソンなんて日本のお家芸だと思っているのに男子はダメ。
だいたい駅伝で日本は全然勝てない。
何がいったい影響してるのだろうか?

不思議と今回のサッカーの男女を見比べるとなんとなく浮かんでくるものがある。
日本の場合はスポーツの環境が整っている場合は非常に少ない。
水泳や一応男子フィギュアも決して低くないレベルだから入れるけど、フィギュアなどは特別な場所がある。
幼い頃からのスカウトや、実際に運営資金を調達するシステムなど。

さっきも書いたサッカーに関しては男子はまぁ、地域密着が浸透し、決して裕福ではないにしても仕組みができつつある。
ところが女子はまだまだ環境が整っていない。
だから、そこにハングリー精神が生まれているのではないだろうか?
これが男子と女子の一つの理由だろうと思われます。

それと、男子はなんにしてもモチベーションが低い。
女子の方が今はチャレンジすることをおそれない日本の教育なのかもしれない。
がむしゃらって昔は男子の特権だった。
女子はつつましくおしとやかでなければならない。
しかし、現代ではそれはおかしいから両方に認められたはず。
ところが男子はわけのわからない理由でがむしゃらじゃなくなっている。

日本人が日本の形で”がむしゃら”にプレーし、120%の力で戦うのが観客は好きなんだと思う。
そして成績がついてくると人気がでてくる。
まさに女子サッカーがそうだろう。
これでW杯に出て、好成績を出した場合はかなりファンは付くだろう。

個人的に女子も男子も頑張って欲しい。
どんなスポーツでもやっぱり海外で戦うには日本人は体格や躍動力が違う。
そこを知恵を使って克服して頑張る姿は美しいと思う。

最後に柔道は男女とも成績がよかったのを忘れて、申し訳なかったと思ったところで終わりです^^;;。

  1. 2006/07/24(月) 13:11:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何故、日本人は政治意識が薄れたか?

なぜ日本国民は政治意識が低いのか?

またまたバークレー(デンマン)さんの記事から拝借です^^;;。
実際に書いてみると、いろいろ自分なりの考察もできるので楽しくなってきます。
毎回ありがとうございますm(_ _)m。

さて、元ネタの記事を見ていただかないと話が通じません。
そういう書き方しかできなくてすみませんが、まずは読んでからこちらに戻ってください。
お願いします。

ここで、違う見方の部分や、ん? と思う部分をまとめるために箇条書きします。

1.和を持って貴しとなす・・・現代日本人の誤解
2.触らぬ神に祟りなし・・・これも誤解されている現代人
3.年金をごまかす政治家・・・実は政治家じゃない!?
4.誰が、こんな日本にしてしまったのかああああ?<答えは官僚です!という発想
5.政治意識の低さは悪いことか?

まずバークレーさんをやっつけるとか、対決とかで見るのなら間違いです。
根本的なところは同じで、考える経過や見方が違うだけです。
もし、そのような興味できたかたは残念ですが、面白くないです。

1.ことわざや古語の誤解
まずは今に伝わる言葉を現代で捻じ曲げてしまったケースです。
一番有名なのは情けは人のためにあらずでしょうか?
情けをかけるのはよくないという誤解ですね。
これは古典をやってる人からさんざん間違いと指摘し、TVでも多く取り上げていましたので知ってる人も多いでしょう。
本当の意味は
人に情けをかけていれば、めぐりめぐって自分に返る
という意味で、自分に厳しく、他人に情けをかけましょうことです。
今さらなのですが、もし誤解してる人がいたらちゃんと正しい意味を知っておきましょう。

実はそれと同じ事で和を持って貴しとなすも非常に誤解されています。
聖徳太子の17条の憲法の全体が見えてないから間違えて使われてしまいます。
そもそも悪いこと悪いといわずに和を持って貴しとなすはないでしょう。

これのお話で、昔読んだ本でこんな事例がありました。


とある小学校の先生が「宿題を忘れたらどういった罰がいいのか話し合いで決めなさい」と生徒達に言った。
そこで話し合いによって決まった内容が、忘れたらみんなの前で裸になるという事になった。
で、数日後に一人の女の子が宿題を忘れて泣きながら裸になった。

先生として釈然としないながらも、話し合いで決めたことだし・・・。


この事例に対して、本の著者は痛切に批判。
何故なら、この先生は基本的人権を無視してると書いてました。
和を持って貴しとなすは間違いではないが、そこには前提がある。
当たり前すぎて忘れてしまった基本的人権、罪の意識が抜けているわけである。

これと同じで、何でも和を持って貴しとなすわけではなく、そこには前提があるわけです。
聖徳太子だってその事に直接は触れてなくても17条憲法を読めば、基本的人権や罪の意識が大事な事はわかります。
こんな当たり前の事がいつのまにか抜けて、話し合いで決めたことは何でも正しいというのはおかしいのです。

最近の日本人は前提や当たり前すぎる事が抜け落ちてる場合が目立ちます。
まぁ、それはあえて書きませんが、特に和を持って貴しとなすの場合は確実に抜けています。
よって、誤解されてる故に現状が嘆かわしい状況を抜け出せない・・・。
これはバークレーさんの意見と全く一緒です。

2.触らぬ神とは?
これも1.と非常に似ているのですが、ちょっとだけ違うのは”神”というものです。
なんで触らぬ神に祟りなしかといえば、神の教えに逆らって逆鱗に触れてはならない。
ちょっとバークレーさんと違う見解ですが、確かそういった意味だったと私は記憶してます。
でも、最後は一緒なんですが(笑)。

では神とか祟りとかって?
そもそも教えって?

これは宗教観なので完全に一致した見解は見出せないですが、それぞれに当てはめて考えてください。
まず、日本の本来の宗教は仏教ではありません。
ましてやアイヌでもないのですが、古代宗教はヤオロズノカミガミ、つまり八百の神々といわれていました。
いい神様、悪い神様、どちらも存在していました。
そして、いい神様のいう事を聞き、悪い神様に憑かれないようにしましょうというのが教えです。
では、いい神様は何を言っていたか?
現代風に言えば道徳です。
その道徳心を養い、人に説き、未来永劫の幸せを手に入れましょう。

ところが、やんちゃな人間はいつでもいるもので、わざわざ悪い神に話しかけて取り付かれて祟れる。
だから、興味本位で悪いことはしていけないというのが触らぬ神に祟りなしという事です。

ところが、現代では?
簡単に言ってしまえば、正しい事を正しいというのはいい神様の教えなんです。
でも、それにもそっぽ向いてます。
都合の悪いこと、自分とのかかわりを持ちたくない場合に使われてしまっています。
これは大きな違いです。

つまり、他人に余計なおせっかいをしないとか、個人の問題として面倒で嫌な事から逃げてる事を都合よく解釈し、触らぬ神に祟りなしと言ってしまっているのです。
これはまた書きますが間違いです。

3.4.政治家よりも官僚の悪徳
どちらも基本的な構造は一緒なのでまとめてしまいました(笑)。
まずは年金に関して言えば、年金で集めたお金って一般会計ではなく、一応特別会計でもなく、官僚の思うがままだったんです。
正確にしえば特別会計だったと思うけど、年金の運用するところにお金が流れてたと思います。
財投とは違うのかな? ちょっとそこが不明ですが、いずれにしても役人がいる公共的な会社です。
そこで、たくさんのお金が入ってきたからつかっちゃえ!
って、本当は大事なお金で運用しなければならないのに・・・。

まぁ、いろいろ言われてる行政法人ですよ。
そこが、いろんな仕組みを考えた。
官僚「A先生、お金を○○億で、私達の組織作って下さいよ」
政治家「おっ、そうなの? そんなにくれるの? じゃぁ、作っちゃおう」
官僚「その時のまた、別途資金がいるなら言ってください(ニヤっ)」
政治家「わかった、わかった(笑)」
こうして年金を使うはめになったんですね。
その後の政治家は、この官僚に
「おいおい、前に渡して私になしかい?(ニヤっ)」
といって貪り始めたのです。

結局、底をつくまでこんな事をしてたから、残された政治家や官僚は大変。
天下りはしたいけど、どうすりゃいい?
そこで政治家はとりあえずトップの挿げ替えで、村瀬長官の就任へ。
でも、改革はしてるんだけどできないんだろうね。
政治的な圧力なきゃできるわけないのにね^^;;。

そしてズルズルと年金はごまかされ、最後は税金で穴埋め。
そして日本は誰もいなくなった・・・。

って事はないけど、まぁ、政治家の罪も多いが、官僚の良識のなさはあきれるばかり。
社会保険庁っていらないと言われてしかたないんじゃない?

