じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

i5のjava 5722jv1 opt8が動かない

現在、i5についてくる「5722JV1 opt8」、32bit jdk1.5、通称J9が全く動きません。
とりあえずR540のみでSF99291 Lv12をあてるとダメになります。
ちなみに「java -version」でJVMが起動すらしない事態です。

これにともなってi5のWASに関して同様なトラブルが発生中・・・。
しかもupdate処理がいつのまにかJ9が優先されてしまい、updateができないというトラブルが発生中。

スクリプトを変えてopt7で動かすこともできますが、確実なのはopt8の削除ですね。
WAS6.1においてパフォーマンスの観点でJ9を使いたいという事はあると思いますが、今はやらないというかできない感じです。

一応回避策はあるようなのですが、うちはJ9を削除する事にしました。
だって、adminもあがらないんだものorz。
adminもJ9優先に変わっているようです。

一応問い合わせをすると累積7282とLv12をあてて、さらにOSの出荷時期にもよるそうです。
なのでopt8を削除する方向に決まりました。

今までのASではありえんよぉぉぉ(;>ω<)/

嘆いていてもしかたないですけどね(笑)。
いろいろ絡んでの問題なので削除という決定は妥当のような気がします。

どうやら問題としての認識は高いようなので意外に早く修正されると思うのですが、こればっかりはわかりません。
できるだけ早くと願うこの頃、取り急ぎ報告でした。

最後に、WAS6.0.2.23からupdateはinstallerがWAS6.1と共通になっております。
よってupdateはWAS6.0でも現象がでますから、削除する方が無難かと思われます^^/

-------------------------------------------------------------------
検索文字列 i5 AS R540 J9 WAS6.1 WAS6.0 update

スポンサーサイト
  1. 2008/01/30(水) 14:40:32|
  2. i5関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

i5/OS WAS6.0/6.1ND 構成方法

AS/400、iSeries、i5/OSでのWebSphere Application Server V6.0/V6.1 Network Deploymentの構成方法です。
V5.1ではなかったhttpsvrのプラグインフォルダの概念が構成をややこしくしてます。
これができるようになるまで、ぶっちゃけ厳しかった(笑)。
だいたいドキュメントがしっかりしてないし、手順書もねぇ!!!orz。

随分と間が開いてしまいましたが、ようやく書く事にします。

まず、プラグインフォルダの考え方ですが、V5.1以下ではplugin-cfg.xmlがあれば、それを見る設定だけでHTTPSVR側は済み、WASに特別な設定は必要がありませんでした。
ところが、V6.0以降はWAS側でもHTTPSVRを管理する事が可能になり、プラグインフォルダが必須となりました。
というかですね、i5/OSだけがなかったので、他のプラットフォームでは普通にあったんですが・・・。

ではプラグインフォルダの考え方です。
先ほども書いたようにWASでもHTTPSVRを管理するという意味が重要になります。
これはBASE/EXPRESSではi5は全て自動で単体の構成を2001から構成をしてくれています。
しかしNDではそれができません。

NDの場合は、その先にHTTPSVRが単体である保障はありません。
むしろ、障害に耐えられるようにしてるのが一般的なのです。
よって、HTTPSVRが複数あり、その下にWASが複数あるという前提になります。
この時に、考え方の問題ですが、2つのHTTPSVRは独立しているが、WASがNDの単体サーバーという構成もありえます。
httpsvr1---+--->WAS
httpsvr2---|
こんな感じですかね?

前はこれによって、アプリケーションAはhttpsvr1、アプリケーションBはhttpsvr2というのができませんでした。
コーディングでカバーするしかありません。

しかし、モジュールのサーバーへのマップという機能は、アプリケーションにどのHTTPSVRが有効かを登録してます。
よって、アプリケーションAはhttpsvr1、アプリケーションBはhttpsvr2というのができるようになりました。
httpsvr2からアプリケーションAは404がでるようになりました。

ところで、httpsvrはこの場合、WASの情報に持ってないとできないですよね?
だって、アプリケーションの登録時に”どのHTTPSVR”かを選択しなければいけないから。
これは理解していただけると思います。

実はWASはnodeにWEBサーバーという機能を追加し、管理できるようになりました。
つまり、WASがHTTPSVRの管理?、いや使用するHTTPSVRの名前を持つのです。
では、どうやってHTTPSVRを登録するのでしょうか?

