じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

石破しげる氏のあまりにまともな話。

核保有議論は公の場で
これは是非読んでもらいたい記事だ。
これだけまともな事が言えるのに、何故なんだ~!
国会ではバカの一つ覚えみたいに、いいか悪いか、くだらない議論ばかり。

これぐらいの論理をもって政策は作られるべきだ。
また、根拠を示す事の必要性はまだまだあるが、少なくともこの反対の理由は納得した。
かなり個人的な見解ではあるが、これに納得できない理由があるならききたい。

これって転載したらダメだよね?(笑)。

ま、そんなわけで、もしよかったら見て欲しいなと思います。
情報まで!

スポンサーサイト
  1. 2006/10/24(火) 15:32:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

核保有の実際について

久しぶりにトラバなしで行ってみよう!(笑)。

昨日は久しぶりにTVタックルを見た。
なかなか面白い(笑)。

そこで核についての議論がなされ、かなり現実と建前の違いが見えたりした。
その中でこういった事が言われた。
日本は核を作る技術はあるが、あえて作らない
というメッセージを出すべきだという。

それが、この間の中川政調会長の発言につながっているようだ。
この発言により、アメリカははっきりと世界に
日本はアメリカの核の傘の下にいる
と打ち出した。
そして中国も本気で北朝鮮への圧力を強めた。
後はロシアだが、彼等は無視したようだ。

ヨーロッパの声が入ってこないのでなんともいえないが、おそらく静観してるだけだろう。
やっぱりもって欲しくないのは確かといえるから。

当然、今の時期に政調会長が言うべきことか?
外相がフォローすべき内容なのか?
そういった意味では、ちょっと言ったもん勝ち的なところはあるが、戦略だとすれば頼もしい限りだ。
ただ、建前上は非核3原則は変更の予定がないというが、そんなものは気が変われば変更されるものである事は容易に考えられ、世界的にもそう思われているという。
信用がないといえばそれまでだが、私は日本の文化や歴史をしらない外国人だから信用されないだけのような気がしてる^^;;。
もっとも、それすら逆手にとった戦略だったら拍手だ。
これにより、確実に日本は世界の注目を浴びた。

まぁ、結論が常にない番組ではあるので、こちらも結論はかけないが^^;;。
石破元防衛庁長官がいった核心の言葉

被爆国だからという理由では諸外国は核を持たない理由にならないと思っている。
よって、まずは核保有ができない理由を明確に説明しなければならない。


これってめちゃめちゃ核心じゃん・・・。
何で国会で言ってくれないの(T_T)。
核保有の反対は被爆国だからでは国際的に通用しないし、自衛隊だってイラクに派遣したことでもっと通用しない材料じゃん。
もっとちゃんとした明快な理由はないのだろうか?

すると次のような回答がなぜか自民党の議員から

もし、日本が核保有国になれば、少なくともアメリカから同盟をなくされる。
その影響と核拡散を防ぐため、貿易と経済制裁される。
これにより、欧州のみならずアジアからも孤立してしまう。

というシナリオが一番現実的なシナリオだから作らない!
らしい。

よっぽど報道番組の捏造情報より役にたつ(笑)。
至極ごもっともなお話だ。

これを受けて勝谷さんとハマコーさん、そもそも非核三原則は標語程度のものだから、変えてしまえばいいという。
もたず、つくらず、でも持ち込むよ
って変えればいいという(笑)。

その最大の理由は、アメリカが日本に核を持ち込んでねぇなんて信じてる国は皆無だからだそうだ。
そりゃー、当たりだわ(笑)。

どうやら昨日の要点は

核の議論は既に口火を切っている。
だからアメリカも中国も本気にコメントや行動しだした。
これを受けて、持ち込まないなんてやめて、アメリカ様のは持ち込むよとすればいい。

という珍しいくらいすっきりした論争が展開された(笑)。

うん、これってかなりまともな発想かな?
自国で開発したり、孤立させられたりするより、一番まともな現実論かな。
こういえばずいぶんと変わるものがあるだろう。

で、ちょっと気になる点として、日本は本当に核爆弾を作る技術あるの?って言う事。
原子力発電所の技術が爆弾に転用できるのかという事なんだけど、どうもこれは本当にできるようだ。
軽く調べたり、昔から情報を整理すると可能のような気がする。