次になんで政治意識が薄れたか?
これって実は官僚の甘い罠ですね、教育を使った。

一番わかりやすそうな例は北朝鮮。
教育段階であんなバカを崇めないといけないように仕込まれる。
官僚もアメリカにならってとかいって、勉強をさせない。
ゆとり教育といって勉強させない。
塾に行くにはお金がかかり、私立に行くといってはお金がかかる。
結局、お金のない、いや、中流でも厳しい勉強の環境を作り出し、政治に興味を持たせない。
そうすればやりたい放題で、何されているかもわからない。

そうやって一部に高等な教育を施し、それ以外はまるで奴隷扱いのような仕打ち。
現実的な話として政治家の二世、三世が多いのをご存知だろうか?
そもそもみんながみんな政治家の子供は出来がいいっておかしいでしょ?
それは教育をちゃんとしたからですよ、北朝鮮みたいに。
明らかに政治家の器じゃなくても、それなりに出来る仕組みを官僚が作りだし、意のままに操れるからですよ。

政治家の影で官僚はやりたい放題です。
だいたい未だに天下りがあるって・・・。

まぁ、それをなんとかできない政治家に罪がないわけじゃないですが、権力構造という意味ではちょっとバークレーさんと違う意見ですね^^;;。

5.政治意識が薄い事は悪いのか?
本来的な意味からいえば、最高の政治というのは、誰からも褒められず、誰からも咎められず、粛々と行い、名誉とちょっとのお金で死んでいく。
そして、気が付けば国民誰もが自分だけの幸せを手にできるような国になっている。
これが最高の政治ですよ。
だから、政治意識が薄くても、ちゃんとした政治家がやれば問題はないんです。

そりゃ理想はそうだけど、現実は違うじゃん
そう、その通り!!
現実が違うと思うなら政治に興味を持って、正しいように導くのが国民じゃないの?
と思います。

だから、政治意識が薄いのは悪いことではないが、現実がそれを許してないわけです。
しかし、あきらめた口調でただ文句ばかり言ってる、いや文句ならいいけど愚痴しか言わない。
だったら選挙にでればといえば言い訳ばかりでその気なし。
せめて投票くらいはいったらといえば、誰もいないという。

まずは自分が行動をしなければ何も変わらないですよ。
そして政治家として認められない人たちばかりなら、認められる人を説得して選挙にでるべきですよ。
そういった一体感を持ってないのに政治の評論家の言いなりで、愚痴だけをこぼす。

私は正直に言うと結婚する前までは、自分だけ対策をすればいいやと、年金なんか信用してないから個人年金を23歳から始めましたよ。
もう10年以上前にね。
老後の心配もないように手を打ったりしてました。
だから政治家が何しようと、まぁ見てればいいかと。
知らないと対策がとれないから。

でも、結婚して子供ができたら話は違います。
やっぱり税金の無駄使いされれば、子供のためにと思ったことが裏切られているわけです。
それからは腹が立つようになりましよ。

もともと政治に興味もったのは学校ではなく、個人的にいろいろ興味があったなかの一つですから。
つまり、学校教育では政治に興味持たないように教えていますよ実際に。
それは私達の頃からね。
それから20年以上経ち、見事に今花開いて、政治に不信を持っていても興味を持ってないです。

現在、政治の話はまるでダブーのようにネットでも書けない?
書かない?
ちょっとわかりませんが、少なくとも自分なりのやり方で政治に参加すらしない人が多いのは悲しいです。
ますますやりたい放題です。

まぁ、ちょっと長かったと思いますが、読んでくださいましてありがとうございます。
とりあえず、書きたいことかいちゃいました。
何かあればコメントに書いてくれればと思います。

では、頑張って行きましょう!

  1. 2006/07/20(木) 13:05:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

WAS for iSeries サーバー起動までの道のり part3

AS/400、iSeries、System i5のWebSphere Apprication Serverのインストールまでは前回で書きました。
とりあえず、期間があいてしまったので、カテゴリのコンピュータで続いてますので見てください。

で、今回はようやくサーバーの作成と起動に移ります。
ただWAS6.0のNetworkDeploymentは特殊な構成のため、次回に繰り越します。
とりあえず、書ききれない可能性もあるのでWAS6.0BASE/Expressも次回になるでしょう^^;;。

さて、サーバーの作成に関しては二種類あり、iSeriesタスクからか、QSHからになります。
注意点は、Expressの場合は何故かadminconsoleがデフォルトで使用不可です・・・。
なので、いろいろ面倒な設定があります。

ここからは各バージョンやエデション別に説明になります。
と、と、その前にiSeriesタスクの説明がまだだった^^;;。
iSeriesタスクを呼び出すまで
1.CHGHTTPAのCCSIDを00819から00943に直す。
2.QCCSIDが65535や5026の場合はSTRTCPSVR *HTTP SEVER(*admin '-fsccsid 5035')
3.http://host_name:2001/

文字化けやCCSIDなどに気をつけてADMINをあげてください。
それから3.にアクセスするとiSeriesタスクが表示され、一番上のリンクが作業するページになります。

WAS5.0/5.1Express
こちらは基本的にQSHから作るのはおすすめいたしません。
できないのではないですが、あくまで緊急避難的なものや問題判別に利用してください。

まずはiSeriesタスクの最初のリンクに入るといろいろタブがでてきますが、一番最初は管理タブでしょう。
そしてフレームで分かれていると思いますが、左のメニューにサーバーの作成があるので、それをクリック。
そうすると右側に作成ウィザードがでます。
次へとすると、WASのバージョンが指定できますので、今回であればWAS5.0EXPRESSかWAS5.1EXPRESSを選択して次へ。

まずはサーバー名を入力、つぎにHTTPSVRとの連携で新規で作るか、既存のにするかを選びます。
これは特にどちらがいいというのはないので、もしなければここで同時に作ってください。
次は画面が分かれて、既存を選んだ人はHTTPSVRの選択、新規の人はここでHTTPSVR名とportを指定します。
よく勘違いされるのは、ここではまだWASのportを指定してない事に注意。

次へで初めてWASのPORT指定です。
だいたい11連続で数字をとるので、事前に開始番号を調べて空いてるところを使ってください。
5桁が推奨となっていました。

後はだいたい次へだけでいいと思います。
そして完了すれば作成に入ります。
2,30分でできないとやめてしまう人がいますが、これは時間が非常にかかるので気長に待ちましょう。

できあがったらページが移動してアプリケーションに画面に行きます。
すると左上の方に開始ボタンがあるので開始してみましょう。
5250からWRKACTJOBでみるとQASE5かQASE51の下に、さっき指定したサーバー名でJOBがあると思います。
もし、あがらない場合は前提条件をもう一度確認してください。
特にCFGTCPでのトラブルは多いので。

実はBASEやNDも同じようにしてできます。
NDの場合はさらにaddNodeなどがあるので、こちらは割愛します。

どうです?
簡単でしょ??(笑)。

  1. 2006/07/19(水) 17:33:00|
  2. i5関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

身勝手な自己責任!?