実は他のプラットフォームでは.batでWASのhost名とprofileを指定すると、登録用の.batができます。
unixなどの場合は.shです。
i5/OSではHTTPSVRが複数独立して管理できます。
これが他のプラットフォームと違う点です。
つまり、これに対応しなければいけません。

そこで考えられたのが、プラグインフォルダという訳です。
WAS6.0/6.1で使用するHTTPSVRと関連付けするためのフォルダを作成する。
これによって、別筐体ではなくても、同一の筐体でHTTPSVRを複数扱えます。

実際にはどうやって実現してるかというと、wasprofileのシェルスクリプトで、-templatePath httpで実現します。
つまり、profileタイプhttpというのが作成されて、そことhttpsvrを関連させます。
これにより、WASに登録するシェルスクリプトを作成し、登録後はWASは自分の使えるHTTPSVRを認識できます。

長くなりましたが、それだけ重要な発想なのです。
これの意味が理解できないと構成で躓きます。

で、早速構成手順に入りたいと思います。

1.サーバーの作成
これはdefaultを使用する場合は飛ばしてください。
port番号の関係や、複数のprofileで管理する人は作成します。
wasprofile -create -profileName (profile_name) -templatePath default -startingPort xxxxx
profile_nameはいわずと知れた、名称です。
-templatePathは作成するprofileの種類です。
アプリケーションサーバーならばdefault、管理マネージャーならdmgr、プラグインフォルダならhttpです。
-startingPortはWASで使う連続portの開始portです。

後はそう使う事のないパラメータでしょう。
一度起動しておかないと、後でノード追加でダメな場合があります。
バグではなく仕様といわれましたので、一度起動をしておいて下さい。

2.管理マネージャーの作成
これはデフォルトのdmgrを使用する場合は次に飛ばしてください。
wasprofile -create -profileName (profile_name) -templatePath dmgr -startingPort xxxxx
パラメータ的にはたいした差はありませんが、出来上がったフォルダの構造は全く別物です。
後々管理コンソールはこちらのを使用します。

ノードの統合を行うのはSOAPなので、こちらは起動しておきます。

3.nodeの統合
サーバーと管理マネージャーの統合(ノードの追加)を行います。
addNode (host_name) (dmgrのSOAPport) -profileName (svrのprofile_name) -conntype SOAP -startingport xxxxx
addNodeはサーバーから管理マネージャーへ登録の申請を行いますから、profileNameはサーバー側になる事に注意して下さい。
-startingportは管理マネージャーとサーバーとも違うportをいくつか利用します。
デフォルトでも全然かいまいせんが、profileを作成してるならば指定しておくといいと思います。

これにより管理コンソールに接続してみると、アプリケーションサーバーに作成したprofile名がでてきます。

4.プラグインフォルダの作成
wasprofile -create -profileName (profile_name) -templatePath http
profile_nameは便宜上使っていますが、実際にはHTTPSVRとの関連ですから、HTTPSVRと同じか、又はその関連とわかる名称が推奨されています。
これは単純にフォルダというより、その機能のコピー的な意味合いが強いです。
なのでこれしかパラメータは使用しません。

注意:wasprofileのパラメータは間違っても教えてくれません。エラーにならないので細心の注意をして下さい。


5.HTTPSVRの新規作成
こちらも事前にあったり、デフォルトを使用する場合は飛ばしてください。
作成後の手順は次の項目にします。

http://(host_name):2001/
で接続し、IBM Web Administration for iSeriesをクリックして下さい。
後はHTTPサーバーの作成をして下さい。
ここはWASの前提知識だし、そう難しいものでもないので割愛します。

6.HTTPSVRとプラグインフォルダの関連付け
HTTPSVRができたなら、管理タブの左側メニューの下の方にある、WebSphere Application Server を選択する。
右のページに「WebSphere Application Server V6.0 ND」がでてくるはずですから、そのラジオBOXを選択。
すると、リストがでてきて、内容をひらくと、先程作成したhttpで指定したものがでてきます。
それを選んで保存して下さい。

これはプラグインフォルダに、HTTPSVR登録のスクリプトを作成させます。
次の手順で、そのスクリプトを実行することでWASはHTTPSVRの登録がされます。

7.HTTPSVRのWASへの登録
6.の作業をすると以下のファイルができあがります。
/QIBM/UserData/WebSphere/AppServer/V6/ND/profiles/(httpのprofile_name)/config/IHS_(host_name)_(httpのprofile_name)/configureIHS_(host_name)_(httpのprofile_name)
かなり長いですが、用はhttpで作ったprofileの中にconfigureIHSがあるファイルを見つけて下さい。
一つしかないはずです。

これを /QIBM/UserData/WebSphere/AppServer/V6/ND/profiles/(dmgrのprofile_name)/bin/ にコピーします。
この時に注意点は、ネットワークドライブの割り当てでやると楽なのですが、それをすると文字コードの問題でうまくいきません!
あぁ、文字コードかい(#`皿´) です、毎度・・・。
なので面倒でもWRKLNKから行いましょう!