というのも、原子力発電所の技術は核爆発の熱を蒸気に変えてタービンを回す仕組みだ。
これは原子力発電と仕組みでぐぐればキレイなイラストつきでかかれてるものや、自作のイラストで丁寧かなぁ?っていうイラストがある。
で、核爆弾を作るのに、何が大変か知っていますか?
理論的には、プルトニウムさえ手に入れば、私達の身の回りの物でできるらしい。
ただ、理論なので現実では無理らしいが(笑)。

実はウランでもプルトニウムでもいいが、起爆させるだけの爆発物を作るのが実に難しいそうだ。
ダイナマイトではダメなので、それ以上のものが必要という。
核爆弾が小型化が難しい理由はここにある。
つまり、大きな爆発で微量の核爆弾という事になれば、威力がなくなってしまう。
いかに微量の材料を微量なのに大爆発で点火させ、核爆発をおこさせるかだ。

ちなみに、核爆弾は通常の爆発は意味が違う。
原子を高速の中性子で次々ぶち壊していくのが基本。
その時、壊れた質量がエネルギーになり、高温になる。
起爆といっても導線ではないので、イメージと実際をわけて下さいね!

ところで、この原子を壊す作業は大きくする事は簡単にできるという。
核爆弾なんかは、大きすぎて困る事はあっても、予想よりちょっとくらい大きくてもかまわない。
しかし、原子力発電はそうはいかない。
壊すエネルギーをいかに無駄遣いしないように、壊れた時の爆発の制御などかなりの技術がいる。

そう、すでに日本は核爆弾の小型化の論理的な技術を持っている。
となるのである。
もし、核保有をしたければ数回の実験でアメリカなみに作れるんじゃない?(笑)。

さて、核保有の議論の是非、核保有の是非、平和というもの、国というもの、地球というもの。
全てにおいて過渡期になった現代。
将来の歴史におろかな先祖はとか書かれないようにしないとね♪

  1. 2006/10/24(火) 14:49:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

都合のいい逸話はあるけど・・・。

数日に1度、コーンフレークのみ 京都3歳餓死事件

この母親には同じ事をしろ!!!
そういった刑罰が欲しいと切に思う。
子供を取り残してパチンコに興じ、熱中症で殺した親にも同じ刑罰が欲しい。

いったいどうなってしまったのだろうか?

虐待を見抜くのは以外に難しいというのが実感だ。
子供は癇癪で泣く事や、いろいろアクションを起こす。
それが子供の狂言なのか、虐待なのか?
非常に判断しかねるところもある。

今回も相談所を庇うわけではないが、父親にアクションはしてるしなぁ。
そもそも相談所の権限は非常に低いのも事実。
だって、警察ではないし。

警察は結果からしか動けない。
それは怪しいだけで動かれてしまっては、私達の生活を脅かす可能性を秘めている。
だから風邪を引いた後の薬の役目はできても、風邪の予防薬にはなれない。
なってもらっては困るのだ。

相談所はさらに権限がなく踏み込めない。
下手に踏み込んで間違えば袋叩きにあうし、また、私達にも気構えがない。
踏み込まれて間違われても、許せる度量が私達になければ相談所はなりたたない。

今回の餓死の件を読んで、そう思った。
近所では助けを求める声に相談所に頼った。
これは間違いじゃない。
しかし、まずは子供を相談所ではなく、自分の懐に入れる事は何故しなかったのか?
そうすれば子供は餓死しなかったろうし、もしかしたら違った結末だった。

昔、ちょっとした逸話で聞いた話で本当はどうだかしらないが、こんな事を聞いた。

とある東京の学校で、Aさんの子供が
「あのね、お母さん。B君の様子が変なの?」
「どういうふうに変なの?」
「給食は食べないし、ものすごく細いの・・・」
それをAさんの父親が聞き、B君を実際に見てビックリした。
「B君、給食はなんで食べないの?」
と、学校の帰り道で聞いた。
「給食だべるとママにたたかれるから・・・」

これを聞いたA君のお父さんはB家に乗り込み、両親の前でまずは意見交換
A父「なぜこんな仕打ちを子供にする!」
B母「余計なお世話よ! うちの事をとやかくいわないでよね!」
B父「なんだ、おまえは!」
A父「うるさい、B君はあきらかにおかしいだろ!」

結局がたがた言う両親に対して怒髪天を衝いた。
A父「わかった、A君は私達が受ける!」
と言い残し、無理やりA君を連れて帰った。

A君はB君宅で食事をした時にもどしてしまったという。
胃が通常状態ではなく、おかゆなどでなければならない状態だった。
即刻、A君の父親は病院に連れて行き、即入院。