元ネタはこちら

さて、上の記事は読んでもらえたであろうか?
おそらく読んで感想は大きく二つ。


そうそう、そういったことを守れないからだんだんルールの低下を招き、しいては殺人や事件へと・・・云々。



はぁ? バッカじゃない?。そんなのいいに決まってるじゃん!。他のところで守って迷惑かけなきゃいいんだろ!


おそらく大別するとこの二つ。
しかし、だいたいの人は中間の意見になるのではないだろうか?


まぁ、確かに信号無視はよくないけど、左右見て大丈夫ならいいかな?・・・


つまり、大手を振って渡る事はないが、これくらい大丈夫じゃない?
というなんともお粗末な意見。
どうも、最近の一連の報道や、加熱する情報合戦の問題などに結び付けたくなくてもつけたくなる。

しかし、そういった大人達のちょっとした自制心のなさは子供が見てるという事になんで気が付かないのか?
一回だけですまそうとか、まぁこれくらいはという気持ちはわかる。
わかるけど、やっぱりダメなものはダメなんじゃないの?
もしこれで引かれたら、全部引かれた方の責任ならね、自己責任でいいけどさ。
世の中そうなってないじゃん。
赤信号を渡った人をはねても、はねた方の責任が問われるし、ましてや歩道ではないところで引かれたら前方不注意になるんでしょ?
車社会の前提は、信号を守り、歩道を渡るルールがあるからなりたつ。

なんでこんなに固執するのか不思議な人もいると思うけど、人なんて一つ自制心がなくなればガラガラなくなっていくんですよ。
どんなに誠実に見える人も一度甘美な罠にはまれば簡単に落ちてしまう。
万引きでも触れたけど、たかがやこれくらいから人間は崩れていくんです。
政治家なんてこれの最たる厚顔ですよ、ホント。

もともと両親がそういった人なので、警察を怖がるのはおかしい。
背筋を伸ばして生きていれば警察なんて怖くないという発想。
まぁ、間違いじゃないけど、それにしても随分と高圧的な物の見方だなと。
でも、間違いじゃないけど、そう、けどのところが問題なんです。
そこで、後ろめたさを抱えるか抱えないか。

ただ、両親も聖人君子ではないので、いろいろ矛盾はあったものの、それは価値観や世代のギャップだったから、今回のような事とは違う。
つまり、犯罪とされているものに軽いも重いもないという発想。
これって非常に大事なんじゃないの?
自制心は日本の美徳だったはず。
どこから消え始めたのか?

子供の頃によく思ったのは、大人は言い訳ばかりでルールを守らない。
ただ、両親を除いては(笑)。
そこで、私は守る方を選んで生きてきた。
全部はできないけどね^^;;<やっぱり弱い

できる範囲でルールは守る。
そこから、必要のないルールを見つけていくのが本当じゃないのだろうか?

私は作詞をしていて、よくネットなどでも感想というなの批評してました。
そこでみなさん勘違いしていたのは、自由なんだから何をどう書いてもいい。
俺の気持ちに嘘はないみたいなこといいます。
それは間違いで、作詞にはちゃんと型もあるし、曲をつけやすくして作るのが先。
もし、曲の提供をしてくれる人と二人で組むなら、そこから独自性を見出すはず。
それを理解してないから、感情の垂れ流しで満足。
見てる人の気持ちなんて全くなし。

何がいいたいかといえば、きちっとした前提があるから崩しても見栄えがいい。
前提がないのに崩しても、それは無計画なだけでみっともない。
ルールという前提があるから社会が成り立つ。
ルールをみんな無視すれば社会が成り立たない。
こんな基本的な事もわからない人が多いと思う。

確かに実情に合ってない、必要がなくなったルールもある。
でも、それは変えたりなくしていく方法をみつければいい。
なんだか、言い訳いってやぶっても謝らない人はみっともないと思う。
これが時代で片付く問題なら、日本の未来は暗い。

  1. 2006/07/19(水) 12:05:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何故?(綾香ちゃん事件)

iza! (元ネタ)

さて綾香ちゃん事件に関しては前に書いたときは、まだごうけん君だけの殺害容疑の段階で、でもこの人が死刑じゃないとおかしいと書いた。
簡単にいえば、自分の子供を亡くした悲しみが他人にないかのような、ただのわがままだということ。
それで無期懲役はおかしいと思うという話だった。

ところが・・・。
ネットでも相当噂になっていたが、畠山容疑者が綾香ちゃんも殺したという話。
たぶんそうだろうと思っていても、警察の発表があるまでは書かないのが私の主義だから触れずにいた。
だから、今読むとじゃっかん意味合いが違う事になりそうだが、いたしかたない。

でも、これで死刑が確定されるのだろうか?
正直言って、これはごうけん君の両親の頑張りに期待するしかない。
情状酌量の余地は消えたわけだし。

う~ん、今ひとつ謎なのは、何故今回のごうけん君殺害へのいきさつへたどりついたかだ。
幼い頃の経験というのは、実は理解ができる。
私もいじめられっこだったし、そこから脱出するのに苦労したから。
ただ、他の人より負けず嫌いだったからここまできたが。

だからといって、我が子を殺そうと思った事はない。
確かに邪魔な存在とまではいかないが、かみさんに見てもらいたい時はある。
自分が出かけたいとかの場合。
もっとも、それで懐かなかったら嫌だから、露骨にそういった事はしないけど(笑)。
やっぱり我が子はかわいいのだ!

だから今回の事件の背景が単純とは思えないが、どこか納得もできない。
いちいち事件性を訴えたり、TVにも出演したり。
自作自演とまではいかないが、ごうけん君を何故巻き添えにしたのか?
解明されるのだろうか?
それとも精神異常として扱われるのだろうか?

何か根本的なものが抜け落ちてる気がしてならい。
けど、何が抜けてるのかがわからなくてイライラする。
というか、なんでこの容疑者は子供を産んだのだろう?
そこまで疑問に思ってしまう。

ネグレクト的な要素も近所で噂になっていたようだ。
しかし、今さらそんな情報をTVが公開しても後の祭りだ。
なんか、自分達が正義の味方のような報道のしかたはやめて欲しい。
唯一、最近こういった番組ではみのさんの朝ずばはデータを元に話してくれるので見ようと思う。

それはさておき、少子化という問題に直面する私達は、命、特に未成年の命が奪われる事にもっときつい罪の意識を植え付けないといけないのではないか?
人の家庭を簡単に見れないわけで、その影に隠れた児童虐待の存在を減らすためにも。
なんだか聖人君子のような言葉に聞こえるのだろうか?
未成年の命を奪う事に罪の意識がないなんて、社会としては異常だと感じるが。
正直いって、殺意があって殺し、偽装した人は一人でも死刑でいいんじゃないかと思う。
情状酌量は無期懲役くらい?
場合によっては20年とかね。
過剰防衛で7,8年かな?
いや、これもケースによっては20年とか。
まぁ、この当たりはいいや^^;;。

少なくとも畠山容疑者はごうけんだけでも死刑決定にして欲しいが、我が子を突き落として殺した罪として死刑決定だと思う。
死刑に関しては同じ場所から突き落として殺して欲しいくらいだ。
どんなに冷たく苦しかったか。

やはり子供は大人を見て育つが、大人が言い訳がましい事ばかり言ってるからダメなんじゃないのか?
と、昔から思ってきた。
自分の両親をみても、かみさんの両親をみても、人として尊敬できる人達だ。
だから、殺人で罪が重くなるのは一向に構わない。
今のところ必要のない事だから。
いや、一生必要がないような生活を今後も送りたい。
そのためには自制心が必要だろう。
それは両親が教えてくれたことだから。

  1. 2006/07/18(火) 14:36:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

国というものについて

http://barclay.fruitblog.net/?44b8961d281ce

またデンマンさんのブログから琴線に触れた記事があったのでとらばって参りました。
毎回、たとえ意見は食い違えど、新しい視点ということから勉強になります。

さて、国という事はいったい何なのでしょうか?
少なくとも日本という国に生まれた私達はあまり国を意識しません。
せいぜいスポーツの代表の時くらいじゃないですか?