コピーができたなら、QSHから configureIHS_(host_name)_(httpのprofile_name) を実行します。
この時もdmgrとSOAPで行いますので、dmgrは立ち上げっぱなしにしてください。


8.HTTPSVRの構成の変更
これは非常にばかばかしいのですが、なぜかplugin-cfg.xmlの見る場所を変えてくれません。
httpd.confなので、直にWRKLNKからも変えられますし、2001からも構成の変更でできます。

/QIBM/UserData/WebSphere/AppServer/V6/ND/profiles/(dmgrのprofile_name)/config/cells/(cell_name)/nodes/IHS_(host_name)_(httpのprofile_name)_node/servers/IHS_(host_name)_(httpのprofile_name)/plugin-cfg.xml
非常にこれも長いですが、この場所に追加されているはずものです。
これを WebSpherePluginConfig の後ろ部分を置き換えます。


これで、構成が終わります。
HTTPSVRからWASがみれる準備が整いました。
後はアプリケーションのDeploy時や、後から管理コンソールでサーバーのモジュールのマップをすればよいわけです。

非常に長くなったので、ここで打ち切り♪

  1. 2006/11/13(月) 14:40:00|
  2. i5関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

WAS for iSeries サーバー起動までの道のり part3

AS/400、iSeries、System i5のWebSphere Apprication Serverのインストールまでは前回で書きました。
とりあえず、期間があいてしまったので、カテゴリのコンピュータで続いてますので見てください。

で、今回はようやくサーバーの作成と起動に移ります。
ただWAS6.0のNetworkDeploymentは特殊な構成のため、次回に繰り越します。
とりあえず、書ききれない可能性もあるのでWAS6.0BASE/Expressも次回になるでしょう^^;;。

さて、サーバーの作成に関しては二種類あり、iSeriesタスクからか、QSHからになります。
注意点は、Expressの場合は何故かadminconsoleがデフォルトで使用不可です・・・。
なので、いろいろ面倒な設定があります。

ここからは各バージョンやエデション別に説明になります。
と、と、その前にiSeriesタスクの説明がまだだった^^;;。
iSeriesタスクを呼び出すまで
1.CHGHTTPAのCCSIDを00819から00943に直す。
2.QCCSIDが65535や5026の場合はSTRTCPSVR *HTTP SEVER(*admin '-fsccsid 5035')
3.http://host_name:2001/

文字化けやCCSIDなどに気をつけてADMINをあげてください。
それから3.にアクセスするとiSeriesタスクが表示され、一番上のリンクが作業するページになります。

WAS5.0/5.1Express
こちらは基本的にQSHから作るのはおすすめいたしません。
できないのではないですが、あくまで緊急避難的なものや問題判別に利用してください。

まずはiSeriesタスクの最初のリンクに入るといろいろタブがでてきますが、一番最初は管理タブでしょう。
そしてフレームで分かれていると思いますが、左のメニューにサーバーの作成があるので、それをクリック。
そうすると右側に作成ウィザードがでます。
次へとすると、WASのバージョンが指定できますので、今回であればWAS5.0EXPRESSかWAS5.1EXPRESSを選択して次へ。

まずはサーバー名を入力、つぎにHTTPSVRとの連携で新規で作るか、既存のにするかを選びます。
これは特にどちらがいいというのはないので、もしなければここで同時に作ってください。
次は画面が分かれて、既存を選んだ人はHTTPSVRの選択、新規の人はここでHTTPSVR名とportを指定します。
よく勘違いされるのは、ここではまだWASのportを指定してない事に注意。

次へで初めてWASのPORT指定です。
だいたい11連続で数字をとるので、事前に開始番号を調べて空いてるところを使ってください。
5桁が推奨となっていました。

後はだいたい次へだけでいいと思います。
そして完了すれば作成に入ります。
2,30分でできないとやめてしまう人がいますが、これは時間が非常にかかるので気長に待ちましょう。

できあがったらページが移動してアプリケーションに画面に行きます。
すると左上の方に開始ボタンがあるので開始してみましょう。
5250からWRKACTJOBでみるとQASE5かQASE51の下に、さっき指定したサーバー名でJOBがあると思います。
もし、あがらない場合は前提条件をもう一度確認してください。
特にCFGTCPでのトラブルは多いので。