元気に回復しましたとさ。
めでたし、めでたし。

この逸話、実はちょっと抜けてます。

無理に連れて行かれた両親は、子供をとられた後のアクションがない。
回復して、その後どうなったかは不明。

もし、今こんな事をしたら誘拐になってしまうだろう。
正当性は両親にあるのだから。
でも、もし、そうもしかしたら、この後の結末を”よく解釈”すると・・・。


B父「いきなり私の子供を連れて行くのはどういうことだ!」
A父「うるさい凸(▼皿▼メ)、この子を見て何とも思わないのか!」
B父「なんだ、誘拐だろ!」
A父「だったら訴えろ!。お前のような奴にA君はやらん!」

そして、A君はB君の母親に看病され退院。
その後誘拐という事にはならず、A家族はB君を養子にしてめでたしめでたし・・・。

※直したけどあってる??

な~んて事はないだろうな^^;;
誰だって他人に任せたいもんな(笑)。
他人が子供に食べ物を与えれば、たぶん記事の親はいっさい子供に与えず、虐待のみして殺すんだろうな。
その手前でようやく保護されるかどうかだ。

私は他人が虐待を見抜くのは非常に難しいと思う。
もし、虐待を見抜くような情報があれば、見抜かれないように親達はしてしまい、もっと陰湿で危険を伴うと思う。
つまり、情報が人を傷つけてしまう可能性は多分にあるだろう。
これは倫理に訴えるしかないのだろう。

でなければ、逸話の都合のよい解釈まで行動を取らなければ子供を救う事はできない。
これを相談所に求めることは実質不可能だ。
まして、我々のような一般人は経済的な事から不可能だろう。

昔はそういった倫理観、右肩上がりの経済、いろんな要素があったからこの逸話はなりたつ。
都合のいい解釈も含めて。
現在はどうしたらよいのだろうか?

我が子を見て、許せない親だ!
だけでは済ませないようなきがする。
しかし、自分の経済状態ではとても養子にする事はできないだろう・・・。
これもジレンマだ。

その前に見抜く事すらできそうもないし・・・。

  1. 2006/10/23(月) 17:06:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

平和と言ってはいけないのか?

【産経抄】10月20日


いったい、いつから平和を願う事が左翼になってしまったのか?
私は本当に世界が平和にないるなら自衛隊もいらないし、核保有の議論もいらないと思う。
しかし、現実にはそうではない事くらいわかるし、現状では危機として受け止めている。

でも、何を議論にするにしても前提が必要だ。
何が目的で、最終的にこうなるために、ブレイクダウンしていくことが必要だろう。
どうも気になる点として、周辺事態だからとか、切迫した危機だとか、はたまた逆に議論もダメだとか、歴史認識がどうとか言う。
これらの最終的な目標はいったい何なのか?

例えば、媚中議員を排除というが、その先はいったい何があるのか?
排除が目的なの?
それとも日本がそれだけでよくなるとでも?
いやいや、それだけで国際社会で発言権が増すとか?

もっと言おう。
危機迫る状況で、当たり前だが国を守るための議論が展開されている、自民党内だけで(悲しいが)。
しかし、何で国を守るかと言う点は言及なし?
当たり前っちゃーそうんなだが、そのために武器を持つという。
核保有に関しての議論だってあってもいいと思うし、せっかくの機会だ、大いに議論すべきときと思う。
で、その先は?

日本は言霊の国として、未だに息づいている。
しかし、それは否定されるべき事なのか?
どうして言霊に悪いイメージを持つ。
一種の自己暗示だと思えば別にいいではないか。

私はこういった政治に関する内容を書くときに、常に前提がある。
たぶんリピーターの方はお分かりいただいてるだろうと思うが、

・全ての議論は最終的に”地球規模”で平和になって欲しい
・大人は子供の見本になるべきであるし、また子供は大人の悪いところからまねる
・いい人も悪い人もいる。けど、人は楽なほうに流されやすいのが性である
・今は矛盾してる事でも、数年、数十年、数百年で前提にたどりつけるなら受け入れられる


だいたい上記のようなスタンスでいる。
これは個人的な価値観ではあるが、少なくとも常に前提になっている。
だから戦争は反対だし、今の教師には失望もするし、障害者にだって目を向けるようにしてる。