サッカーやバレーボールなど、今年はWBCがありましたし。
オリンピックなども日本が金メダルをとれば、国中が沸きあがる。

じゃぁ、それ以外で国を意識するとなると、近年では韓国・中国への嫌悪感の植え付け報道や北朝鮮の問題などから?
何かおかしな事のような気がします。

そもそも国って必要なのか?
それとも実は必要がないのか?
さぁ、どっち??

おそらく必要が多いと思われますが、何で必要なのかを聞けば、どれくらい有効な回答があるのか?
そんなもの当たり前とか、それを論議する事じたいがおかしい、へ理屈だという人も多いと思われます。
しかし、本当に当たり前なの?
それは今の政治家達や官僚でもいいという事なの?
という事なんです。

そもそも国は、本来の目的が明確ではないのです、日本では。
デンマンさんのブログでは、国という存在を否定はしてないし、私も存在を否定する気はありません。
だって、国というのは抽象概念であって、それに固執する理由はありません。
むしろ一つの国=地球という規模が今後の時代は求められていくと思います。
よって、今の国々は地域に変わるわけです。
ただ、とんでも長い話なんですがね^^;;。
それか、宇宙に人が住んで数十年たてば、ガンダムではないですが、宇宙に住む人vs地球の人という構図で一つになるかもしれませんが・・・。

簡単に誰にでもわかる歴史から考えれば、もともと国という概念は今の都道府県に近いものがありました。
そこから広がって今でいう関東とかのレベルへ、そして大和朝廷あたりから日本という国を意識しだした。
ただ今の国と違うのは、国内だけのものでした。
それが本当の意味では豊臣秀吉か徳川家康の頃から海外という意識が生まれて明治で変わったのかな?
ものすごくざっくりで正確ではないですが、日本が海外を意識しだしたのは最近だと思います。

ところが、戦争大好きな人達が領土を広げたいばっかりに、近代兵器を駆使して始めてしまった大戦争時代。
第一次、第二次世界大戦を経て得たものってなんなのでしょうね?
国、日本国として得たもの、なくしたもの、今きちっと清算したもの。
どれもが曖昧なまま、政治家はのうのうとしてます。
だとしたら、国の機能は停滞してると思ってもしかたないと思いませんか?

都合がよい事に今の日本人は国という意識が希薄になっています。
それがあったから島国根性まるだしだったのが、そうではなくなってきてます。
しかし、そこで失くしてはいけないものも失くしてしまっては無意味です。
それは日本の文化です。
風流な感性やもったいないなど、外来語の反対の外出語(って、本にあったけど、これって?)が認められています。
そういったものを大事して、国ではなく日本という地域、国は地球上全てと意識することが大切なんだろうと思います。

実は自分でもあまりまとまってない考えのため、まだ支離滅裂な部分やつっこみどころがあると思うんです。
なので、逆につっこんでもらえると、もうちょっとちゃんと意見としていえそうなんですが・・・。

愛国心なんて植えつけるものでしかありませんが、それをする事が本当に未来に対して必要かどうかです。
個人的には愛国心は自国を理解するためには必要だと思います。
しかし、愛国心だけではダメ。
今はそう思っています。

  1. 2006/07/18(火) 10:13:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

たかが万引きと思うなかれ!

以前に万引きは許せないという事を書いて、そういえばこっちのブログでは書いてなかったなぁと思ったので。
予告通り書いてみよう!
と思ったのでした(笑)。
ネタ切れとは違うので・・・。

さて、常々自分は最近の子供は罪の意識が希薄になり、それが社会の根幹を揺るがしている。
そういってきてますが、これは経験によるものです。
何故なら万引きという軽率な行為がどれだけ人を苦しめるか知ってるからです。

私は東京都下の田舎町の小さな商店街で育ちました。
両親は八百屋をしており、現在はやめましたが、その商売を目の前に見てきました。
万引きはうちでのことではないのですが、商店街で本屋や文房具などもあるので、当然狙われます。
30年以上も前の環境では監視カメラや機械的な万引き防止策なんてないし、全部店番の人のヒューマンパワーのみ。
ただ、うちの商店街では直接被害があったわけでもない。

実は隣町というほど近くはないけど、父親の関係で車で20分くらいの商店街とも個人的な付き合いがありました。
そして、その商店街の雑貨屋、まぁ、コンビニの代わりみたいなものですかね?
そこは格好の万引きスポットで、いつも悩んでいたそうです。
ある時、その店で集団万引きというバカな奴等が行った事でその一家は商売がなりたたずに・・・。
一家心中しました。

みなさんは簡単に自分だけが万引きしてもたいした事ないと思ってないですか?
もしそうなら、それはあまりに浅はかで、商売をしらなすぎます。
例えば八百屋は売り上げ金額はそこそこでるんです。
毎日胃の中に消えるものを売ってるから、買いにきてくれるわけです。
ところが、利益率が3%~7%って知ってますか?
場合によっては1%にしかならないんです。
じゃがいものMを4つ一袋120円くらいで3.6円ですよ。
多くて8.4円しかでません。
そのうち袋代が1.2~1.6円引いて見てください。
利益なんてそんなものなんです個人商売って。

雑貨などはまだ利益率が高いですが、逆に言えば入る利益が持っていかれるんです。
自分ひとりだからって思っても、そう思う人が他にいるとどうして気が付かないのか?
結局、心の甘えに負けただらしない人間がいかに多いとどうして気が付かないのか?
自分が万引きできるということは他人もできると考えられないのか?

わかりますか?
たかが万引きって思ってる人達に、1ヶ月でいいから自分で商売を手伝わせて、どれだけ苦労して人間関係を築き、リピーターを作り、少ない利益を重ねていくか・・・。
自分の両親が目の前で働いてる姿を見てきた私には、こういった万引きという行為は許せません。
ましてや、知人が一家心中するような状況を知ってるだけに怒りすら感じます。
その家には子供が二人いて、小学校3,4年と幼稚園だったと記憶してます。

出来心じゃ許されねえんだよ凸(▼皿▼メ)

あびる優が簡単に言っていた事を本当に後悔し頑張っているなら多少は許せますが、基本的にそれを流したTVという大人たちの認識の甘さが腹立ちます。
仮に流さなければあびるが反省することはなかったかもしれないが、そんな発言を誰も怒らずに笑っていたという。
いったい罪の意識はどうなってしまっているのか?
私は周りの大人達に腹が立ちます。

こういった経験と、私も八百屋でご近所という感覚があるので、自慢じゃないが万引きは一回もした事がない。
できるわけがないでしょ?

