じゅぁきのディープゾーン

NEWSからみた、一般的な生き方をしてる疑問点などを提起したり、逆に考えた結果など。 ちなみに文章になるとかたくなるのは、年齢的なもの?(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いじめに関心をもったSMAP!?

普段は見ない27時間TVだったが、たまたま昼過ぎに時間が空き、さらに他の番組も興味がないため、チャンネルをかちゃかちゃ回していたら草剛君がイジメに関心があるとかで、特別番組をしていた。

慎吾もいたし、そこには美輪明宏様もいた、なかなか興味深いメンバーだったので、つい見てしまった。

そもそも何故剛が興味を持ったのかはよくわからなかったけど、前のなんかの番組で実態を知り、そこで考える事を始めたのがキッカケだという。

一般的に”イジメ”は教育者や評論家などがうじゃうじゃいるが、どれも的を得ない大人の意見が多い。
正直言ってこの番組もそうなのだろうと思った。

だいたいSMAPのメンバーに何がわかるのか!!
って、ひがみいっぱいの感情もあったし・・・。

ところが、いままでのイジメ番組と異なり、子供の意見に耳を傾けてからスタート。
その時の気持ちなど、相手を考慮しながら剛が聞き上手(?)になって質問をし、イジメを受けた子供が答えるという、一見ありそうでなかったタイプだった。

相手が相手だからだろうか?
子供は素直に話していたと思うし、するどい事を言っていた。
まとめはあとで行うが、まずはこの番組ででた数字だ。

「イジメられる方にも責任がある」
という質問で103人中72人(正確な数値は覚えてないですが、確かこれくらい)いた。70人をこえる子供が責任は相手にあるという。

剛がそこで大きく反応し、あまりに大きな数字で驚くとともに、本当に悲しい顔を一瞬だけどした。
まぁ、大人はみんなまともな人しかいないため、この数字に大きく反応して、「イジメられる方に責任はない」と全てが断言していた。

イジメは犯罪であり、どうしてしてはいけないのかは美輪さんがしっかり言う。
罪の意識がない事が問題だという点に憤りを感じていたようだ。

それからイジメられ経験を持つ子供に剛は
「どうしたらイジメはなくなると思う?」
という、個人的に何きいているだ?という事を聞いた。
あえて言うと、普通はイジメられ経験があるとまともな思考はできません。
自己否定から始まって、痛みを和らげるために、今の自分は本当の自分じゃないという”前提”から考えるから、そんな経験者に聞いてどうするのか?
だから私は何を聞いているんだ!と思った。
しかし、思ったよりそのこはしっかりしていて、こう答えた
「子供は大人の背中を見ているんだから、大人の世界が”暖かく”ならないといけない。今は暖かくないから子供の世界でイジメがおきる」
という事だった。

ここで一つ。

大人の世界にイジメが蔓延してるのに、どうして子供のイジメばかりに目を向けるのか?


個人的な意見として前々から私は書いてましたが、大人が見本を示す必要がある存在なのに、それを無視して子供の世界だけを見てイジメを取り扱う事に問題があるとしていた。
要は大人がきちんとした世界を築けば自然とイジメは減る。なくなりはしないだろうが、少なくとも減る。
これは、自分の意見を後押ししてくれる内容だった。
だから驚いた。

その他に、学校全体でイジメに取り組んでいる学校を紹介していた。
校長が「イジメはありき」という事から常に対応する”心構え”を持ち、教師同士も情報を共有し、校長も共有する。
簡単ではない事を、いともあっさり言ってのける校長先生はなかなかたいしたものだと思う。
そういう高校にいい先生がきっと集まるんだろうなぁ・・・。
北海道という事から縁はなさそうだけど・・・。

結果的にこの番組見てよかったです。
ありきたりな教育番組ではなく、ちょっと目線を子供に落とした番組に感じました。

イジメはなくならない

だから、イジメていい

そんな理論が子供に蔓延してるような気がします。
美輪さんも言ってますが、最近は何でも罪の意識が薄い、もしくはないように思えます。
万引きもそうで、れっきとした犯罪で、もの一つ売る苦労をしらない人は「俺がやったくらい」と思うかもしれませんが、それが積もると一家心中まで追い込まれるんです。前にも書いたので割愛しますが。

自分達のルールに合わないからイジメられてもしかたない

イジメられる方にも責任がある

そもそも、ルールを守る事を知らない子供が何言ってるのでしょうか?
これは親の責任もあると私は思いますが、人と違うのはその人の個性です。
個性を個性として見れない視野の狭さです。
イジメていい理由なんてないんですよ。
それは全てイジメる側の言い訳でしかありません。

基本的な”人”というものを説くには、非常にいい番組であり、また剛の人柄がよくでていて、大変勉強になりました。

中にはSMAPのメンバーがという人もいるでしょう<私もそうだった^^;;
けど、この番組を通して感じたのは、影響力を考えれば、決して無駄ではない事を祈りたいと思いました。

スポンサーサイト
  1. 2007/07/31(火) 15:42:14|
  2. 芸能|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

モーニング娘。って

新春早々え~!ウッソ~!モー娘。リーダー吉澤が卒業
「モー娘。誕生10年記念隊」がひと肌脱ぎます…「ドラリオン」

いや、こうなると完全に学校だな(笑)。
きちっと時期が来れば卒業するし、リーダーや副リーダーも決めている。
学校? いや、どちらかというと部活動か^^;;。

例えば人気がある段階で卒業できちゃうのがいいね。
もっとも、現状ではそれほどでもないにしろ、人材が育っていることは確かであろう。
まぁ、加護は可哀想だけど、それだけの事をしたからしかたない。
ただ麻薬ではないので、二十歳過ぎたら復帰してもいいでない?(笑)。

第一期からみてると、卒業という名目でいろいろあったけど個性もあるし、それなりに芸能人としての地位は築けたんじゃない?
実際、誰も10年後に活動すらしてないと思っていたんじゃない?
個人的にもそう思っていたけど(爆)。

おニャン子、さくらっこ等、アイドル予備軍の団体は過去に数あれど、10年はまず立派だと思うし、パロプロという受け皿があるので卒業後も活動ができる。
脱退した矢口でもハロプロだもんね・・・。
なんて心の広いことだと思う。
今までの芸能化じゃありえんよ。。。

多少は全盛期が過ぎたとしても、このまま後5年続ければまた波がくると思う。
その時には総決算にしないで継続できるようになっていれば本当にたいしたものだと思う。

女性版ジャニーズになる事はないだろうが、それに近い存在になるかも、あくまでかもですが、あるかもしれないですね(笑)。

  1. 2007/01/12(金) 13:26:06|
  2. 芸能|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。