もし、一時的に日本が核を持つ事で、本当に世界的な平和が数十年、数百年後にくるなら私は持ってもいいと思う。
それによるリスク分散をどこまでできるかが鍵である。
いらなくなった核兵器は処分すればいい。
しかし、そうでないならば持つべきではない。

私は確かに左よりの教育を受けてきたのかもしれない。
でも、平和を願うのはそういった事からではない。
自分がもっともかわいいのは誰でもそのはずだ。


自分が幸せになるには家族が幸せじゃなければならない
家族が幸せになるためには地域が幸せでなければならない
地域が幸せになるためには都道府県が幸せでなければならない
都道府県が幸せになるためには国が幸せにならなければならない
国が幸せになるためには地球が幸せにならなければならない

だから、世界が安全で平和に暮らせるためにはどうすればいいのか?
そういった事を考えながら書いている。

正直、右左、タカ・鳩は私にとってどうでもいい区切りである。
今の政治家を見るならならば、何を持って幸せなのかを明確にしてるかである。

そして私は幸せの中に”平和”が入っている。
だから平和とはっきりと言うし、それが悪い事だとはぜんぜん思っていない。
確かに、そこで思考が止まってるならばいけないと思うが、平和=左翼という発想はどうかと思う。
それに、偽りであろうと、時代であろうと、日本は確かに平和だった昭和の後半は事実のはずだ。
それすらも否定される事は私はおかしいのではないかと思う。

同じ状態の平和には戻れない。
ならば新しい平和への道を模索しなければならない。
私はそう考えている。

  1. 2006/10/20(金) 11:57:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

顔の見えない抗議は卑怯すぎる

いじめ誘発の教諭が入院 町への抗議3300件超す
先に書くけど、入院した教師を庇う気はさらさらないので、勘違いしないで欲しい。

今回のいじめは、あまりに反響が大きく、また時代なのか、情報が人々を誘発して怒りに向かわせているのか・・・。
今回のいじめの抗議に関して、逆に文句がある。

何故、役場に抗議する必要がある?
文句があるなら、堂々と顔を見せに町教育委員会に行きなさい!
そもそもこの抗議のうち、関連してる人はどれくらいいるのだ?
部外者は黙っていろ(抗議の事ね)といいたい。

教育委員会は直接関係あるから、多少はしかたないにしても役場に抗議するのはスジ違いもはなはだしい。
役場には教育だけでなく、その町のサービスがある。
抗議してる連中に、その町のサービスを止める権利は
断じてない凸(▼皿▼メ)
考えて欲しいのは、電話やメールによって対応する必要がある事なのか?
ただ、自分の気持ちの憂さ晴らしではないのか?

私はいじめがいいとも思わないし、いじめを率先した先生なんて屑だと思ってる。
また、ブログでいろいろ意見を言うのはいいと思うし、活発になり、それが社会に反映されて、よくなればと思う。
しかし、役場に電話やメールするのはおかしい。
彼等は教育以外にも多くの業務がある。

何故、この問題で業務時間中は対応で拘束され、残業でその日の業務をしなければならないのか?
あまりに理不尽だと思わないのか?
抗議をしてる連中は、逆の立場だったらという想像力があまりに欠けすぎてないか?

こういう集団心理に乗じて自分が気持ちよくなりたいだけで、これも役場をいじめてるのとなんら変わらない。
この根性があるから、いじめはなくならないんだよ!

もう一度いう。
憂さ晴らしに役場に抗議するな!

毎回何かあると、自分は正義の味方ずらして、正当だからとこぶしふりあげる。
これじゃアメリカと何ら変わらない、正義の刃を振りかざす最低な奴だよ。

そうじゃなくて、今回の事を真剣に考えるなら、抗議ではなく、自分の身の回りを考えて欲しい。
自分の住む地域はないか?
自分の子供はいじめを受けていない?
また、いじめをする方ではないか?
先生は大丈夫なのか?

町教育委員会には抗議してもいいとは思う。
今回の事件の中心だし、そもそも抗議を受けないといけないところだから。
そのくらいの分別はつけて欲しいと思う。

こんな事をやってるから子供は何を信じて、何をどうすればいいかわからなくて、簡単に考えれる方にいってしまう。
もっと大人なら、立場や役目、自分の立ち位置を考えた上で行動して欲しい。

これだからマスコミに先生の顔さらすの反対せざるを得ないんだよなぁ・・・。

  1. 2006/10/19(木) 15:45:00|
  2. バックアップ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。