あえて子育てとしてあげているのは、子供にどうして万引きがいけないのか?
人のものをとるのはいけないというが、子供同士で集まればそんな事はわすれて子供の論理で万引きしようとするでしょう。
その一回で、スリルとか連帯感とかのせいで人が悲しむ事につながると教えてください。
やってはいけない事なんだと教えてください。
そして、万引きに罪の意識を与えて下さい。

当然私は我が子に教えます。
かみさんにも話してます、この話。
たった一回の過ちで取り返しのつかない事につながっているんだと。

人の命の大切さも教えるなら、こういった基礎的なところも必要と私は考えています。
何故?
子供の無邪気な質問になるべく答えられるようにしようと思っています。
ある程度、年齢は考慮しますが、大切なものを教えられるように自分も頑張っていきたいと思ってます。
そうは言ってもなかなかうまくいかないのが人なんですが・・・。

過去に万引きをしたことある人は、罪悪感を感じてから立ち直ってください。
誰でもやってるとか、しかたなかったなんて言い訳はいいです。
現に私は万引きをしようといわれた人たちとは一切てを切っています。
もし、俺に話した通りの事が起これば警察に連絡すると言って。
そんな事で友達になるような人はいりません。

罪は消えないんです、それを感じる人にとっては。
感じないから簡単にできるんです。
たかが万引きなんて軽い気持ちだったら反省して下さい。
商売を一生懸命してる人たちにあまりに酷い仕打ちしてるんだと。
そして、子供にはしないように教えてください。

これは読んだ人へのメッセージでもあります。
お願いします<(_ _)>。

  1. 2006/07/14(金) 09:53:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

FIFAランキング 日本49位!

元ネタ

今回のFIFAランキングは過去8年から、もっと現状重視という事から過去4年ということ。
日本にしてみればジーコJAPANのランキングなわけだ。
もっともトルシエの場合はホームという事もあったわけで、これは除外した方がよさそうだ。
トルシエの前は何位だったのかわからないけど、49位より低いそうだったから、妥当な順位かな?

すでにドイツ戦からサムライブルーをすっかり応援する気がうせてたのでもっと低くてもしょうがないと思う。
確かにブラジルに引き分け、ギリシャに勝ち、ドイツと引き分けなど上位国と健闘した事はあるものの・・・。
あまりに全体として弱かった気がする。

そもそもW杯の予選敗退でも敗退のしかたが悪すぎた。
あんなみっともない負け方しておいて、30位以内はありえない。
ようやく妥当なランキングになったわけだ。

特に過去4年にしたのはFIFAの英断だろう。
これは強豪が常に強豪でいるための目標としてギリギリのライン。
通常はどこの国も、4年後は今集めたメンバーと半分は違う。
ブラジルは別ね(笑)。

ジーコは確かに最初とは実は全然違った。
しかしアジア杯で優勝したのが痛かった・・・。
あれがなければ、もしかするとW杯ではもっと上位にいけたかもしれない。
あれでジーコが確信してしまった気がする。

まぁ、おそらくこのままオシムが代表監督で、2年後は後進に譲るか、続投するかは不明だが、いずれにしても30位以内に戻してはくれるだろう。
日本のサッカーは決して弱くはないはず。
強くもないけどね^^;;。

オシム曰く「日本の日本による、日本のためのサッカー」を探すところから始めるという。
私はずーっと前の頃からそれを書いていた。
だからFWの鈴木が好きだったし、今は巻が気に入っている。
日本のサッカーは中村のような技術に頼るサッカーではない。
走って、走って、何でそんなに走れるの?ってくらい走って、泥臭くゴールを決める。
でも、中村のような選手は一人欲しい。

今回の中盤は人が多すぎるし、中田と中村は一緒にチームとしていてはいけない。
どちらかを落とすのではなく、二種類の代表ができたはずということ。
もうジーコJAPANができて最初は違和感だけだったけど、アジア杯からわかってきた。
そして今は中田がいない。
オシムは中村を切り捨てて松井中心でいくようだが、これはなんとも言いがたいところ。

小野か稲本もどちらかで十分。
両方はいらないと思うし、今後はここに新しい選手がくるだろう。
川口にかわるGKは誰かいるのか疑問だけど、オシムは考えてるに違いない。

日本のサッカーの原点は走るサッカーだ。
そこにオシムは「考えて」を付け足した。
考えて走るサッカー
これほど魅力的で日本的なものはないと個人的に信じる。

黄金中盤は結局幻と終わった。
4年後はきっと最後まで応援してると思うような気が、今からする(笑)。

  1. 2006/07/13(木) 11:31:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ミサイルばかりに気をとられていいの!?

ミサイルは確かに異常なほど騒ぎすぎ
といえば非国民だ! 何を言っている!!
とか騒ぐ人もいるかもしれないが、騒ぐのはいいが、騒ぎすぎはどうかと思う。
現状の日本でミサイルだけに集中するのはおかしい。

もっと身近で当たり前のように起きている殺人。
将来の不安を抱えた年金。
嘘の名称をもった障害者自立支援法案という問題。
その他、あげればきりがないくらい国内の問題だってある。

最近のマスコミはどこのチャンネルも同じ事を同じ視点で放映している。
中には情報操作や、右寄り、左寄りという人もいるが、それにしても話題の中心が貧弱このうえない。
20歳の女性が数十件放火していたり、子供が親を金槌で数箇所たたいて殺したり・・・。

年金に至っては未だにもらえるのか、もらえないのかわからない始末。
さらに新しい事実で、昭和40年代にオンライン化した時に支払ったはずのデータが入力ミスなどで、支払ってないという事にされてる人がいる。
しかも、支払い証明は国民にあるっておかしいだろ!
こんなずさんな社会保険庁って、存在自体が無駄遣いと言われてもしかたない。

全くといっていいほど取り上げられない、障害者自立支援法案。
とにかく一割負担が欲しいばかりに強引に通して、各市区町村や作業所の人達はてんてこまい状態。
そもそも、彼・彼女達に社会基盤を与えていない政府は一割負担の意味が全然わかっていない。
これを苦に自殺した障害者も現れ始めているという。
自立支援といってるが、何をもって自立なのか明確でない上に、障害区分を一まとめにしたがためにいいかげんなアンケートを作成。
そこから十分なサービスも得られない人達は社会に進出できないではないか!
順番が明らかに違う。
とはいえ、どうにもできない・・・。

ガソリンは次々値上げしている。
それは中国の爆食のあおりだったり、アメリカの策略だったり。

消費税だって問題がある。
特定の金額でなかったりしてるのをご存知だろうか?
全くもって不可解な政治家ばかりである。

確かにミサイルは大事な問題だ。
だが、それ一色でいいわけがない。
時間はたくさんないのだから、同時に国内の問題にも目を向けるべきではないだろうか?
そういった意味ではネットはいろいろ教えてくれる。
これはこれでいい事なんだと思う。

  1. 2006/07/11(火) 10:21:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

中田の生き方が正しいの!?

最近のマスコミの風潮はおかしい。
中田が自分で判断して29歳という年齢を特別に見立て、彼の生き方はいかにも正しい的な報道が多い。
これってどうなのよ?

別に自分の人生設計を持ってる人はたくさん世の中にいるし、彼だけが特別じゃない。
個人的には私もだいたいの設計をたてて、そのとおりに生きてきたし。

ものすごく特別のように扱っているけど、そんなに特別じゃないと思う。
確かに具体的にというと多少は少なくなるかもしれないけど、それでも結構いるんじゃないの?
学生時代から遡れば減るかもしれないけど。

なんか、今回のマスコミの取り上げ方ってニートとか、社会で働かない人達へのあてつけみたい。
そこまで考えているどうかも疑問があるけど、心の底でそういった感覚が見え隠れしてる気がする。
それに、立派というだけと、どうしてといちいち掘り下げる必要があるのか?
プライベートなところで反感買った日本のマスコミは自戒がなさ過ぎる。

自分の将来を設計するのは大変で勇気がいる事。
ただ、決断できずにずるずるしてる人が若者のような扱いは不当だろう。
そんなに日本人は腐ってないと・・・、う~ん、割合的にいえなくなってきたのかな?
一種の警鐘なのだろうか?