実はBASEやNDも同じようにしてできます。
NDの場合はさらにaddNodeなどがあるので、こちらは割愛します。

どうです?
簡単でしょ??(笑)。

  1. 2006/07/19(水) 17:33:00|
  2. i5関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

WAS for iSeries サーバー起動までの道のり part2

AS/400、iSeries、System i5でWebSphere Apprication Serverを動かすにあたって、R530やR540ではExpressがついてくる。
ではバージョンの違いで何を入れるかはpart1で話した通り。
次の段階はインストールということになります。

インストールに関してはバージョンと種類によって異なります。
その前にWASの環境設定を事前にしておく必要があります。
WASをASで動かすには必須の事で、今後も必須と思われることなのでインストール前にしておいてください。

1.CFGTCPで矛盾のない設定。
CFGTCP 1でIPをセットします。例えば 192.168.0.2 など。
できる限りカードが複数の方は一枚目に振りましょう。

次にCFGTCP 12でhost名とdomain名を設定します。
例えば host名:testhost domain名:starclew.co.jp
注意点はdomain名にhost名を入れないこと。

最後にCFGTCP 10でIPとhost.domainを関連付ける。
192.168.0.2 testhost.starclew.co.jp
testhost
host table(PCではhostsの役割)はIP一つで最大4つ定義できます。
WAS5.1以降は二つ目のtesthostのみはいらないとされていますが、あったほうが無難で、またデータソースでも役に立ちます。

2.WASのバージョンにあったjdkの確認
WAS6.0以降は導入時にチェックしてくれるのでいいのですが、WAS5.1は自分でチェックします。
また、R530の人はさらに5722-AC3が必須ですので注意してください。
WAS5.1/WAS6.0はどちらも5722-JV1opt6 jdk1.4が必要です。

3.QCCSIDが65535の場合1
導入時にリモートやローカルの場合は導入用のユーザーでSECOFR権限のものを作成し、CCSIDを5035にしておくといいでしょう。
ただ、ローカルの場合はCJHJOB CCSID(5035)でQSHでもOKですが。
ただし、P-Commやクライアント・アクセス(CA)のホスト・コード・ページは939のセッションじゃないと面倒です。

4.QCCSIDが65535の場合2
導入が終わるとQEJB/QEJBSVRのユーザーがASの中にできます。
WRKUSRPRF QEJB*
で表示した二つのユーザーそれぞれのCCSIDを5035にしましょう。

ここまで終わったらおまけのお話。
ASでWASをする場合は、HTTPSVRの管理画面であるadminを使うと思われます。
これに関してはいろいろ面倒が多く、正直おすすめできるものではないのですが、一応使えるという前提で(笑)。
1.CHGHTTPA F4 コード化文字セット識別コードを確認して00819だと文字化けするので00943へ。
2.QCCSIDが65535の場合は
STRTCPSVR SERVER(*HTTP) HTTPSVR(*ADMIN '-fsccsid 5035')
とする必要があります。あがるんですけどね^^;;。動かないので必須です-fsccsid。
それと、fsccsidは小文字じゃないといけないという仕様です。JOBCCSIDが5035で939のセッションじゃないとスタートできません。
3.WRKACTJOBでQHTTPSVRにADMINが3,4つあがったらブラウザから http://host_name:2001 でiSeriesタスクと表示されます。

ここまでできたらインストールのお話。
ようやっときたな^^;;。

WAS5.1EXPRESSの場合
こちらはRSTLICPGMでBASEとopt2を入れて下さい。
たったこれだけです。ローカルインストールしかありません。

WAS5.1BASE/NDの場合
ローカルの場合はJOBCCSID(5035)でQSHで
/QOPT/WEBSPHERE/SETUP -language 2962 -wmq -skip true -wmqjava -skip true
WASのみ導入でMQ5.3の導入をしない場合は上記の方法です。
また、別途にMQを買われた場合はできる限り上記の方法をお勧めします。
また、-languageは省略が可能です。
ちなみにリモートはリモートAWTがR530以降にないので、できません。
R520までの機能という事になります^^;;。

WAS6.0Express/BASE/NDの場合
リモート、ローカルどちらでも可能です。
リモートの時の注意点は
1.最初の接続の要求でIP or hostnameとでますが、IPでは導入できません!
必ず、host名.Domain名(testhost.starclew.co.jp)で行います。
なければhostsに登録して下さい。
2.時間がかかるのでぷちっと終了しないこと!
3,4時間はかかるケースがザラなので短気をおこさず待ちましょう。
もしこれをやると、えらい面倒な作業をしないとインストールできません!
やってしまったら、素直にサポートに電話して対処するのがいいでしょう。
経験者は語るです(笑)。

ローカルの注意点
1.RESPONSEファイルのコピー
CPYFではできません!
wrklnkの3でコピーするか、QSHELLからコピーしましょう!