それにしても宮大工の修行中の人に中田について聞くのもどうかと思う。
職種の特定さが違いすぎる。
配慮もないインタビューだと感じた。

どうでもいいことなんだけど、ちょっとひっかかった。
中学生から大学や先の就職、就職してからはもっと将来や老後の設計をしてきた自分にとって中田の決断は特別じゃない。
そういう人って、結構いるんだと思うけど・・。

  1. 2006/07/10(月) 15:22:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

絶対に許せない!(彩香ちゃん事件)

どんなに悲しい出来事や、つらい出来事でもこの母親だけは許せない。
何故なら自分の子供が亡くなった気持ちは他人も同じはずなのに、それを無視して自分だけが悲劇のようなことをしたからだ。
そもそも警察の対応が悪かったのはわかる。
不信感もあっただろうし、どうすればいいのかわからないという事も想像もできる。
だからと言って他の子殺していい理由にはならない(▼皿▼メ)ノ

だいたい身勝手すぎる。
何故この母親に殺されなければならないのか?
自分と同じ立場になる母親の気持ちがどうして想像できない?

はっきり言って情状酌量の余地はない。
断固としてない!!!
もしそんな事が認めれれば、日本の司法は腐ってる。
いや、間違いで腐りきってる。

先に誤解されるといけないので書くが、仮に殺された子供が両親がいなくて施設の子供だったとしても許せない。
預かってる大人たちも親と同じように悲しい出来事だからだ。
今後は裁判されて結果がどうなるか気になるところだ。

前にも書いたが、人一人の対価という事で三人で殺人者の死刑が確定する。
これっておかしいと思う。
今回のように子供であった場合は個人的にはマイナス対価のはずだ。
この母親が将来社会に復帰する事が本当に正しいのか?
何もわからない子供を絞め殺すような、そして他人を思いやれないこの母親を死刑にできない判例でいいのか?
本音でいえば、でてきたら同じように絞め殺してやりたい気持ちが殺された両親にはあるだろう。
もっとも、マスコミは今回自重して両親のインタビューは控えている。
これはいい事だ。

最近は子供が簡単に親を殺す。
これは死をあまりに簡単に考えすぎている。
子供の教育がなっていないと思う。
もう後戻りできないほど、大変なことをしでかしているという認識が欠如している。
この母親に至っては自分のことばかりで他人はどうでもいいようなところがある。

自分も子供がいる身だから、こんな母親に殺されたら復讐しかねない。
たとえ法があろうと、我慢の限界を超える事件だ。
ミサイルが飛ぼうが、韓国と中国と仲が悪かろうがこっちの問題の方が私には重要だ。

今回の事件を受けて警察は再度検証を始めたという。
どうも前回と同じ管轄所がやるらしい。
これもおかしな話である。
引き金を引いておいて、今更何をするのか?

もっと専門的な事故調査委員会があるのだから、そっちがやるべきだろう。
警察もあまりに適当な対応をしてると思われてさらに不信感を募らせるばかりだ。
確かに冤罪を回避するために簡単に死刑にしないのはわかる。
だが、全てが冤罪なわけではない。
それを考慮した判決も出せない裁判官はいらないし、下手にかばって減刑だけが勝利のような弁護士も許せない。

今回の事件をきっかけに法律の見直しをして欲しい。
罪の意識が軽すぎる世の中は本当にいいのか?
自由をわかってない子供がわけもわからず人を殺してしまうような社会はいいのか?

我が子にはきっちり教えたいと思う。
命は大切であると。
人を傷つけるというのはどういうことなのかという事を・・・。

  1. 2006/07/10(月) 10:17:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ごり押しか?  それとも正当か? 北朝鮮ミサイル問題2

単純に続きの話。

さて、この困ったちゃんの北朝鮮に韓国はこれまで以上に融和政策(太陽政策)をすすめたいという。
前にも書いた通り、どうにかしたいがどうにもできないのは日本だけでなく韓国も同じらしい。
ただ、内向きな韓国に対し日本はそうはいかない。

前回の最初にも書いたが、韓国にも配慮したなかでせいいっぱいの制裁をしている。
しかし、正直言って、わからなくはないがやっぱり韓国は身勝手に感じる。
その理由も前回書いたとおり、戦争なら日本とだけだろうし、自分達には関係ない。
世界中がそんなに騒ぐことはないだろうという読みがあるように思える。

ところが韓国の国民は愚かではなく、今回の北朝鮮のミサイルは不当なうえに、過激な表現(と個人的には思わないが)で”米や肥料の対価がミサイルだった”というマスコミもある。
ちょっとミサイルとは反れるが、その前の韓国人拉致被害者のしらじらしい会見も影響してるようである。

今回のような大事になった背景が北朝鮮は意外だったに違いない。
それは韓国も同様だろう。
まさか国連にまで話が及ばないというところから打ったと思われる。

つまり、適当な正当性を納得まではいかないまでもぶち上げ、アメリカから支援、もしくは金融の制裁の解除を取り付けられると思った。
はたから見ればただのゴリ押しとしかとらえられないのにである。

当たり前だが正当性はない

それでも韓国は正当性を多少曲げてでも認めて太陽政策を行いたい。
しまいには自分達の立場を棚にあげ、日本に泣きつく始末である。
ブレーンはこんな事も言っていた。


今回の事を理由に日本の軍事化、アメリカの攻撃に正当性を持たせるような事はしないで欲しい。
我々は戦争を回避するために努力している。
その邪魔をして、北朝鮮を刺激するようなことはしないで欲しい。


これを泣き落としといわずして、なんといおうか?
先に同情はすると書いたが、この事でカチーンと来た。
軍事化の理由にするなとはどういうことなのか?
そもそも北朝鮮の外交に問題があるのだから、ある程度、特にMDは攻撃のためのものではないので日本にとっては必要なものだ。
それを韓国に否定されるおぼえはない。
確かに核を持つのは問題と思うが、そんな事は言ってない。
それにアメリカだって攻撃するとは言ってない。
というか、イラクとイランでこれ以上北朝鮮に関わりたくないのだ。
だから遠巻きに国連という手段にしてるわけだ。

もし、本当に将来を見据えて同一祖国のもと、国家統一をしたいなら北朝鮮に妥協してはダメだ。
そんなことも政治家はわからないのだろうか?
どこの国も政治家はダメなんだなと思わせる一幕だった。

もし、韓国が太陽政策を国民を無視して行うようだと、韓国がやばい。
その矛先を日本を非難し、日本のせいにしたいのではないだろうか?
だからEEZに入ったりという複線を張った気がする。

この先の韓国の動きは注視しなければならないだろう。
そんな事を考えさせられた番組だった。

  1. 2006/07/09(日) 22:12:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ごり押しか?  それとも正当か? 北朝鮮ミサイル問題

元ネタ

今朝の番組で韓国のブレーンという人がでていたので興味深く見ていた。
実際に考えてみれば、個人的に今回の日本の行動はちょっとだけ手ぬるいと思うが、ただ、国際社会の中でまじめに動けばこれしかないと思われ・・・。
外務省としても、できる限りを尽くしたととってとれない事もない。

ようは、一番の問題は韓国と中国、特に韓国だ。
そこでTVの話につながるが、その人はかなり苦渋の決断という事から日本人に理解して欲しいと言う。
でも、それなら竹島の問題を引っ込めてくれ!と内心は思うが、まぁ話がそれるから割愛する。

さて、このブレーンという人の話をまとめると
1.厳しすぎる処置は決してプラスにはならず、融和することで少しずつ改善する
2.韓国は実は日本やアメリカと違って一番の危機にさらされている国だ
3.いずれ民族回帰のなかで一つの国になるための準備も必要
たぶん、他にもあったような気がするが、私の印象に残ったのは以上だった。

で、なんで印象に残ったのかといえば

1.あまりにも自国だけしかみてない身勝手さ
2.親戚でどうしようもない人だが、離別する事ができない可哀相さ

なのである。
さきに2.から触れよう。

私の親戚でも本当の困ったちゃんがいる。
お袋のお姉さんなのだが、さらに困った事に、この人のだんなが縁で、今のかみさんと結婚できたのだ。
だんなさんはいい人で問題はないのだが、困ったちゃんのおばさんが・・・。

詳しくはかかないが、一つ例をあげると、結婚して初めての正月をうちの実家で迎えるのに帰ると、このおばさん達がいた。
まぁ、縁だからいいかと思っていたが、顔を見に来たといってる割に帰らない。
かみさんの事を考えれば、見合いであった家族だから普通より気を使ううえに、さらにおばさんがいるのである。
一応、自分も家族水入らずで過ごしたいわけで、2,3時間いるのはいいが、なんと夕食を食べて帰るという。
(`Д´メ)なにいってるの!

遠回りに帰ったらといえば気が付かない。
なのではっきり、「もうそろそろ私達の家族の時間ですから。お帰りになったら?」といった。
そこでキレたおばさん、ギャーギャーでこっちもプチーン。
結局おじさんが引き取るように帰ってくれたが・・・。

何がいいたいかといえば、このおばさんは
「私がだんなに○○を紹介したらと勧めた」
「小さい頃は面倒みてやったのに」
など、嘘を並べてはいいがかりをつけるわけである。
北朝鮮の外交となんら変わらない、いや、もうちょっとおばちゃんは幼稚ではあるけど^^;;。

さて、このおばちゃんとは個人的には数十年にわたる積もった感情がこの時に爆発してしまったし、もう会いたくないわけである。
ところが、お袋の姉ということから実家にくるのである。
もっとも最近はこないけど(笑)。
この姉は実は兄弟姉妹からも敬遠されて、うちのお袋だけが唯一の交流がある人なのだ。
だから切るに切れない縁なのである。
そう、北朝鮮と韓国のように・・・。

そこで1.につながるわけで、このどうしようもない隣国に対して簡単に縁を切ってもいいものか?
その時の仕返しは何倍にもなって返ってくるのではないか?
だったら多少は歩み寄っとけば、うちの国は大丈夫ではないか?
そういった読みが韓国にはあるらしい。
つまり他の国なんて攻めようが攻めまいが、所詮日本くらいだしいいか、と。
それでアメリカにやられてしまったら、適当な理由で韓国はアメリカに歩み寄ればいいか、と。

論理がうちむきだが、これは困ったちゃんが親戚にいたり、友達で「本当はいい奴なんだけど」といいながら不満があるのにつきあってる人などは、このうちむきな発想の切なさはわかると思う。
どうにかしたいが、どうにもできない。
おそらく、このブレーンの人はノムヒョンを応援してはいまい。
できる事なら北朝鮮と縁を切りたいのであろう。
行間や顔つきで、なんとなくそんな気がしたが、仕事上許されないらしい。

まだまだ書きたいが、ちょっと時間がなくなってしまって中途半端だが、いったん終わり。
とりあえず、韓国への同情は韓国にすればよしてくれだろうが、同情せずにはいられない。
このミサイル問題はアジアだけでなく全世界の問題へと発展しようとしている。
私達は何を考え、どうすべきか?
答えのない問題を突きつけられた気がする。

  1. 2006/07/09(日) 18:46:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

言葉を覚え始めてる!?

最近はNEWSや政治などのテーマが多かったので、たまには我が子の話(笑)。

先日1歳と2ヶ月を迎えて、はっきりした言葉ではないのだけれども、何かを伝えるために必死にしゃべる。
ま、ほとんど理解ができないですが^^;;。
でも、正直に驚いてますよ!!
自分はいつ頃しゃべりだしてとかって憶えてないじゃないですか。
当たり前なんですが、少しずつ、少しずつこうやって憶えてしゃべりだすんだと。

そこでふと思うのは、言葉使いには気をつけよう
子供って絶対に親を観察してマネするじゃないですか?
これも当たり前なんだけど、でも無意識に汚い言葉使いをしちゃいません^^;;。
やっぱり、自分の子供には憶えて欲しくないわけですよ。

とりあえず、マンマーはごはんというのは憶えたのはいいが、腹時計の正確な我が子は時間がくるとマンマー!!!
親が食べてるとマンマー!!!
喉が渇いてもマンマー!!!

マンマー!!! マンマー!!! マンマー!!!

あぁ~、もう!
とか思いながら、結局かわいい笑顔にやられて甘くなってしまう^^;;。

最近は歩くのも少しずつスペードアップしてるし、ちょっと前まで届かなかったところが届くようになり、あぁ成長してるんだなと(笑)。
こちらの言葉もだんだん理解してるようだし。
不思議だけど、当たり前なんだけど、やっぱり不思議♪
願わくば、食い意地はらないで欲しいなぁ(笑)。

  1. 2006/07/06(木) 11:06:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

命の価値とは?(ヤギ被告の無期懲役で)

元ネタ

これから書くことは非常に賛成も多いだろうし、反対も多いだろう。
ある程度ケースbyケースも考えられるが、極論的なものも含まれる。
過激にもとられるかもしれないが、あえて書く。
ただ、今のままでいいという発想は少なくとも私にはない。

人を殺してのうのうと生きてる奴は許せない

この一点が私の気持ちだ。
別に被害者でもないし、そういった事件が身近にあったわけではない。
残念ながら私には想像力があった。
ただ、ただそれだけだ。

自分も子供を持つ身である事から到底他人事では済まされない。
いつ自分が被害者になるかわからない。
そう考えると、とてもじゃないが無期懲役ではすまされない気がする。

では、死刑なら気が済むのか?
正直言えば、死刑でも気が済むわけじゃない。
本音を言えば、もっと恐怖を与えてじわじわ苦しみぬいて殺したいくらいだ。
何故、我が子を失ったのかを逃れたいから、せめて死刑なのだ。

今回の裁判では何故か日本の犯罪歴で問われていて、更正の不可能性がないという事で無期らしい。
そもそも更正できない事を証明する必要があるのか?
幼い子供の命と、あきらかな犯罪者(冤罪ではないということ)の命が1:1ではないというのがおかしくないだろうか?
もっとも幼くなくても個人的には1:1であると思っているが・・・。

何故、無期懲役なのか?
その上が死刑なら死刑でいいと思うが、どうなのだろうか?
疑問だらけである。

いやむしろ憤慨に近い。
前に私は、最近の日本人は罪の意識が薄いから、犯罪に関してもっとレベルをあげるべきだと書いた。
つまり、万引き程度という発想をなくすため、万引きでも罰金100万か懲役1年くらいあってもいいと思う。
何故なら私は万引きなんてしないし、必要がない事だからレベルをあげられても痛くも痒くもない。
前の日記(ブログではないところ)で万引きに関してはかいたが、ここで書いてない気がする。
気が付いたら書いてみる。

そもそもなんで日本は無期懲役なんて中途半端な刑なのだ。
累積で懲役200年とか作ればいいじゃないか。
人一人殺してだいたい10年~15年ででてこれるというのは納得できない。
ましてや怨恨や、やむにやまれぬ理由もない。

数年前に猪瀬さんだったかな?
人の値段というテーマでTVで
「人一人殺すも、二人殺すも一緒だ!」
ってセリフが嘘であるという事をやっていた。

それによると、判例の統計をとると2.3人(数値は2.?だけど確か・・・)だったと思う。
だいたい3人で死刑になるそうだ。

ありえねぇ凸(▼皿▼メ)

と、当時に思った事があった。
日本は犯罪者に厳しいくせに犯罪に甘い。
人としては逆じゃないのか?
犯罪に厳しく、犯罪者に甘いならわかる。
つまり、人を一人殺したら死刑だから、それ以外ならば刑期を終えた者には罪を償った事になる。
理想論であり、私がどうこういう問題ではないのかもしれないが、でも罪の意識が薄いヤギがやっぱり無期懲役は納得できない。
かといって、復讐も許されない。

親の立場から見ても、どうしようもない虚無感に包まれるだろう。
幸せを奪われた人の保護をもっと考えるべきときじゃないのだろうか?
それとも、自分は大丈夫、関係ないと言い切れるのだろうか?