2.EDTFでResponseファイルの契約をfalseからtrueにしましょう。
ネットワーク経由でメモ帳でもいいのですが、たまにエンコードエラーでます(笑)。
文字コードの変換が正しいのかもしれません。今までバグ!?

とりあえずこんなところでしょうか?
また次回にお会いしましょう!!

(参考URL)
WAS.5.1EXPRESS
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/iseries/v5r3/topic/rzatz/51/install/install.htm

WAS5.1BASE/ND
http://publib.boulder.ibm.com/was400/51/ic2962/info/rzaiz/51/install/install.htm

WAS6.0Express/BASE/ND
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/wsdoc400/v6r0/index.jsp
昔は日本語あったんですが、いつのまにやら消えました(ToT)。

(検索用)
install インストール 導入

  1. 2006/06/16(金) 15:59:00|
  2. i5関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

WAS for iSeries サーバー起動までの道のり part1

日本語環境のAS/400、iSeries、i5の場合はインストールから設定や、起動までの道程が意外と長い。
WebSphere Application Serverをずーーっとやってるとまぁ想像の範囲でなんとかなる。
そこで、まずバージョン毎の違いや特徴などを紹介したい。

1.サポート期間の問題とOSバージョンとの関連
WAS3.5から始まって以来、結構やってる人も多いと思うけど、だいたいつまずく人は初めての人だろう。
また、サポートされてるバージョンもしらずに使おうとする人もいる。
という事で簡単ではあるが、次のようになっている。

WAS4.0まではすでにサポート切れでWAS3.5は論外。
WAS5.0は2006/09/30までなのでほぼ切れる寸前。あと3ヶ月しかない。
実質的に今後ASでWASをするならば、発売されてるなかでは5.1か6.0になる。

OSによって稼動するWASのバージョンも異なるが、そもそもR510はサポートが切れているの。
R520も2007/04/30で切れる予定なのであまりおすすめできない。
となるとR530とR540になるだろう。

R530はWAS5.0からWAS6.1(発表のみ)の全てのサポートバージョンが動く。
R540はWAS5.1からWAS6.1が動く。

こういったことから現実的に考えると
R530 WAS5.1 WAS6.0 (WAS6.1)
R540 WAS5.1 WAS6.0 (WAS6.1)
というところだろうか?
この先はWAS5.1以降が前提する。

2.WASには規模に合わせた種類(edition)が存在する。
Express/BASE/Network Deployment というものがある。
実はこれWAS5.1までは意味があるが、6.0はExpressもBaseも変わらない。
他のプラットフォームはCPUなどで値段が違うためにつけられた種類で、ASでは無意味なのである。
だからフォルダもExpressを導入してもBaseになっている(笑)。
ただ、サポートの契約があるので把握は必要だ。

違いとしてあるのはWAS5.1だが、これの大きな違いはEJBコンテナがあるかないかである。
Expressというのは評価版的な扱いで軽量化されてるものをいう。
よってExpressにはEJBコンテナが存在せず、サーブレットコンテナのみ。
他は特にないと思って差し支えはないだろう。

さて、OSの購入に際してR530やR540の場合はExpressがついてくる。
ただ営業されてるWAS全てがついてくるので、選択しなければならないだろう。
そこで選択するときの決め手はないか?
これはユーザーの任意性が高く、あまりに条件としてありすぎる。
ただ、AS、iSeries、i5の場合は常に最新でもかまわないだろう。
もっとも安定性はASとは違うところで存在するので微妙ではあるのだが^^;;。

どのWASを入れればいいの? もしくはどのWASを使えばいいの?
という点は
1.サポート期間が長い方
2.使用するアプリケーションに制約が存在するのか
3.開発環境の制約はあるのか
という点から見て、どうしても一つ前がいい場合はそうすればいいし、特にないならば最新のものを入れればいい。
その時にGRPPTFは必須だ!(笑)

とりあえず、今回はこんなところで終わる(笑)。

(参考URL)
サポート期間はここ
*注 R520のサポート期間がのっていないので、iSeries access for WEBが切れる期間と一緒と読んでこの日付を引用

(検索用)
V5R3M0 V5R4M0 WebSphere AS/400 iSeries System i5

  1. 2006/06/14(水) 15:42:00|
  2. i5関連|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。