個人的に死刑廃止論ではないが、それも一つの選択肢だと思う。
ただし、その場合は実質的な死刑に値する、罪の累積をしてほしい。
実質500年とかね。
でも、税金で飼い殺しするくらいなら死刑も正直ありだろう。
そうじゃないと、罪の意識が揺らぐと思う。

  1. 2006/07/05(水) 17:22:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

ミサイル、あまり触れたくないなぁ・・・。

今朝のNEWSはどこもかしこもミサイルの話。
北朝鮮が3機? 5機? 発射して日本海に落ちたそうだ。
テポドン2も発射台からなくなってるとか、情報が錯綜してるようだ。
本当は情報がある程度確定してからと思ったけど、まぁ内容的にたいして差がないから書いちゃおうと(笑)。

解説者曰く
「北の崖っぷち外交の最後の切り札で、最悪の手法」
「これで国際社会から反発をくらう」

正直、これ本当なの?
北朝鮮にしてみれば、最後の手段は戦争しかけて自滅でしょ。
そこまでバカじゃないような事を言う人が、私はありうると仮定する政府は、少なくとも正しい国の姿だと思う。
ただ仮定だけして、その先が見えないけどね^^;;。

とりあえず、今回のは発射台にのせただけじゃダメだったから、打ってみました~^^/。
じゃないの?
それほど大騒ぎすることじゃないし、正直言って、こんなことくらいでぎゃーぎゃーわめきたくない。
無関心も問題はあるが、過剰に反応するのもどうかと。

国際社会が反発して、何してくれるの?
ロシアや中国は結局かばって、口先のお約束ではいおしまい。
経済制裁?
やるわけがない(笑)。
ロシアも中国もまだまだ北朝鮮は使える駒だもん。

だいたい、どこが北朝鮮に対して制裁をするの?
すでにアメリカは独自にドルの事でやってるじゃん。
日本の制裁なんて格好だけで効果は期待できない。
そもそも、北朝鮮の船入れてる時点で何したってダメ。

本気で北朝鮮と事をかまえたければ、中国やロシア経由の物資やお金を止めないと。
それが難しいから拉致問題の解決の糸口も見つからないわけだし。

そもそもアジアに目を向けてる国はアジア以外にあるのかね?
正直、ほとんどないんじゃない?
イスラエルも人がどんどん死んでいき、イラクも結局立ち直ってない。
イランとは緊張状態だし。

そんなわけで、正直言えばあまり書く気になれなかった。
たぶん、痛烈な批判を期待してると思うんですがorz。
ここまでやった北朝鮮は、戦前の日本と限りなく近いですよ。
追い詰められて、追いつめられすぎて、自らの首をしめているけど、本人達は気が付いてない。
いや、気が付いてないフリをしてるだけだろう。

これで騒げば、それだけで北朝鮮は今回のミサイル発射は意味がある事になる。
ようは駄々っ子がイラズラして親の目を自分に向けたいのと一緒。
今回のミサイルの件はアメリカがビシッ!!!って怒って終わり!!
それでいいと思う。

そんなことより、もっと大切なEEZの問題が韓国から投げられている。
あいつらもかなり強硬だな。
というより、頭いいよ。

あえて感情的に書くと、あの地域で韓国はつい20年くらい前に日本人の漁船沈めているんだよ。
国際紛争に発展を恐れた日本の外交に、でけぇ態度でのぞんできた。
今回、日本の巡視船が調査船を打ち落としても本来文句はいえたぎりじゃない。

ようは、韓国の国民が北朝鮮に不信感を持ち始めたから、対日でごまかそうとしてるだけのこと。
しかし、こちらは大問題だ。
なんせ、日本の食生活がかかってるということを忘れている。

問題のすりかえは朝鮮人のお家芸なのだろうか?
日本にはもっとしっかりした対応をお願いしたいものだ。

  1. 2006/07/05(水) 09:16:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

中田の引退

昨日の夜から、今日一日かけてブログではこの話題は多くかかれるとわかっていても、やっぱり自分もかきたい(笑)。
今回のW杯で代表はささやかれていたが、まさかの現役とは・・・。
個人的にはかなりショックです。
今後の代表が心配でなりません・・・。

前回、前々回とW杯にでて、いろんな厳しさを知り尽くし、海外と日本のリーグの差を知ってる。
そして、特に今回のW杯では、中田と川口が厳しい象徴となったが、本当のところどうなのだろうか?
彼らが当たり前で、まわりが甘かったという結果論にならないだろうか?
川口は中田があまりに厳しいからフォロー役になっていたが、おそらく中田と同じくらい厳しい事をいいたかったのではないかと思う。

日本代表は100%全てがかみ合えば、それほど弱くはないと信じている。
それは中田がいたからこそだ。

今、中田を失った時に感じるのは、その分衰退した日本代表を建て直してからレベルアップしなければならない現実だろう。
これは反対する人はいないと思うが、代表における中田は少なくとも存在感も実力もあった。
ただ、ここから先は個人別の考えあるだろうけど、あえて大げさに例える。
今回の代表の戦力を100とした場合に中田が抜けた戦力は60になると思う。
(先に書いたが、この数字の大きさは個人で違うから、自分なりの数字に置き換えて欲しい)
という事は、中田を使えると踏んでいた代表関係者は、40の戦力を持つ人を育てるか、もしくは60しかない戦力を65、ないしは70まで引き上げる必要にせまられる。

それらを頑張って100に戻した上で、上積みの10の110にして2010年は挑まないといけない。
本当に可能だろうかと心配してしまうが、まぁ、日本は不思議な国だからきっと^^;;。

さて、引退の理由を見ると、中田らしいというか、なんというか・・・。
自分なりに行間を読み取りながらまとめると
1.ヒデというブランドが大きくなりすぎた
2.また、ブランドが一人歩きして、自分の手の届かないところにいった
3.よって自分はサッカーが楽しめなくなった
という事なのだろうか?

まぁ、理解できない気持ちでもない。
ただこれだけは言える。
引き際がスパっとしてるだけが美学ではない。
人によってはボロボロになるまでやり続けるのも立派な美学である。
それは選手個人個人の考えであり、尊重されるべき事だろう。

でも、やっぱり惜しい人材を失った感は正直ある。
だから今後の中田に期待したいのは、後輩の育成である。
それからサポーターのサッカーに関する環境整備かな?
nakata.cafeなどをすでにやってるけど、もっと事業展開して欲しい。
また、彼の今後はそういった事に力を注いでくれると思う。
代表監督はやりそうもないけど、日本サッカーの組織には入ってくれ・・・、るかな?(笑)
いや、きっと彼をもう一度ピッチ外でもやって欲しいという声に応えてくれると信じている。

今まで本当にごくろうさまでした。
そして、夢をありがとう<(_ _)>。

  1. 2006/07/04(火) 10:41:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。